大津祭 2010年 湯立山

c0196076_12362714.jpg

玉屋町の湯立山は、寛文3(1663)年製作、5番目に古い曳山です。






c0196076_1237262.jpg

胴幕は、円山応挙の下絵で、
真紅の羅紗地に神馬を曳く舎人を刺繍した安永4(1775)年の作。

このシンプルなデザインも、鮮烈な印象を与えます。

c0196076_12374675.jpg

c0196076_12381617.jpg

c0196076_2261383.jpg

本祭用見送り幕は、婦女子嬉遊・鳳凰日輪(額)を描いた清代の綴織。

c0196076_12391194.jpg

曳山は、天孫神社の拝殿をかたどったものといわれるそうです。

c0196076_12393978.jpg

禰宜がお祓いをし、市殿が笹で湯を奉り、
巫女が神楽を奏でる・・・という湯立神事を表すからくりです。

c0196076_1240261.jpg

トラックバックURL : https://gejideji.exblog.jp/tb/15298696
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jimmie-k at 2010-10-20 21:13 x
2枚目の写真は月宮殿山ですね(^_-)
Commented by dendoroubik at 2010-10-20 21:47
☆jimmie-kさん

はじめまして!
ご指摘ありがとうございます
(写真は さそく入れ替えさせていただきました^^;)
HP 拝見させていただきました
美しいページですね
本祭当日 月宮殿山さんの所望は 大盛りあがりで
楽しませていただきました^^
Commented by jimmie-k at 2010-10-21 04:44 x
今年は所望で「亀さん」を担当させて戴きました。
ここのブログの写真は本当にきれいですね。
σ(^-^)もきれいに写っています(笑)

 
Commented by dendoroubik at 2010-10-21 18:24
☆jimmie-k さん

こんばんは!
そうですか・・・jimmie-k さん 男の子を動かされていたんですね
すごい!
・・・とすると 写真に写っているどなたか見当がつきました^^
それにしても
月宮殿山、さんの所望は すごく品がありますね
Commented by jimmie-k at 2010-10-21 22:51 x
品のある所望・・・ありがとうございます。すこし単調なところををピンクのメガホン氏が盛り上げていますしね(*^_^*)
ところで、重箱の隅を突っつくようで申し訳ないですが、神功山の5枚目は湯立山で、湯立山の5枚目は神功山ですね。

 
Commented by jimmie-k at 2010-10-21 22:57 x
え~い!もういっちょう
西王母山の6枚目は源氏山だい!
m(_ _)m

 
Commented by dendoroubik at 2010-10-21 23:19
☆jimmie-kさん

大切な宝物を こうもたびたび間違えて
申し訳ありません(><;)

湯立山と神功山の見送り幕があべこべで
長谷川玉峰筆の天井画(源氏山)を取り違えてますね!
(訂正します)

すごく恥ずかしいですが^^;・・・
ちゃんと見ていただいていることとに
すごく感動しています
ありがとうございますv
by dendoroubik | 2010-10-16 12:57 | ◇大津祭 | Trackback | Comments(7)