c0196076_21355792.jpg


せんべぇさんこと、とくいさんの個展を見に行ってきました。
(大阪市阿倍野区旭町2丁目1−1 あべのマルシェ東館138
 あべのキューズモールのすぐ裏手、25日(日)まで)



つづきはこちらから
# by dendoroubik | 2018-11-20 22:39 | 大阪 | Trackback | Comments(0)

散歩

c0196076_20252612.jpg


午後から用事があったので、朝はのんびりしようと思っていたのに、急に思い立って坂本を1時間ほど散歩。


つづきはこちらから
# by dendoroubik | 2018-11-19 05:00 | 滋賀 大津 | Trackback | Comments(0)

常楽寺の塔

c0196076_06485304.jpg


国宝指定されている3棟(常楽寺三重塔、西明寺三重塔、石山寺多宝塔)をはじめ
滋賀県内には印象深い塔がいくつかありますが、いずれも深く山懐に抱かれて
奈良の興福寺や薬師寺、法隆寺のような里から遠望できる塔がないのがちょっと寂しい気がしないでもありません。


つづきはこちらから
# by dendoroubik | 2018-11-18 05:00 | 滋賀 湖南 | Trackback | Comments(2)

金勝寺

c0196076_19315867.jpg


つい最近まで、てっきり「金勝(こんぜ)山」という山が滋賀県東市にあるものと思い込んでいたのですが
これは竜王山や冠山などの山系を指す名称で、そういう名の独立峰はないのだそうです。
東大寺を開山した初代別当、金粛菩薩こと良弁開基と伝えられえる金勝寺(こんしょうじ)は
信楽に境を接する竜王山の山中に位置する、というということになります。 山号は金勝山。


つづきはこちらから
# by dendoroubik | 2018-11-17 05:00 | 滋賀 湖南 | Trackback | Comments(2)

c0196076_19190351.jpg

かつて湖南地方の信仰の中心地であった金勝(こんぜ)山は、いまからは想像もつかぬほどの往来があったといいます。
「昔は五十町の険しい坂道を登ったので、こんな所へは、二度と『コンゼ』と人はいったという」(白洲正子『かくれ里』)
なかでも、金勝寺近くのこのあたりは、通行人を泣かせるほどの難所であったため
ある僧が通行人の安全祈願のために刻んだのがこの「泣き地蔵」だと伝えられています。 

c0196076_19190383.jpg

阿弥陀如来の左側に「元治二乙丑」の銘が刻まれています。

1865年、江戸末期の作ということになり、このあたりに点在する摩崖仏としてはまったくの新参者。
それ故にか、藪に埋もれて忘れ去られていたところを、地元有志の方々が整備されたとのことです。

ゲイリー・ムーアの「泣きのギター」よろしく、お地蔵さんが泣いているのか思っていたらさにあらず
「地蔵」でさえなく(案内板には、お馴染みのお地蔵さんの絵が描かれていました)「阿弥陀三尊」(笑)
想像とはかけ離れていましたけれど、背景もすばらしく、ともて味わい深い仏さんでした。

# by dendoroubik | 2018-11-16 05:00 | 滋賀 湖南 | Trackback | Comments(0)

c0196076_14564307.jpg

中央のこんもりとした山は近江富士(三上山) その向こう、びわ湖に突き出しているのは西国三十一番、長命寺山。
右奥には滋賀県の最高峰で唯一の「日本百名山」伊吹山。 左奥、びわ湖の向こうには「背が足りない」という理由で
「百名山」から漏れてしまった比良の山並みが屏風のように聳えているのを望むことができます。
晴れて眺望の良かったこの日も、ふたつの山のあいだに白山は霞んで望むことはできませんでした。

この展望台から、滋賀県でもっとも美しい(と僕が思う)「狛坂摩崖仏」までハイキングコースを約40分。
行こうか行こまいか10分ほど思案した末、今日は諦めて湖南の紅葉寺院へ向かいました。 この冬、晴れた日にまた。

