人気ブログランキング |

大津 酒井神社・両社神社のおこぼ祭

c0196076_13335239.jpg

昨年11月にUPした「まいどこ神事」が行われる、
大津市下阪本の酒井神社とその向かい、
両社神社(もとは同一の神社)で、
1月の第二金・土・日曜に行われる祭です。

「まいどこ神事」と同じように、ひそやかで、
どこか謎めいたお祭です・・・




お餅が重要な役割を演じることや、行われる時期から、
甲賀・湖北地方に分布する『オコナイ』の行事の一種
・・・ともいわれます。

むかし、瀬田に住む龍神が下阪本の両社川を遡って来て、
毎年七歳になる少年を人身御供としてさらっていった
・・・という伝説がこの祭の起源といわれます。

少年の替わりに人形と餅を奉げるようになったのが、
この祭のもとになったと(他の説もあるようです)。

初日に当家(頭家)で餅を搗き、帯餅、笠餅をつくります。
2日目、竹籠に帯餅を巻き、その上に笠餅を載せ、
できあがった台座に人形を載せ
(これを「おだいもく」というらしいです
)夜遅くまでお守りされます。
3日目、おだいもくは神社に運ばれ、拝殿に設置されます。

人身御供の人形なのに、
どれもどこか楽しげでユーモラスなのが不思議です。

いずれの人形も、享保年間のものです。

c0196076_1414639.jpg

御所人形。

c0196076_13344664.jpg

合点。

首振りのからくりが施されています。

c0196076_14143396.jpg

拝殿前で湯立て神事があり・・・

c0196076_14153633.jpg

本殿前で舞の奉納があります。

c0196076_13361447.jpg

酒井神社本殿。

c0196076_1416332.jpg

こちらは両社神社の人形。

c0196076_13373150.jpg

説明板がないので、詳しくはわかりません・・・

c0196076_1338539.jpg

c0196076_13383695.jpg

c0196076_13391149.jpg

c0196076_13402110.jpg

c0196076_13405537.jpg

両社神社本殿。

昨年の1月10日にこのブログをはじめて、今日でちょうど1年・・・
「大津祭」からはじめて、「勝部の火祭り」と「おこぼ祭」。
2年目も ひっそりと・・・
トラックバックURL : https://gejideji.exblog.jp/tb/13450721
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by うずら at 2010-01-10 19:47 x
このお祭りのことは初めて知りました。
なんか、面白いですね~ 人形もおかしいし!
お供えするお餅のカタチもユニークでしょ。
しかも、「オダイモク」と呼ばれるお餅。
「おこぼさん」のいわれもはっきりわからんとことか、
なんか、ええ加減さ?があったりするのも、面白いです。
11月の「まいどこ神事」も、興味ありますしね~!
なんやろ、この酒井神社って。

いろいろ参考にさせてもらって、ありがとうございます!
Commented by dendoroubik at 2010-01-10 20:41
☆うずらさん

先日 全国ネットのワイドショーを見てたら この酒井神社が映ってました
「何やろ・・・?」と よく見ると 
昨年 世間を騒がせた 神社と同じ名前のタレントへの突撃取材が成功するように・・・
という祈願のために わざわざ東京からロケに来てたみたいです(苦笑)

「まいどこ神事」もこの「おこぼ祭」も
とっくに失われててもおかしくないものが 奇跡的に残っている・・・
というような 不思議な行事ですね
解説にも載っていない 解き明かされない謎が
きっとその起源にあるんでしょうね・・・
by dendoroubik | 2010-01-10 14:17 | ◆近江の祭 大津 | Trackback | Comments(2)