近江大鳥橋

c0196076_13104292.jpg

2008年に開通した新名神高速道路の草津田上IC-亀山JCT間・・・
草津から竜王山に穿たれたトンネルを出てすぐ、
この異様な橋が目に飛び込んできます。

(写真は、下の県道から撮ったものです)

2羽の鶴が背中合わせで天に向かって飛ぶ姿を表しているそうですが
(それが「大鳥橋」という名前の由来のひとつになっています) 
はじめて見たときは、なにか禍々しい宗教的建造物のように感じました・・・。

トンネルは狛坂廃寺の真下を通り、
左に金勝山、阿星山、修験道で有名な飯道山など、
甲賀地域における仏教文化の中心、
山岳信仰の拠点を見るロケーションによるのかもしれません。

橋梁で甲賀忍者が修練でもしていそうです(笑)

手前の上りが495メートル、下りが555メートル・・・
大津、栗東、甲賀の3市にまたがっています。

高さ103メートル。
見あげると、やっぱりどこか宗教的・・・
湖南アルプスの、どこか日本ばなれした奇岩群のなかにあっても、
ひときわ異彩を放っています・・・
トラックバックURL : https://gejideji.exblog.jp/tb/16240241
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tabi-saki at 2011-04-26 12:38
上はよく通りますが、下から見るのは始めてです。

こんな風になっていたんですね…!
Commented by dendoroubik at 2011-04-26 20:17
☆にむらさん

ちょっとシニカルな書き方をしてしまいましたが
実は この橋 とても好きなんですよ^^

こんな奇抜ばデザインが似合ってしまう・・・というか
異和感のあるデザインが かえって異和感なく受け入れられてしまう
異和感のある甲賀の景観が^^;
Commented by さばお at 2011-04-27 07:51 x
確かに、宗教的。でも、武骨で直線的な物ばかりなのに、宗教的と感じられるということは素晴らしいことですよね。
(余計におカネ掛かってる気もしますが。)

話は逸れますが、こちらのブログのコメントで、堅田在住のなつさんが教えてくれました。
「大津の蹴鞠神社は 平野神社」だそうですよ。
Commented by dendoroubik at 2011-04-27 19:57
☆さばおさん

天気のいい日に 湖南アルプスを突っ切る新名神を走るのも
なかなかに気持ちがよいもんです
・・・が 運転中は写真を撮れませんので^^;

平野神社で蹴鞠をやってるんですね
調べたら8月9日・・・今年は行ってみますv
ありがとうございます!
なつさんにも よろしくお伝えくださいませ^^
Commented by zen_aiba at 2011-04-28 02:38 x
どこかで見たことがあるなぁ、と思いながら写真を眺めています
三角頭巾を被った何かなんですが…思い出せません
Commented by dendoroubik at 2011-04-28 14:41
☆zenさん

自分も 何かに似てるなあ…とは感じていたんですが…
三角頭巾といえば…鞍馬天狗?(あきらかに ちがいますね^^;)
阿波踊り? 赤ずきんちゃん? マイメロ? ひこにゃん? 

ギーガーのエイリアンが いまのところいちばんちかいかな…と^_^;
by dendoroubik | 2011-04-25 20:37 | 滋賀 甲賀 | Trackback | Comments(6)