# by dendoroubik | 2018-11-15 15:25 | 滋賀 湖南 | Trackback | Comments(2)

c0196076_22541808.jpg


いよいよ来週の火曜から、せんべぇさんこと、とくいさんのイラスト&写真展がはじまります。
会場はあべのキューズモールのすぐ東側「ロコロナギャラリー」
新世界で串カツを食べてから行くもよし(ただし二度漬けは禁止) 
帰りに天王寺動物園で、今年1月に亡くなったラニーちゃん(アジア象)を追悼するもよし
ともかくレッツ・ゴー! ですね。 僕も初日に馳せ参じたいと思います。 楽しみだ!

c0196076_22584706.jpg

# by dendoroubik | 2018-11-14 23:19 | 番外編 | Trackback | Comments(2)

安楽律院

c0196076_18440745.jpg


比叡山横川元三大師堂の東麓「叡山三魔所」のひとつといわれる飯室谷。
ここにはかつて安楽律院という天台宗の寺がありました。
985年(寛和元年)藤原師輔(慈忍の父)一門の僧、叡桓らによって開基されたと伝えられ
源信も隠棲したともいわれるこの寺は、1949年、放火により灰燼に帰してしまいます。
金閣寺が焼失する半年ほど前のことです。

比叡山の門前町、坂本が紅葉狩りの観光客で賑わうこの季節
見るべき遺構があるわけでもなく、紅葉の名所というわけでもない
おまけに坂本からのアクセスがおそろしくわるいこの寺院跡を訪れる人は稀です。


つづきはこちらから
# by dendoroubik | 2018-11-12 22:46 | 滋賀 大津 | Trackback | Comments(6)

年賀状発売PRイベント

c0196076_22262294.jpg


少しまえになりますが、11月1日、京都中央郵便局の年賀状発売イベントを覗いてきました。

そういえば去年も来たな・・・と思っていたら、それは年賀状受付け開始のイベントで
このふたつと「かもめーる」の発売日、年3回、同様のPRイベントがあるのだそうです。


つづきはこちらから
# by dendoroubik | 2018-11-12 05:00 | ◆京の祭 | Trackback | Comments(2)

c0196076_16094205.jpg


旧暦の11月8日は、各地で「鞴(ふいご)祭り」をおこなう風習があるのだそうです。

鍛冶屋、鋳物師など鞴をいる人びとがこの日ばかりは仕事を休んで鞴を清め
注連縄を張ってお神酒や餅、みかんなど供物を供える、というものです。
火の安全と仕事の繁栄を祈願する、という意味合いがあるのだと思います。

なぜ、みかんを供えるのかについては諸説あって
曰く、11月8日の卯の刻に鞴が天から降ってきてみかんの木に引っかかっていたという伝承に由来する
あるいは鍛冶屋は庭にみかんの木を植えることがなく、これを供えるのは殊更に休日を意味するとか
はたまた、精錬される玉鋼がみかんに似ているから、などさまざまです。
京からはじまったこの民俗行事は、とくに江戸で盛んだったらしく
この日、往来にみかんを撒いて子供たちに拾わせる、というような風習が定着していたようです。
若き日の紀伊国屋文左衛門が、その年大豊作だったにもかかわらず嵐で航路が閉ざされ
価格が大暴落していたみかんを大量に買い付け、オンボロ船を仕立てて江戸へ運び
莫大な財を成した話は有名ですが、これも「鞴祭り」の風習があってのことだったんですね。


つづきはこちらから
# by dendoroubik | 2018-11-09 22:47 | ◆摂津の祭 | Trackback | Comments(0)

c0196076_06423630.jpg


たしかに近江八幡の「水郷めぐり」の船頭さんは年配の方が多いですが
かといってシワや白髪をわざわざ描きこむ必要性があったのかどうか・・・

# by dendoroubik | 2018-11-09 05:00 | 滋賀 近江八幡 | Trackback | Comments(0)

c0196076_17305859.jpg


Take a jumbo cross the water          ジャンボで大西洋を渡って
Like to see America               いっぺんアメリカってもんを見てみたい
See the girls in California             カリフルニアガールズさんにも会いたいし〜
I'm hoping it's going to come true        ホントになったらいいんだけど〜
But there's not a lot I can do           たぶんボクにはムリだろな?


