タグ:■7月の祭 ( 68 ) タグの人気記事

c0196076_07331934.jpg

更新しそびれた夏祭りの模様です。

といっても、昨年、夜までガッツリ見せていただいたのと
少々、夏バテ気味だったので、宮出から大阪城までのみ。
去年と代わり映えのしない風景しか切り出せなかったのが
更新しなかった理由のひとつでもあります・・・


つづきはこちらから
c0196076_23254023.jpg

ホイ

c0196076_23254048.jpg

あっち向いて ホイ

c0196076_23254028.jpg

楽しそやな・・・
オレもしたいなあ・・・
そやけど 首 曲げれへんしなあ・・・

c0196076_933553.jpg

4基の鯛みこしと太鼓打ちの行列は
午後1時頃、御仮屋のある豊浜漁港に集結。

祭りのクライマックスです・・・

つづきはこちらから
c0196076_638943.jpg

狙ったわけじゃありませんが「鯛鉾」の次に「鯛まつり」・・・


知多半島の最南端、南知多町。

愛知県下最大の水揚げ量を誇る豊浜の港で
海の安全と豊漁を祈願する夏祭りです・・・

つづきはこちらから
c0196076_2334116.jpg

JR大阪環状線外回り方面、大阪駅からふたつめの野田駅。

昔ながらの商店街や路地へ入ると長屋が残っていたり
すぐ南には取扱い高全国2位の大阪中央卸売市場本場。
駅を中心として下町らしいこの町で7月19日、20日に
華やかに繰り広げられるのが「野田恵美須神社夏祭」

地車(だんじり)と枕太鼓が巡行し
商売繁盛のえべっさんに因んだ珍しい鯛鉾の登場する
いかにも大阪らしい楽しいお祭りでした。

つづきはこちらから
c0196076_22193990.jpg

滋賀県竜王町には「ケンケト祭り」のような
郷土色豊かで華やかな祭りとともに
「ヤシャリさん 」「田中の粥占い」のような
普段着でおこなわれる民俗行事も豊富です。

昔はこの時期 どこの農村でもおこなわれていた
「虫送り」・・・岡屋と小口地区の様子です。

つづきはこちらから
c0196076_7143150.jpg

びわ湖最大の内湖、西の湖の南に
浅小井という200戸ほどの農村があり
7月の第三土日「浅小井祇園祭」がおこなわれます。

日曜の本宮には豪華な6基の曳山が、集落内を巡行。

土曜の宵宮では、今宮天満宮鳥居まえで
夕刻、6基の笠松明が順次、奉火されてゆきます・・・

つづきはきちらから
c0196076_0583713.jpg

8年まえからはじまった淡路島の物産と観光をPRするイベント
「淡路島から京都へ はも道中」です(八坂神社)

つづきはこちらから
c0196076_22142788.jpg

能登半島の最北端、石川県珠洲市。

内浦側の飯田湾にひらけた港町で毎年7月20日、21日に行われる
春日神社の祭礼「お涼み祭」
別名「飯田燈籠山(いいだとろやま)まつり」

能登の祭りといえば、巨大燈籠を担ぎまわす
キリコ(奉燈)祭りがつとに有名ですが
こちらは金箔、漆塗りをほどこした豪華な曳山と
高さ16メートルの威容を誇る燈籠山が町内を曳きまわされます・・・

つづきはこちらから
c0196076_23352034.jpg

生國魂神社の氏子区域は広く、
天王寺区から中央区にまたがっています。

中央区、旧東区が枕太鼓、旧南区が獅子舞、
天王寺区の一部の氏子地区の方々が神輿を、
それぞれご奉仕されています。

つづきはこちらから