人気ブログランキング |

おわら風の盆 2012 その1

c0196076_1486100.jpg

おわら風の盆・・・不思議な名前です。

「風」と名がつくのは、9月のはじめ、
立春から数えて二百十日前後の台風到来の時節、
収穫前の稲が風の被害に遭わないよう、
風鎮めのためのためにおこなわれるためともいわれます。

「盆」とは地元で「休み」をそう呼ぶ慣わしがあり、
「風鎮めのための休み」を意味するとも、
かつて盛んだった養蚕の繁忙期がお盆と重なるため、
「八朔」にズラしておこなったことから
そう呼ばれる、ともいわれます。

「おわら」というの言葉の由来にも定説はありません。



c0196076_1413762.jpg

江戸時代は文化の頃、
芸達者な人々が七五調の唄をひねり出し、
その唄の中に「おわらひ(大笑い)」という言葉を
あいだにはさんで町内を練り歩いたのが
いつしか「おわら」と呼ばれるようになったとか、
豊年万作を祈念する「おおわら(大藁)」を意味するとか、
小原村の娘が唄いはじめたからだめたからだとか・・・。

風の盆がおこなわれる9月1日から3日の日間、
決して交通の便が良いわけではなく、
宿泊施設も充分にない山間の小さなこの町に
20万人以上の観光客が訪れます。

三日(三晩!)間 繰りひろげられる、
信じられないほど幻想的で美しい光景に酔い痴れるために・・・

c0196076_15303460.jpg

下新町の八幡社を舞台に仕立てた踊りはとても優美です。
女性の真紅の揃いの浴衣が闇に浮びあがるのを見ると
あー今年もおわらに来た・・・という感慨が湧いてきます。

男性の法被の紅葉や草履の鼻緒も鮮やかな真紅。

c0196076_15402716.jpg

おわらの踊りは三種類。

古くから踊られてきた「豊年踊り」と「新踊り」「女踊り」と「男踊り」)
「豊年踊り」も大正以降、改良が加えられ、 
「女踊り」は昭和の初め、
「男踊り」も昭和40年以降の振り付けによるものだそうです。
特に「女踊り」は日舞の要素が色濃く取り入れられているので、
盆踊りをイメージして見に来た人は
面喰ってしまうかもしれません。

c0196076_15441457.jpg

「女踊り」はホタル狩りを楽しむさまが表現されています。

c0196076_054330.jpg

ホタル狩りに仲間を呼ぶ仕草からはじまり・・・
出かけるまえに手鏡で化粧直し・・・
髪をくしけずり・・・月を眺め・・・
両手でホタルをつかまえようとしたり・・・
うちわであおぐ仕草が入ります。

ホタルを見つけて指差し・・・
ホタル狩りを楽しむ様子が表されます。

見返り、振り返り・・・
最後にホタルの乱舞と別れのあいさつ・・・

c0196076_15553645.jpg

 おわら踊りの 笠きてござれ
      忍ぶ夜道は オワラ 月あかり

c0196076_15585319.jpg

現在は、どちらかといえば踊りを見に来る観光客がほとんどだと思うのですが、
大正から昭和のはじめにかけて文人墨客が八尾を訪れたは、
おわらの歌に惹きつけられてのことだったようです。
昭和3年、八尾を訪れた画家の小杉放庵はおわら節に感銘を受け、
古謡を踏まえて「八尾四季」をつくります。
(この歌に合わせて振り付けられたのが女踊り」

その後、八尾に訪れた文人たちがつぎつぎに新作おわらを創作していきます。

c0196076_15323615.jpg

 あなた今来て早やおかえりか
     浅黄染めとは オワラ 藍足らぬ  古謡

c0196076_1625848.jpg

c0196076_15351973.jpg

c0196076_1593830.jpg

 お風邪召すなと耳まで着せて
    聞かせともない オワラ 明けの鐘 古謡 

c0196076_15384678.jpg
 
軒端雀がまたきて覗く
    きょうも糸繰りゃ オワラ 手につかぬ 野口雨情

c0196076_1532093.jpg

零時過ぎ、下新町が諏訪町通りを流していきました・・・


トラックバックURL : https://gejideji.exblog.jp/tb/18425990
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tora003 at 2012-09-08 21:27 x
下新町のステージ演舞は人気があり場所の確保が難しいです。
それにしても、冒頭の写真はお見事ですね。
雪洞の淡い灯りを背景に夕陽の浴衣・・・
実に美しい。
私も撮ったのですが、微妙にブレておりましてアップ出来るかどうか〈涙〉
Commented by dendoroubik at 2012-09-08 22:12
☆tora003さん

1日から3日までおられたんですね!
すごいです・・・まさにおわら漬け!

帰ってきて 撮った写真を見て愕然としました
ISOをあげすぎてノイズだらけ(>.<)
その場での手ごたえと結果との差に落胆するのは毎度のことなのですが^-^;
あまりのことに しばし立ち直れませんでした
(・・・ので upが遅くなりました・・・)
Commented by うずら at 2012-09-09 12:08 x
今年も、行かれたんですね!
悠々自適な老後にならんと、
富山までは、なかなか行かれへんなぁ。
でも、一度は観てみたい~
Commented by dendoroubik at 2012-09-09 18:32
☆うずらさん

混み合ったり 坂が多かったり 夜通しだったりで
けっこう体力勝負のところありますので
行くなら 今のうちですよ^-^!

宿が撮りにくいこともあってか
キャンピングカーで宿泊してる人も多かったですが
駐車場がまた遠い(>_<)
いつも車で行くのですが
だんだん辛くなってきました^-^;
Commented by nochi423 at 2012-09-09 19:36
毎回、ポスターになった写真!?って思ってしまいます^^
私は2枚目の写真に泣きそうになりました!!
こんな素敵な写真、他の人には撮れません。。師匠!

日舞の妖艶な踊りは大好きなのでいつか見に行きたいなあ。
隣の県なのに腰が思い私。
Commented by dendoroubik at 2012-09-09 22:01
☆ノチさん

いやいや こんなチンケな写真とはちがい
実物は ほんとに美しいものですよ
大騒ぎされるのに反感をもったり
あまりの観光客の多さに 鼻白む向きもありますが
これだけ町ぐるみで「美しいもの」に向かって傾斜している例は 世界にもあまりないんじゃないでしょうか

矛盾するようですが
これほど 写真なんか撮っていることが野暮に思える行事もありません…
Commented by yyama0525 at 2012-09-15 22:12
こんばんは
今年はタイミングの悪さから下新町の踊りを見れませでした
きれいに撮ってますね

撮りたかった写真ばかりです
Commented by dendoroubik at 2012-09-16 12:18
☆Capt.yamaさん

今回はいつものように欲張らず 見たいところだけを見た(ほんとうは 同時におこなわれているところも 漏れなく見たいんですけどね^-^:)せいか たいへん充実感がありました

ところが 写真となると高感度設定に頼りすぎて ノイズだらけのひどいシロモノでした(>_<)

できることなら やり直したい気分です
by dendoroubik | 2012-09-08 18:00 | ◇おわら風の盆 | Trackback | Comments(8)