米国の中間選挙も終わったので、スーパー・トランプの懐かしいヒット曲をフィーチャーしてみました。
・・・といっても、何の含意もないんですけれど(Hey!)
三井アウトレットパーク竜王のとび太くん。 すぺいん人さんに教えてもらいました (^0^

# by dendoroubik | 2018-11-08 05:00 | 滋賀 湖東 | Trackback | Comments(0)

護王神社 亥子祭 後篇

c0196076_09060950.jpg


その夜さり、 亥の子餅参らせたり。
かかる御思ひのほどなれば、 ことことしきさまにはあらで
こなたばかりにをかしげなる桧破籠などばかりを色々にて参れるを見たまひて
君、南のかたに出でたまひて、惟光を召して
この餅、かう数々に所狭きさまにはあらで、 明日の暮れに参らせよ・・・
「源氏物語 第九帖『葵』」


つづきはこちらから
# by dendoroubik | 2018-11-07 05:00 | ◆京の祭 | Trackback | Comments(2)

護王神社 亥子祭 前篇

c0196076_09040972.jpg


亥の月(旧暦の10月)、亥の日、亥の刻に天皇自らが餅をつき(この神事では毎年11月1日)
臣下とともに食することで無病息災を祈願した平安時代の宮中の年中行事『玄猪の式』
これを再現する神事『亥子祭』が、昭和35年から護王神社でおこなわれています。

宮中行事を「再現」する祭りはたくさんありますが、護王神社は京都御苑、蛤御門のすぐ西にあり
最後の『禁裏御玄猪調貢ノ儀』では、朝貢列を組んだ一行が夜の御苑を行くシーンがあったり
リアリティというか緊迫感のようなものが同種にものとは格段にちがうように思えます。


つづきはこちらから
# by dendoroubik | 2018-11-06 05:00 | ◆京の祭 | Trackback | Comments(0)

南座

c0196076_08552299.jpg


耐震改修工事を終えた南座が1日、約2年9カ月ぶりに開場。 
「吉例顔見世興行」も前倒しでおこなわれています。

生まれてはじめて南座に行ったのは中学3年生のとき。 歌舞伎ではなく、マルセル・マルソーの来日公演でした。
なぜ子どもには高価すぎる(小遣い3ケ月分くらいだったと記憶します)入場料を払ってまで見に行こうとしたのか
いまひとつ思い出せません。 たぶん、映画で「天井桟敷の人々」を見て感化されてたんだろうと思います。

この映画を見た名画座の祗園会館をはじめ、東宝公楽、スカラ座、弥生座(テアトル72)美松映劇
といった近隣の映画館や、ちょっと離れた四条大宮のコマゴールドとシルバー、一乗寺の京一会館など
まちがいなく、学校にいた時間よりも長い時間をすごした(笑)空間が根こそぎなくなってしまいました。
南座の繁盛ぶりをみるにつけ、とても心寂しい気持ちに襲われてしまいます・・・

# by dendoroubik | 2018-11-04 09:01 | 京都 | Trackback | Comments(0)

年賀状 発売される

c0196076_09173059.jpg


昨日は各地の中央郵便局ではこの日発売の年賀状のPRイベントが開催されていました。
京都では舞妓さん、大阪では劇団四季「リトル・マーメイド」の出演者、神戸ではタカラジェンヌがPRに登場。
地元滋賀県の大津中央郵便局はというと「うぉーたん」と」「キャッフィ」という、ご当地ゆるキャラ(^-^;

あまりといえばあまりの格差です。 PRっていったって、ゆるキャラは喋れませんしね(笑)

# by dendoroubik | 2018-11-03 09:00 | ◆京の祭 | Trackback | Comments(0)

c0196076_20354442.jpg


南部坂雪の別れ・・・

この短い日本語の連なりだけで、おのずから音楽が奏でられるような美しいタイトル。
そして、これ以上ないくらいシンプルで完璧な構成は、日本人の琴線に触れる珠玉の物語ですね。

村国座の奉納子供歌舞伎で、はじめて上演される演目になるそうです。


つづきはこちらから
# by dendoroubik | 2018-11-02 05:00 | ◆美濃の祭 | Trackback | Comments(0)