京阪石坂線物語2 走れ! クロサワ

c0196076_16355635.jpg
京阪石山坂本線は「石山坂・本線」ではなく「いしやま・さかもと線」と読みます^^ 
通称「石坂線(いっさかせん)」 その名の通り、大津市の石山寺と坂本をつなぎます。
この路線では、京阪本線ではありえないことが、日々、起こっているのです・・・

そんな石坂線の車内の広告スペースに、なぜか黒澤明のスナップ写真・・・
この赤字路線は、とうとう広告さえ集められずに、映画ファンの社員が好き勝手に写真を掲示してしまう無法地帯になってしまったんでしょうか・・・><:




c0196076_1636108.jpg
・・・なんてことは、もちろんなく、これは「黒澤明生誕100年祭IN比叡山」と題して比叡山延暦寺・東塔大書院で開催中のイベントのPR電車です。
車体の塗装は、いわずと知れた(?)「比叡山坂本ケーブル」バージョン。

比叡山・延暦寺には、大津坂本側からと京都側から登るルートがありますが・・・「浜大津駅」から「黒澤明号」に乗って坂本まで行き、ケーブルで登るのが正しルートです(独断)。
c0196076_16362128.jpg
「怨親平等」
差別のない平等なこころ・・・深い言葉です。
c0196076_16363917.jpg
車内には、黒澤の写真がいっぱい・・・2輌編成で、それぞろ同じものが34枚ずつ貼られています。
c0196076_16365775.jpg
もう一度、言います。
「浜大津駅」から「黒澤明号」に乗って坂本まで行き、ケーブルで登るのが延暦寺への正しルート。
c0196076_16371617.jpg
でも・・・
c0196076_16372938.jpg
誰も、乗ってません^^;

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 滋賀県情報へ
にほんブログ村
トラックバックURL : https://gejideji.exblog.jp/tb/16254807
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by さばお at 2011-04-29 12:53 x
土地勘のない人には「石山坂・本線」と読めてしまうこと、初めて気付きました。なるほど~。

既に比叡山行く気マンマンの人とか、地元の人にアピールするんじゃなくて、このクロサワ尽くしのは、本線を走らせた方が良いのじゃないかなぁ。
クロサワは世界レベルだし、たまたま京都観光に来ていた外国人観光客も「オォ~クロサワァ」と思うかもしれない。
(その外国人観光客の激減がそもそも問題ですけどね。)
Commented by dendoroubik at 2011-04-29 22:31
☆さばおさん

巨匠といえば 小津・溝口・黒澤・・・そのなかで ただひとり滋賀でロケしたことのない(たぶん)黒澤のイベントをなぜ・・・?・・・というギモンはさておき^^;
なぜ 石坂線は 本線ではありえないはじけ方をしてるんでしょうか・・・常々フシギに思ってました

やっぱり あれでしょうか・・・

甲子園からの帰り 阪神電車ではハッピやメガホンは平気なのに
JRや阪急に乗り換えると そそくさとバッグに仕舞い込んでしまうのと同じで
京都⇔大阪間は あまりにも「日常」過ぎてはじけられない・・・
そこからはずれてしまうと「非日常」の世界へ突入してしまうとか^^
by dendoroubik | 2011-04-28 22:42 | ◇京阪石坂線物語 | Trackback | Comments(2)