タグ:■2月の祭 ( 119 ) タグの人気記事

c0196076_23144428.jpg

北野天満宮の節分祭が終わったのが、午後2時。 
見物していたとき隣合わせて親しくなったおじいちゃんカメラマンと
いっしょに千本釈迦堂まで移動し、3時からの「おかめ節分会」を見物。

c0196076_23562521.jpg

千本釈迦堂こと真言宗智山派、大報恩寺の創建は鎌倉時代(1227年)。 

応仁、文明の乱などの度重なる戦火にも奇跡的にまみえず、
洛中ではもっと古い仏堂建築物といわれる本堂(釈迦堂)は国宝指定

・・・とそんなことよりも「おかめさんの物語」で有名ですね。  

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2012-02-05 12:00 | ◆京の祭 | Trackback | Comments(6)

だるま寺 節分大祭

c0196076_9183169.jpg

「だるま寺<」の名で親しまれる京都、法輪寺。
臨済宗妙心寺派の別格寺院です。 
開基が両替商というユニークな禅刹。

西の京円町をすこし上り、
下立売通を東に入った・・・紙屋川沿いにあり、
ふだんはひっそりとしたところですが、
節分になると近隣のみならず遠方からの参詣者で賑わいます。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2012-02-04 18:00 | ◆京の祭 | Trackback | Comments(6)

c0196076_950610.jpg

ほんとうにそんなことをする人がどれだけいるのか
(いたのか)知りませんが、京都には 節分に

 「四方参り」

・・・をするという習慣があるそうな。

禁裏の四方の鬼門に建てられた社寺を
この日にお参りすると、1年間 無病息災。

その4つの社寺とは、
北東の表鬼門「吉田神社」。 
東南の「伏見稲荷大社」。
裏鬼門にあたる南西の「壬生寺」。 
西北の「北野天満宮」をいうそうですが、
伏見稲荷大社は距離的にも遠く、
御所を囲んで四角形にならないからか、
「八坂神社」をあてることもあります。

それにしても、アクセスが良いとはいえないこの4ケ所を
1日で回るにはよほどの根性がなければできないですね(笑)
 
まして、交通機関の発達していなかった時代に、
ほんとうにそんなことがおこなわれていたんでしょうか・・・?

c0196076_9515058.jpg

この日の京都は、どこに行こうかと迷うほど 
あちこちで節分祭がおこなわれていますね。

思うに、これほどまでに鬼門封じを徹底したり、
鬼を追う行事が盛んなのは、
京に遷都されたとき、よっぽどこの土地が
いかがわしかったからかもしれません。 

洛中の社寺では飽き足らず、表鬼門に延暦寺、
裏鬼門に岩清水八幡宮をおいてガードしなければならなかったくらい・・・

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2012-02-03 22:00 | ◆京の祭 | Trackback | Comments(6)

c0196076_17493928.jpg

毎年、命日の2月25日、
菅原道真を祭神とする野洲市永原の菅原神社で
「火渡り神事」がおこなわれます。

神社の創建は不明だそうですが
「永原千句」と呼ばれる連歌師興行が
明治中ごろまでおこなわれていたといわれますから、
文化的にもすすんだ場所だったんでしょうね。

(北村季吟もこの近くの出身です)

c0196076_1750829.jpg

火種の残る護摩木のうえを裸足で歩いて
「病魔焼却」「活力増進」を祈る、一種の修養行事です。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2011-02-25 19:19 | ◆近江の祭 湖南 | Trackback | Comments(4)

c0196076_0121130.jpg

トイレにいるという それはそれはキレイな女神さま・・・

金沢の商家では、新築時に
便器の下に夫婦一対の泥人形を埋めたり、
たんにトイレに飾ったりする風習があったそうです

(今もあるのかな・・・?)

「厠の神さん」

c0196076_0171579.jpg

誰もいない吹雪のなか日野の町並みをぶらついていたとき、
向かいから歩いてきたおばあちゃんが

  「ここもキレイの飾ってはるえ」

と展示場のひとつ山口嘉七邸の引き戸を開けてくれようと・・・

  「あれ? 誰も来いひん思て カギかけたんかいな・・・」

こんな吹雪のなか、誰も来ないと思われたんでしょうか・・・
戸は施錠されて開きません。

  「あこ行ったら、開けてくれはるわ」

三軒先の民家を指さします。

  「あ。すみません。行ってみます」

観光地図には「ふるさとのおもちゃ館」とありますが、
その家はどう見ても門柱に表札がかかったふつうの民家です。
看板が掲げられているわけでもなく
「お気軽にお呼びください」と貼り紙がしているわけでもなく、
呼び鈴を押すがためらわれます。
が、せっかくここまで来たので、
思い切ってインターホンを押しました。

見学したいのですが・・・と申し出ると、
ご主人が出てこられ、吹雪のなか、
わざわざ山口嘉七邸を開けて展示物の説明をしてくださいます。

興味深く聞き入っていると、
今度は自宅の「ふるさとのおもちゃ館」を案内くださいました。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2011-02-25 02:14 | ◆近江の祭 湖東 | Trackback | Comments(2)

c0196076_22171642.jpg

近江商人の町としてはいちばん新しい五個荘・・・
なんど訪ねても タイムスリップしたような感覚にとらわれます。

c0196076_22185630.jpg

c0196076_22192022.jpg

by dendoroubik | 2011-02-22 22:23 | ◆近江の祭 湖東 | Trackback | Comments(4)

c0196076_1462152.jpg

今年も、五個荘の「にんげん雛まつり」へ行ってしまいました^^;

c0196076_23275650.jpg

去年見た以上のなにかがあるとも思えなかったのですが・・・

c0196076_146077.jpg

明日もやってますので、よろしければどうぞ^^

・・・いや 
楽しいですよ^^ とてもv
by dendoroubik | 2011-02-19 23:39 | ◆近江の祭 湖東 | Trackback | Comments(4)

c0196076_22501344.jpg

日野祭を見物するために
通りに面した板塀を四角に切り抜いた窓.

「桟敷窓」と呼ばれます。

通りから逆にこの桟敷窓を通して、
ひな飾りを見物するのが
このイベントの見どころのひとつなのですが・・・
あいにく訪れたときは吹雪で、祝日にもかかわらず
「こんな日に見物にくるモノ好きもいないだろう・・・」
ということなのか、ほとんどの窓が閉じられていました・・・

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2011-02-15 23:15 | ◆近江の祭 湖東 | Trackback | Comments(2)

c0196076_22585739.jpg

近江商人の町・・・近江八幡、五個荘、日野では、
いまそれぞれ、町並みを生かしたひな人形の展示がされていますが 
「日野菜パン」を買いにいったついで(?)に、日野の展示を見てきました。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2011-02-15 19:05 | ◆近江の祭 湖東 | Trackback | Comments(6)