「ほっ」と。キャンペーン

タグ:■2月の祭 ( 108 ) タグの人気記事

c0196076_2101122.jpg

初日の土曜日は、午後1時から
「ふれ太鼓」(一番太鼓)があり、
これを合図に各区の「浮き太鼓」がはじまります。

つづきはこちらから
c0196076_23163964.jpg

また季節が一巡して・・・

冬のあいだ眠っていたハートに火をつける、
とてつもなく楽しい祭りの季節が巡ってきました。

いそいそと奥越勝山へ・・・。
四度目の「勝山左義長まつり」です。

つづきはこちらから
c0196076_1021663.jpg

2月14日、下呂の田の神祭りに行くつもりが、
大雪予報に恐れをなして、予定変更。
滋賀県東近江市五個荘金堂の
「商家に伝わるひな人形めぐり」へ・・・。

つづきはこちらから
c0196076_1854872.jpg

2月3日、滋賀県湖南市、善水寺「星祭節分会」へ。

護摩供奉修、三毒の舞、
豆撒きにつづいて、鬼のお加持がありました・・・。

つづきはこちらから
c0196076_1344127.jpg

2月2日、八坂神社の節分祭へ。

先斗町歌舞会舞踊奉納、弥栄雅楽会舞楽奉納
宮川町歌舞会舞踊奉納、それぞれ豆撒きがありました。

つづきはこちらから
c0196076_14104970.jpg

あなたのこの1年を漢字1文字で表すとすれば?

僕は「祭」です。
いや、それは今年に限った話じゃありませんけど(笑)

祭り好きにとって冬は少し淋しい季節です。
待ち遠しいのは、春の訪れとともに各地で「再開」される
お祭りの数々・・・。

でも、その前に・・・
その「春」を呼び覚ます必要が・・・。

奥越に春を呼ぶ奇祭「勝山左義長まつり」
僕の祭りサイクル(笑)のなかで、1年の冒頭を飾る祭りです。

開催まであと76日となりました。

つづきはこちらから
c0196076_22202677.jpg

ガ~ン・・・

突如OSが作動しなくなり、リカバリー。
バックアップを取ったのですが、
現状、ほとんどのデータが復旧不能。

どうせ程度の低い写真・・・
と頭ではとてもクリアーに理解してるのに、
なぜか心はへこみます・・・。

(写真技術は稚拙でも、
撮らせていただいた対象がすばらしかったから
・・・ですね・・・きっと)

「飛び出し坊や」の画像が
ほとんど無傷なのは・・・なぜ・・・?(笑)
c0196076_16344158.jpg

祭りの終わった月曜日の朝・・・。

昨夜まで屋台が立ち並んでいた本町通り。
張り巡らされていた短冊が外れててゆきます。

 「もう50年も、同じことしている・・・」

先に鎌をつけた長い棒を操りながら、
おやじさんが笑って、そう話してくれました。

つづきはこちらから
c0196076_702299.jpg

勝山左義長まつりの開催に合わせて、
2日目、日曜日におこなわれる「一本義酒蔵まつり」。

この日だけ販売される「ふなくち」を求めて、
開店まえから長蛇の列ができています。

午前10時。
「一本義」のロゴが大書きされたシャッターが、
ゆっくりと上がってゆきます。

どこか厳かな雰囲気を漂わせ、
男たちの歌う仕込み唄が聞こえてきます・・・

つづきはこちらから
c0196076_1515677.jpg

13の地区が浮き太鼓・・・。

すべてを見ていたいものですが身体はひとつ。
どこかから流れてくるお囃子に
身を引き裂かれながら、
いずれかの櫓で見物をすることになります。

予定表はあるにはあるのですが、
演っている時間はだいたい同じで、
合間に休憩があったりもして、
効率的にまわるこということができません。

・・・といいますか、どの櫓も、
いったん見物しはじめると、
見入ってしまったりして、
立てた予定なんて
すぐに反古になってしまうのですけど(笑)

つづきはこちらから