タグ:■4月の祭 ( 120 ) タグの人気記事

c0196076_83420.jpg

4月16日の千秋楽をはじめて見せていただきました。

小学生の演じる子供歌舞伎は、
後になるほどよくなる・・・とはよく言われることですけれど、
ホントにその言に違わず、心に染み入るような舞台でした。

つづきはこちらから
c0196076_21532143.jpg

長浜曳山まつり宵宮の4月14日の午後、
前日のくじ取り式で一番くじを引いたのは伊部町組「翁山」
くじ順とは逆に4番山から八幡宮へ向かう登り山。

(写真は常盤山)

つづきはこちらから
c0196076_0211331.jpg

常磐山「妹背山婦女庭訓 三笠山御殿」

3年まえの米原曳山まつりではじめて見ましたが、
振付はそのときと同じ川村和彦氏。

⇒米原曳山まつり 2013 その4 壽山組①
⇒米原曳山まつり 2013 その5 壽山組②

つづきはこちらから
c0196076_108248.jpg

瀬田町組、萬歳楼は「傾城阿波の鳴門 どんどろ大師の場」

4つの当番山の演目は時代物、世話物がそれぞれ二山組。
世話物ふたつは、奇しくも大坂が舞台。
ひとつは父と息子の、ひとつは母と娘の再会の物語でした。

つづきはこちらから
c0196076_22342491.jpg

鎌倉幕府の御家人、梶原景時といえば、
頼朝に讒言して義経を死に追いやった大悪人
・・・という評価が通り相場でしょう。

歴史上もっとも人気のない人物のひとりかもしれません。

小説・ドラマなどでは、
必ず冷酷で悪い奴として描かれる景時
(大河ドラマ「義経」では中尾彬・・・適役でした)
たったひとつ、目も醒めるようなカッコイイ正義の侍
・・・として描いているのがこの「石切梶原」。

つづきはこちらから
c0196076_2333350.jpg

寛延二年、大坂でおこった遊女お園と
馴染み客の大工見習い六三郎の心中事件を中心に、
豊文助ら4人の浄瑠璃作者たちが、
週刊誌なみのスピードで描き下ろして上演。
大当たりをとった浄瑠璃「八重霞浪花浜荻」。

のちに岡本綺堂が歌舞伎に脚色したのが
この「心中浪華の春雨」です。

新聞によると、昔「中歌舞伎」という、
全国を巡業する歌舞伎のプロ集団があり、
その人気演目のひとつだったそうですが、
近年はほとんど上演されることがなく、
長浜でも初登場・・・という、珍しい舞台です。

つづきはこちらから
c0196076_21552931.jpg

ななな・・・なんなんだ!
この女の子・・・いや、男の子の色っぽさは!

千秋楽で、振付の市川団四郎師匠をして
「わたしのなかでも名作になった」
と言わしめた萬歳楼「傾城阿波の鳴門 どんどろ大師の場」

前回の萬歳楼の「壷坂霊験記」
小松お旅まつりに影響を与えたように、
一昨年の小松お旅まつりの「どんどろ大師」が長浜へ・・・

笑って泣かせる役者たちが、甲乙つけがたかったです。

c0196076_3145396.jpg

c0196076_3165583.jpg

常盤山「妹背山婦女庭訓 三笠山御殿の場」
孔雀山「梶原平三誉石切」

定番の時代ものも充実です。

c0196076_2205273.jpg

翁山は長浜初登場の「お園 六三郎 浪華の春雨」

江戸時代の浪花を賑わせた心中事件を、
朝刊のようなスピードで上演して大当たりをとった
「八重霞浪花浜荻」という浄瑠璃を、
岡本綺堂が脚色した異色作。

春祭りピークにつき、
しばらくUPできそうもないので、とりあえずの4枚。
c0196076_2131762.jpg

神輿が馬場(地域文化館まえ)に到着すると、
ここをその御旅所として、
「王の舞」「田楽」「田植えの舞」がおこなわれます。

つづきはこちらから
c0196076_2141247.jpg

若狭には、鎌倉時代以降に、
大和や京から伝わったとされる「王の舞」という
神秘的な神事・・・というか芸能が数多く伝承されています。

これまで僕が見た「王の舞」は
宇波西神天神社のふたつにすぎませんが、
若狭町では、11の神社、 美浜町の2つの神社、
敦賀市、小浜市、高浜町の神社で、
それぞれ伝承されているそうです。
(聞き齧りなので、遺漏はあるかもしれません)
また、隣接する滋賀県高島市の
三重生神社 うしの祭りや国狭槌神社の神事なども、
同じ系譜に属するものだろうともいわれます。

4月3日、若狭町向笠、
国津神社の「王の舞」を見せていただきました。

古式を残した厳粛さのなかにも、
朗らかな笑いの横溢する、とてもすばらしい行事でした・・・

つづきはこちらから
c0196076_2211189.jpg

滋賀県守山市吉身、馬路石邊神社の祭礼は、
毎年5月4、5日におこなわれます。

4日の宵宮を拝見させていただきました。

白鳳3年(663年)創祀という由緒ある神社だけあって、
まわりのパチンコ店やスーパー銭湯などの喧騒から
隔絶して、森閑とした趣きがあります。

主祭神は、建速須佐之男命、
大己貴命の二柱。

馬道郷を拠点した豪族、石辺君氏の氏神。
・・・これが社名の由来と由緒書にありました。

つづきはこちらから