タグ:■9月の祭 ( 125 ) タグの人気記事

c0196076_22585134.jpg

今年の「城端むぎや祭り」を観覧できたのは
「じょうはな座」でのステージ2時間と
野外では「善徳寺」の「むぎや競演会」
3つの街並み踊り約2時間、計4時間のみです。

往復8時間かけて「たったそれだけ」と考えると
モノ足りないようにも思えもしますけれど
見終わった感覚は、むしろそんな臆見とは裏腹に
充実したものがあるようにも感じていました。
なるほど、こうして写真を整理してみると
けっこういろんなものを見せていただいていますね。

しかし、これで終了です・・・


つづきはこちらから
c0196076_23090440.jpg

じょうはな座で見ることのできたのは
出丸町、西下町、東新田町の3つの町と
特別出演の「南砺平高等学校郷土芸能部」
計4つの舞台です。


つづきはこちらから
c0196076_01424597.jpg

城端の町の中心を貫く国道304号線(通称サンマルヨン)は
金沢から五箇山へ至る旧五箇山街道を敷衍しています。

これから山へ分け入ろうとする鳥羽口にあたるため
この国道自体がもうすでに坂ですが
町並みが段丘状の高台にひろがり
国道の両サイドにも趣のある細い坂道がいくつもあって
坂好きにはたまらない景観をつくっています。

サンマルヨンができるまでは
その東側の通りが五箇山街道の本通りで
往時の石垣や縦格子の町屋が残る、趣きのある町並みです。
この通りの「坡場(はば)の坂」を登りきったところに
「城端醤油」さんという造り醤油屋さんがあり
その軒先が街並み踊りの会場のひとつになっています。


つづきはこちらから
c0196076_00414728.jpg

「むぎや競演会」の会場のひとつ善徳寺は
本願寺第八代蓮如開祖の真宗大谷派の大刹。

2013年から本殿の改修工事があり
山門前にステージが組まれていましたが
今年、久々に本殿が演舞場となっていました。

つづきはこちらから
c0196076_07324919.jpg

城端は坂の町。魅力的な名のついた坂がたくさんあります。

「桜坂」「ぼたもち坂」「地獄谷の坂」「兵舎の坂」「御坊坂」・・・

もともと警察があったことからその名のつけられた
ズバリ「警察の坂」を登りきったところにある浄念寺のまえも
街並み踊りの会場のひとつで、会場じたいが緩い坂の途中にあります。


つづきはこちらから
c0196076_00071760.jpg

富山県を代表する民謡といえば
東の「おわら節」と西の「麦や節」になるでしょう。
越中というひとつの国に、これほど人口に膾炙した
2つの民謡があるというのもすごいことですが
情緒纏綿とした「おわら節」と
落人の詠嘆が底流にあるとされる「麦や節」は
ベタな譬えでいうと「源氏物語」と「平家物語」ほど両極端。

五箇山より伝わった民謡を、町中こぞって披露するのが
昭和26年よりはじまった「城端むぎや祭り」です・・・



つづきはこちらから
c0196076_21081041.jpg

9月2日、待ち合わせの京都山科駅を出発したのは8時過ぎ。
5人で乗り合わせて名神高速から北陸道をひたすら走り
富山駅に着いたのはお昼頃。 

北陸新幹線開通にともなう駅前の再開発で
名物屋台の「ひげ」ラーメンさんは営業できず
県内のあちこちで「出店」されていました。
去年おととしと「風の盆」期間中は八尾に出店され
僕ものべ5回ほど(笑)お世話になりました。

今年の4月、めでたく富山駅前での屋台を復活され
・・・ということは、八尾では食べられないということで
神通本町の本店店舗で懐かしい味と再会し
ビールで乾杯して、いざ出陣です!



つづきはこちらから
c0196076_09113269.jpg

恋の礫か 窓打つ霰 



つづきはこちらから
c0196076_00211874.jpg


10年目の「おわら風の盆」・・・

若きジミー・ペイジがフェンダーを三味線に持ち替えて
深夜、流しているのかと思いました。
c0196076_08101382.jpg

あいや可愛いや いつ来て見ても
  たすき投げやる おわら 暇がない 

c0196076_08131222.jpg

たすき投げやる 暇あるけれど 
  あなた忘れる おわら 暇がない



つづきはこちらから