人気ブログランキング |

東海道3 水口宿

東海道3 水口宿_c0196076_16311829.jpg
東海道五十三次、五十番目の宿、滋賀では土山についで二番目の宿。

東海道の宿としてよりも、城下町としての色合いの方が濃いのかもしれません。
豊臣秀吉によって東海道上の軍事的要地として着目され、天正13(1585)年に水口城が築城。
ついで徳川氏により、今度は宿駅に。
明治以降は、甲賀地域の中心として郡役所や裁判所が置かれ、古い町並みの保存よりも、生きた町としての機能を果たしてきたという感が強いのですが・・・それでも、平入りの渋い家屋がみられたり、ヴォーリズの教会があったりと、奥深さを感じさせる町並みです。



東海道3 水口宿_c0196076_16315521.jpg
日野や近江八幡、五個荘金堂のような町並みの統一的な保存はなされていないものの、水口祭のときの煌びやかさは、喩えようがないですね。
とりわけ、お囃子のすばらしさは、ずば抜けています。
東海道3 水口宿_c0196076_16322683.jpg
「水口石 東海道に面した小阪町の曲がり角に伝えられる大石。『力石』とも呼ばれる。江戸時代から知られた大石と見えて、浮世絵師国芳が錦絵の題に採っている。この辺りは水口藩の藩庁にもほど近く、長大な百間御長屋や、小坂町御門など城下のたたずまいが濃かった」
東海道3 水口宿_c0196076_16325977.jpg
東海道3 水口宿_c0196076_16333096.jpg
東海道3 水口宿_c0196076_1634258.jpg
東海道3 水口宿_c0196076_1634404.jpg
東海道3 水口宿_c0196076_1636857.jpg
TVドラマの「大岡越前に出てくる「小石川療養所」みたいな小児科・・・
竹脇無我さんみたいな先生が登場してきそうです(笑)
東海道3 水口宿_c0196076_1637226.jpg
東海道3 水口宿_c0196076_1638664.jpg
鍾馗さんを見かけます。
東海道3 水口宿_c0196076_16383455.jpg
古い町並みには、必ずこんなT字路があります。
突き当たりの家屋は、例外なく今もきれいな佇まいを保っています。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 滋賀県情報へ
にほんブログ村
トラックバックURL : https://gejideji.exblog.jp/tb/13500821
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yume at 2010-01-17 17:01 x
宿場町の中でも「水口宿」が好き。。  
と言えば、私らしいなぁ。。と思われるでしょ(笑)

手つかずで「そのまま」で残っているのが好きなんですよ。
近江鉄道で二度三度。車で一度訪れています。

あの三筋の道が大好きです。
Commented by dendoroubik at 2010-01-17 21:09
☆yumeさん

たしかに 
水口宿が好きという人は あまりいないかもしれませんね(笑)
目立った保存運動がなられているわけでもなく
甲賀の中心として 生きている町ですね

古い町並みの写真で揃えるために
今回は載せてないですが 三筋に分岐した道はすごいですね
あそこから町が紡錘状にひろがっているみたいですが
広いすぎて どこからどこまで歩いたらいいのか
わからないのも  この町の特徴かも・・・?

不思議な町ですね

by dendoroubik | 2010-01-16 17:22 | 滋賀 甲賀 | Trackback | Comments(2)