c0196076_1348314.jpg

2年まえに能登半島を半日で巡ったとき、
分家した「下時国家」に寄っただけで、
こちらはスルーしてしまいました。 

昨年「名舟大祭」を見物した際、2日目(8/1) 
午後からはじまる祭のまえに、
駆け足ながら見学することができました。

そのとき、いちばん目を惹かれたのは、
桃山時代風の公卿書院造、大納言格式の 
「御前の間」・・・その金縁天井を区切る欄間に彫りだされた
蜃気楼でした。 蜃気楼の欄間なんて、なかなかシャレてますね。

古代中国では、蜃気楼は
大ハマグリの吐く息によって発生するもの
・・・と信じられていたといいます。 

「蜃」は大ハマグリ。「気」は息。「楼」は建物。

大ハマグリの吐いた息で描かれた建物。 
欄間にも ちゃんと大ハマグリが彫りだされていました。

c0196076_13485385.jpg

壇ノ浦で敗れた平家の武将、平時忠は 
「三種の神器帰座」によって
軌殺は免れたものの、能登、珠洲に配流。
その子、時国は平家であることを捨て、
「時国」姓を名乗り、これがこの家の興りです。 

のちに一族は、この地を支配する豪農として長きにわたり繁栄。 
江戸時代には天領、大庄屋として名字帯刀も許されます。

現在の上時国家は、天保2年、28年の歳月をかけて
完成したといわれる大規模な住宅(重要文化財)。 
威圧されるような堂々たる建物ですが、内部はいたって質素。 
ただ、この「御前の間」だけは例外です。

かつて加賀藩主が訪れたとき

  余は中納言ゆえこの部屋に入るわけにはゆかぬ

と断られ、やむなく天井の一部に紙を貼って 
格式を外し入室されたという逸話があります。
・・・と、案内のテープで説明がありました・・・
by dendoroubik | 2012-01-22 00:00 | 石川 | Trackback(2) | Comments(2)

能登17 休館日

c0196076_8504981.jpg

能登へ行こうと計画してから、天気ばかりを気にしてました。
海外サイトの2週間天気予報を頻繁にみたり(笑)

しかし・・・天気以上の敵もいました・・・

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2010-06-21 09:30 | ◇能登半島一周記 | Trackback | Comments(2)

能登15 時国家

c0196076_5191062.jpg

輪島市街から車で20km足らず、
岩倉山の麓に上時国家(本家)と
300mほど離れて、この下時国家(分家)が建っています。

江戸中期に建てられた民家建築で、
国の重要文化財に指定されています。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2010-06-16 06:09 | ◇能登半島一周記 | Trackback | Comments(2)

大津 芭蕉会館

c0196076_18463615.jpg

昨日、会社の帰り、急にラーメンが食べたくなり、
膳所駅で降りて駅近くの来々亭へ行きました。

食べ終わって、駅へ帰ろうと店を出たとき、
来々亭のすぐ傍に「竜ケ丘俳人墓地」があるのに気づきました。

大津に住んでいながら・・・
このへんにあることは、なんとなく知っていながら・・・
迂闊にも訪れたことがありませんでした。

三日月に照らされた・・・
というよりも、来々亭の黄色い看板の
灯りに照らされた墓地をお参りしました。

「大津市歴史博物館」のサイトからの引用です。


松尾芭蕉は、死後遺言により義仲寺に葬られたが、
蕉門十哲の一人内藤丈草は義仲寺境内の竜ケ岡に仏幻庵を営み、
芭蕉を供養するために法華経塚を建てた。
丈草は死後仏幻庵の故地に葬られ、
続いて可風・文素・蝶夢ら一七基の墓が建てられ、
俳人墓地と呼ばれるようになった。
義仲寺境内の山林であった俳人墓地も、
現在は国道1号線や付近の開発によって様相を一変している。

JRと国道に挟まれた、ほんのわずかなスペース・・・

「様相を一変している」どころじゃありません。

これでは、気づかないのも仕方ありません。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2009-08-26 19:45 | 滋賀 大津 | Trackback | Comments(2)

東京 湯島聖堂

c0196076_11383994.jpg
 
関東大震災で入徳門・水屋を除いて類焼し、
1935(昭和10)年にコンクリート造で再建されたもの。

11代将軍が、黒漆を塗らせ、
屋根に銅瓦葺きにした様式を踏襲しているとのことです。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2009-03-01 11:49 | 東京 | Trackback | Comments(0)