タグ:■4月の祭 ( 118 ) タグの人気記事

c0196076_17175946.jpg

おはな あげましょ ささげましょ  
きょうは こどもの はなまつり 
 
にこにこ げんきな おしゃかさま  
みんなで おいわい いたしましょ

c0196076_17180098.jpg

あまちゃ あげましょ ささげましょ
きょうは こどもの はなまつり

c0196076_17175851.jpg

ちらちら れんげの はながふる
みんなで おいわい いたしましょ

(四天王寺)

c0196076_20191043.jpg

「王の舞」は当屋、本殿まえ、御旅所の3ケ所で舞われます。

苔むして古色蒼然としたたたずまいの境内での「王の舞」は
とても美しく神々しくさえあり、この祭りの白眉といえるかもしれません・・・


つづきはこちらから
c0196076_15230499.jpg

山陰と北陸を繋ぐ丹後街道(国道27号線)を走り若狭町に入ると
まもなく相田地区の「天神社」が山側(東)に見えてきます。
1キロも走らないうちに、これは国道からは見ることはできませんが
隣接する藤井地区の「天満社」がやはり山側に鎮座しています。

2年まえに相田の「天神社大祭」今回は藤井地区の王の舞を見せていただきました。

菅原道真を祀る両社の祭りはかつては同日におこなわれていたようですが
現在は相田は4月2日、藤井は4月の第一日曜におこなわれています。
隣接した地区だけあって、似たところも多いように思えました・・・


つづきはこちらから
c0196076_02325599.jpg

この日、2番目に見せていただいたのは
若狭町小原(おはら)の石桉(いわくら)神社の「王の舞」です。


氏子集落の南が「王の舞」北が「獅子舞」をつとめられているそうですが
両方とも一風かわったもので、これもたいへん興味深く見ごたえがありました。



つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-04-04 23:42 | ◆若狭の祭
c0196076_09392456.jpg

福井県若狭町海士坂の天満神社の「王の舞」。
この日、3つをハシゴしたうち、いちばん最後に訪ねたお祭りです・・・


つづきはこちらから
c0196076_08315520.jpg

若狭地方には、鎌倉時代以降に大和や京から伝わったとされる
「王の舞」という神秘的な神事/芸能が数多く伝承されています。

若狭町の11の神社、 美浜町の3つの神社
敦賀市、小浜市、高浜町の神社で、それぞれ伝承されており
また、隣接する滋賀県高島市の三重生神社 うしの祭り
国狭槌神社の神事なども、同じ系譜に属するものだろうともいわれます。

現在、4月の第一日曜に若狭町で4つの「王の舞」がおこなわれており
もちろん1日ですべてを見ることはできませんが
4つとも半径10キロほどの範囲でおこなわれており
少しずつ時間帯がズレている3つをハシゴしてきました。

3つともそれぞれに面白く、登場する獅子舞も異なっていました。
また、主役ではない子供たちの生き生きした表情も印象的でした。

c0196076_916987.jpg

毎年4月19、20日におこなわれますので、
土日祝日でもない限り、昼間の諸行事には、
それほど多くの見物人が集まるわけでもありません。
ところが、夜の起し太鼓の時間が近づくと、
どこからこれほどの人が湧いてきたのかと思うくらい、
町は見物人に埋め尽くされてゆきます・・・

つづきはこちらから
c0196076_13561651.jpg

毎年4月19、20日におこなわれる
岐阜県飛騨市古川町、気多若宮神社の例祭「古川祭」。

3年ぶり三度目です。
今回は19日の試楽祭のみの日帰り。

三度目ゆえに「知ってるつもり」
・・・でいたのがいけなかったのでしょう。
見るべきものを、見逃してしまったような気がします。
また、前回とは変更になっていて、
期待していたものが見られなかったりということもありました・・・

それにしても多彩な魅力をもった祭りです。

つづきはこちらから
c0196076_83420.jpg

4月16日の千秋楽をはじめて見せていただきました。

小学生の演じる子供歌舞伎は、
後になるほどよくなる・・・とはよく言われることですけれど、
ホントにその言に違わず、心に染み入るような舞台でした。

つづきはこちらから
c0196076_21532143.jpg

長浜曳山まつり宵宮の4月14日の午後、
前日のくじ取り式で一番くじを引いたのは伊部町組「翁山」
くじ順とは逆に4番山から八幡宮へ向かう登り山。

(写真は常盤山)

つづきはこちらから