人気ブログランキング |

おわら風の盆 2013 その4 天満町

c0196076_1822673.jpg

おわらをおこなう十一の支部のうち、福島(ふくじま)支部を除く十の町は、井田川右岸にあります。
十の「旧町」は井田川と別荘川にはさまれた丘陵にありますが、
天満町(てんまんちょう)は別荘川が井田川に合流する河口近く、唯一その左岸に位置します。
その向こうには久婦須川。天満町は、三方を川に囲まれた町です。



c0196076_6594029.jpg

おわら開催中の八尾の町は、この世ならぬ幻想的な気配を漂わせていますが
下新町から眼鏡橋を渡って天満町へ入るとき、さらに異界に降り立つような感覚に捉われてしまいます。

c0196076_843321.jpg

最終日の踊りがはじまる午後7時。間歇的に降っていた細かい雨も、ようやく上がりそうな気配。
このまま降らずにいたら演るよ、とのことで、しばらく待機します。

c0196076_9172172.jpg

予定を少し過ぎて、生演奏なし・・・スピーカーから流れる録音の囃しで輪踊りがはじまりました。

c0196076_144491.jpg

2、30分踊っているうちに、もう雨は降らないと判断されたのか
地方(じかた)の方々もスタンバイされ、本格的に輪踊りがはじまります。

c0196076_21554853.jpg

家族的な雰囲気に溢れた、とても温かく、やわらかい感じの踊りです。

c0196076_11152316.jpg

おわら風の盆を見て誰もが瞠目するのは、隅々まで神経が行き届いたような指先と掌の優雅な動き・・・

c0196076_15104093.jpg

ひとつひとつの挙措を忽せにしないこの仕草は、一朝一夕に身につくものではないでしょう。
幼いころから、こうして積みあげられてゆくのですね。

c0196076_1517225.jpg

富山県滑川市出身の女優、室井滋さんは、エッセイでこんなことを書いています。(『ああ、風の盆』)

当時の滑川では小学校の運動会で『ホタルイカ音頭』という、
なにやら楽しげな踊りをやっていたそうです。炎天下での練習で、室井少女らはブツクサ・・・。

 「知っとる~ 八尾の子らのシゴキって、こんなもんやないらしいよ。
  猫背にならんように、物差し、背中に入れられたり
  腰を強くするために、砂の重りパンツ穿くらしいよ」


c0196076_131559.jpg
 
 「音楽の時間も三味線と太鼓ばっかりで、笛とかハーモニカなんて見たことないらしいがよ」

c0196076_2204275.jpg
 
 「なんのせ、赤ちゃんが歩きだしたらもう練習やってゆうから、おっとろしいわねぇ」

私達はきびしい踊りの町に生まれなかった事を半分喜び、半分妬んで、よく噂したものだ。

c0196076_19493924.jpg

天満町には「川窪おわら」と呼ばれる、独特の唄い方が伝承されています。
おわらは、いきなりハイトーンヴォイスではじまり、都都逸とおなじ、七七、七五を
こぶしをうねらせながら、息継ぎなしで唄い切ります。
「川窪おわら」は、上句の七七の間に、「コラッショット」と囃しを入れるのですが
その間合いが、とても長閑で、心に沁みるのです。

c0196076_20563850.jpg

   
唄の街だよ 八尾の町は 
     うたで糸とる オワラ 桑もつむ


c0196076_20234460.jpg

輪踊りがすすむうちに、それまで、今年は何ひとつ見ることができないのではないか・・・
と半ば諦めに近い気持ちでそこに佇んでいたことさえ忘れ、引き込まれていることに、ふと気づきます。

c0196076_1651324.jpg

雨が降るとか、降らないとか、そんな心配さえもう忘れてしまっています・・・。

c0196076_10394711.jpg

ただ、この瞬間を味わえただけで、今年もやってきた甲斐があった・・・
そんな充足感に見ている誰もが浸されていたと思います・・・

c0196076_14265458.jpg

c0196076_22284552.jpg

c0196076_19245776.jpg

c0196076_19141776.jpg

c0196076_23223431.jpg

c0196076_1711126.jpg

c0196076_184313.jpg

c0196076_1548760.jpg

c0196076_18123429.jpg

c0196076_18581520.jpg

c0196076_2326687.jpg

トラックバックURL : https://gejideji.exblog.jp/tb/20716817
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by きりまゆ at 2013-09-12 19:49 x
toraさんブログを通じて閲覧させてもらっています、地元の者です。
風の盆が終ると、色んな方の視点を楽しんでいます。
温かくて、やわらかいという表現は、新鮮で嬉しいです。
toraさん共々、またご来町くださいませ。
Commented by dendoroubik at 2013-09-12 20:18
☆きりまゆさん

今年もすばらしいおわら ありがとうございました
雨で皆さん やきもきされ
ご苦労も多かったと思いますが
3日間ともおこなわれたのは なによりでした^-^

toraさんとは 今年 福井と京都の祭りでご一緒させていただき
おわらで再会を約していたのですが
ご事情がおありで・・・残念でした

記事のなかでも記しましたように
toraさんのご贔屓の天満町で輪踊りを眺めているうちに
やっぱり来てよかった・・・と 幸福感に満たされました

来年も またお伺いさせていただきますv

コメントいただきまして ありがとうございます^-^
Commented by tora003 at 2013-09-12 22:23 x
大好きな天満町の輪踊り・・・
自分も現場に佇んだような気分で拝見しました。
特に雨上がりの濡れた路面を踊り場へ急ぐ踊り子さんの姿に風情を感じます。
来年こそは是非ともご一緒したいですね。
Commented by dendoroubik at 2013-09-13 00:01
☆toraさん

てっきりごいっしょできるものと楽しみにしておりましたが
予想外に充実していた今年のおわら行に
唯一・・・決定的に欠けていたのは
toraさんと酒を酌み交わす時間だったようです(>_<)

来年は せんべぇさんも無理矢理連れ出しましょう(^-^)/
by dendoroubik | 2013-09-12 12:00 | ◇おわら風の盆 | Trackback | Comments(4)