タグ:■10月の祭 ( 123 ) タグの人気記事

c0196076_01391174.jpg


播磨の秋祭りでは「神幸祭」が多くおこなわれているといいます。

神霊を御輿に遷して氏子町内を渡御し、夜には還御することが「神幸」ですから
御輿の出てくる祭ではすべて「神幸祭」の一種ということができると思います。
だから、それ自体は珍しいものではありませんが、一見その情緒には独特なものがあります。

一ツ物やシデ振り、芸子、屋台といった「賑わいもの」もよそ者には物珍しく映りますが
「神霊の御幸」というありふれた物語にそれらが絡む、その絡み方が独特なのでしょう。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-10-15 01:26 | ◆播磨の祭 | Trackback | Comments(4)

c0196076_23530040.jpg


高砂神社の秋祭りといえば、祭友「せんべぇさん」の独壇場です。

毎年、ホレボレするような写真と愛情溢れるキャプションとで
この祭りの幅広い魅力を伝えて遺漏がありません。
今年も公式カメラマンとして、3日間、八面六臂の活躍をされていました。

船渡御のあった昨年のブログのシリーズなどは
もうこれさえ見とけばこの祭りの概要が手に取るようにわかるという傑作です。
そんなブログを見慣れていたせいでしょうか、実は見たこともないくせに
すでに見たような気になってしまっていました。 横着なことです(笑)
しかし、その場に身を浸して楽しさを実感するのでなければ
知識だけもってわかった気になっていても何の意味もありません。

10日の「神幸祭」だけですけれど、はじめての高砂神社秋祭りです。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-10-13 14:25 | ◆播磨の祭 | Trackback | Comments(6)

采女祭 後篇

c0196076_23320988.jpg


午後6時から采女神社で春日大社神官による神事がおこなわれ
そのあと、まず中橋怜子さんによる『采女ものがたり』という歌語り。

鷁首の管弦船で猿沢池を一周しながら歌い、語られるのは
世阿弥の謡曲『采女』や『大和物語』、郡山の采女伝説をもとにした創作。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-10-06 00:02 | ◆大和の祭 | Trackback | Comments(4)

采女祭 前篇

c0196076_07425303.jpg

猿沢池のほとりに「采女神社」(春日神社境外末社)という小さな社があり
旧暦8月15日、中秋の名月の下執りおこなわれるこの社の例祭が「采女祭」です。

奈良時代、天皇の寵愛が衰えたことを嘆いた采女(天御門の女官)が猿沢池に入水し
その霊を慰めるために建立されたのが采女神社の由来とされています。

この神社は鳥居を背にした後ろ向きの珍しい建て方で有名ですが
これは入水した池を見るのは忍びないと一夜にして社殿が西を向き
池に背を向けたためこうなったのだという伝説があるそうです。

おそらく、もともとは慎ましやかなお祭りではなかったかと思うのですが
采女に係る伝説が悲劇的でロマンティックなこともあってか
いつの頃からかパレードや関連するアトラクションが加わり
中秋の名月を愛でる観衆がひきもきらない盛大なイベントになっています。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-10-05 15:43 | ◆大和の祭 | Trackback | Comments(0)

再会

c0196076_21374997.jpg

今年の長浜曳山まつり、萬歳楼の「傾城阿波の鳴門 どんどろ大師の場」
主役のお弓ちゃんに恋した人も多いはず・・・僕もそのひとりです(笑)
でも、いくらご贔屓でも、その祭り限りなのが子ども歌舞伎の役者です。

「日本の祭りin長浜」の特別公演で、お弓ちゃんに再会できました・・・

c0196076_21441806.jpg

皆勤賞の小松も米原でもお見かけしなかった市川団四郎師匠。

  「もしや引退」

・・・などとファンの間で不吉な噂が流れるなか
元気なお姿にホッとしました。

  「来年の小松の忠臣蔵はおもしろいよ~~」

・・・とおっしゃっていました(笑)
これは行くしかないですね!

c0196076_21375080.jpg

それにしても・・・キミはホントに小学生の男の子なのか・・・!?

by dendoroubik | 2016-10-29 22:06 | ◇長浜曳山まつり | Trackback | Comments(0)

c0196076_20412327.jpg

「ちんちき山」とも呼ばれる鉾山は午前中から昼すぎにかけて町内を巡行。
昼すぎから4基の金神輿が渡御し、夕方には太鼓神輿が巡行します。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2016-10-20 08:17 | ◆丹波の祭

c0196076_08341416.jpg


寡聞にしてつい最近まで知らずにいたのですが
丹波篠山には「祇園祭に影響を受けた曳山まつり」が多く
廃絶、休止中のものを含めるその数、十指に余るそうです。
自動車で2時間もあればまわれてしまうような範囲で
これだけの曳山まつりが密集するというのはすごいことですね。

なかでも、おそらくいちばん名の知られた
兵庫県篠山市黒岡「春日神社」の秋祭本宮を訪ねました。

10月の第三土曜が宵宮で、翌日曜日が本宮です。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2016-10-19 06:00 | ◆丹波の祭 | Trackback | Comments(0)

c0196076_20124616.jpg


醍醐天皇の御代。 勢力を二分する右大臣菅原道真と左大臣藤原時平。

「道真の養女、苅屋姫が帝の弟、斎世親王と恋仲なのは道真の謀反心のあらわれ」
と時平は帝に讒言。 これを真に受けた帝は道真を大宰府へ左遷してしまいます。

三つ子の兄弟、梅王丸は道真、桜王丸は斎世親王
松王丸は時平に、それぞれ仕える舎人。
敵味方となった三兄弟が、吉田神社に相見ます・・・


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2016-10-17 06:00 | ◆美濃の祭 | Trackback | Comments(0)

c0196076_19553302.jpg

出かけるまえに今年の村国座の芝居の内容をネットで調べていると
『白虎隊秘聞』・・・という聞きなれない外題に出くわしました。

「飯盛山時雨」という副題からも、たいていの内容の察しはつきますが
(おそらく会津の地芝居なのでしょうか・・・?)
岐阜の子ども歌舞伎で、なぜ、いまこれが演じられるのか
まったく見当がつかずに面喰ってしまいました。

その当惑は、見終えたいまもつづいていはいるのですが
こういう珍しいものを見ることができるのも地芝居の楽しみなのですね。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2016-10-16 06:21 | ◆美濃の祭 | Trackback | Comments(2)

村国座奉納子供歌舞伎

c0196076_20512060.jpg


美濃、飛騨地方は地歌舞伎が盛んで全国でも群を抜く29もの保存団体が活躍し
8つもの専用の芝居小屋が現存するそうです。
重要有形民俗文化財に指定される小屋がふたつありそのひとつがこの「村国座」。

岐阜県各務原市おがせ町村国神社境内にあり、祭礼で氏子が奉納する地芝居を上演するため
明治10年に創建されたもので、廻り舞台や花道、奈落まで備えた本格的な農村舞台です。



つづきはこちらから
by dendoroubik | 2016-10-14 22:00 | ◆美濃の祭 | Trackback | Comments(2)