人気ブログランキング |

あまりにも・・・

あまりにも・・・_c0196076_561526.jpg

桜や紅葉の頃の京都にはなるべく近づかないようにしたいものですが・・・
先日、思い立って洛北の実相院に立ち寄ってみました。

・・・!

案の定、クリスピークリームドーナツの店のような行列ができていました^^;

あまりにも・・・_c0196076_54461.jpg

滋賀の野洲(旧中主町)の田んぼのなかに建つ兵主大社・・・

こちらも紅葉の名所ですが、訪れたときには誰ひとりいませんでした(>_<)
それどころか、拝観をお願いしようと社務所に行っても
しばらくどなたも出てこられません・・・

テキパキと観光客をさばいていた実相院の受付とは対照的ですね^^;

あまりにも ちがいいすぎる人気に
実力の差 以上のものを感じてしまいました・・・

(長らく鎌倉時代に作庭された池泉回遊式庭園と伝えられていましたが
 近年の発掘調査で下層から現在の庭園とほぼ同じかたちをした平安時代の池が現れたといいます。)


トラックバックURL : https://gejideji.exblog.jp/tb/15515890
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by goodroads at 2010-11-26 20:26
こんばんは

岩倉実相院の「床もみじ」を見に行かれたのですね・・・
Tomが初めて実相院を訪れた頃、「床もみじ」なんてありませんでしたし枯山水の庭園もありませんでした。ゆえにひっそりとし訪れる人も全く無かったです。

「床もみじ」が徐々に認知され始めた平成9~10年頃から、ちょくちょく行くようになりました。しかし平成13年から「床もみじ」を含む建物内は、突然撮影禁止になりました。

そもそも・・・・京都では「岩倉」の地をあまり良くは言いませんね・・・
中学時代にヤンチャをしていたら、教師に「岩倉に連れて行くぞ!!」と叱られたものです。根拠はよくは分りませんでした(今なら地域差別で大問題に発展しそうですが)

初めて訪れた時は、エッ!!そんなヒドイ場所じゃないやん!!と思いました。聞くと見るのでは大違いなものです。そして月日は流れて近年の実相院へ訪れる人・人・人・・・・・人の波・・・・

「観光収入」という形での寺院運営は功を奏したようですが・・・・
別の意味でヒドイ所になったかもですね・・・・苦笑

凸応援!!
Commented by dendoroubik at 2010-11-27 17:24
☆Tomさん

こんにちは!

実相院は Tomさんは何度かブログで取りあげておられましたね
「床もみじ」が あるときから急に撮影禁止になったのも そこではじめて知りました・・・というか 撮影禁止なのもTomさんのブログで知ったというか^^;
「うわ! キレイやな」・・・と思いながら 実は行ったことがなかったんです
訪れたときも こっそり撮影しようとしたおじいちゃんが「みっともないことやめなさい!」とマイクで面罵されてました
なにも そこまできつく言わなくても・・・と思いましたが^^;
そうでもしなければ収拾がつかなくなるくらいの混雑ぶりではありますね

子供に「岩倉」・・・の件りは 知りませんでした
どんな意味があったんでしょうか・・・興味が湧きますねー

「岩倉」といえば「伝説の岩倉屋台ラーメン」くらいしか イメージがありませんでした^^;
ちなみに 3つの「伝説の岩倉屋台ラーメン」のうち 「宇奈月」と「山さん」は 現在 滋賀で営業してるんですよ^^

凸ありがとうございます!
Commented by anny at 2010-11-29 12:07 x
そんな混んでましたか。大河内山荘などどうですか?穴場だと思うのですが。
こちらはずっと映画館通いでした。ゲジデジさんの綺麗な写真で紅葉が見たいです。
Commented by dendoroubik at 2010-11-29 17:59
☆annyさん

お久しぶりです^^v お元気でしたでしょうか?
映画通い・・・うらやましいです・・・あまりにスクリーンから離れていると 自分がどんどん「野蛮人」になっていくような気がします(>_<)

大河内山荘を挙げられるなんて さすがにannyさんですねw
この時期の嵐山の観光客の多さは ニュースでも頻繁に取りあげられますが 大河内山荘のことにはあまり触れられないように思います
駐車場から遠いので たしかに穴場かもしれないですね
今度の休みにでも 寄ってみます

実相院は 受付まえに20名くらいは並んでましたよ
「やめとこうかな」とも思ったんですが
せっかく来たのだから・・・と拝観しました
なんとも気のない写真のためUPするつもりはなかったのですが
あとで ちょっとだけ載っけてみます^^;
Commented by anny at 2010-11-29 20:39 x
ご無沙汰してました。映画も見るのに忙しくなると、すでに趣味の範囲を超えてます(^^;
でも11月は行くしかなかった――。
新文芸座で「錦之助特集」、フィルムセンターで「黒澤明特集」、有楽町マリオンで「東京フィルメックス」と三つどもえだったんですから――。
フィルメックスが昨日で終わって、やっと一息と思ったら、今週から新文芸座で「円谷英二特集」。
最長版『姿三四郎』を見るべきか、ニュープリントの『サンダ対ガイラ』を見るべきかを悩む(笑)まことに恵まれた環境にあります。

ともかく・・・大河内山荘、行って見てください。楽しみにしてます。
Commented by dendoroubik at 2010-11-30 00:10
☆annyさん

とくに東京に住みたいと思ったこともないですが やはり映画を観る環境と飲み屋が多いことは憧れの的ですね^^;
『サンダ対ガイラ』は 自分がはじめて映画館で観た映画ですv
・・・というか 当時 まだ家にはTVがなかったので 映画館もなにも 正真正銘 はじめて観た映画です^^;
ともかく 怖かった印象があります>_<
家に帰っておばあちゃんに映画のことを話すと
「海彦・山彦の映画か?」
といわれたのを 今 思い出しました^^

『映画渡世』のなかで 『姿三四郎』は マキノ監督が撮るはずだった・・・とありますね
黒澤誕生の記念すべき映画ですが・・・
マキノ版『姿三四郎』も夢想してしまいますね^^v
by dendoroubik | 2010-11-26 05:45 | 越境 | Trackback | Comments(6)