タグ:■子供歌舞伎 ( 105 ) タグの人気記事

c0196076_21374997.jpg

今年の長浜曳山まつり、萬歳楼の「傾城阿波の鳴門 どんどろ大師の場」
主役のお弓ちゃんに恋した人も多いはず・・・僕もそのひとりです(笑)
でも、いくらご贔屓でも、その祭り限りなのが子ども歌舞伎の役者です。

「日本の祭りin長浜」の特別公演で、お弓ちゃんに再会できました・・・

c0196076_21441806.jpg

皆勤賞の小松も米原でもお見かけしなかった市川団四郎師匠。

  「もしや引退」

・・・などとファンの間で不吉な噂が流れるなか
元気なお姿にホッとしました。

  「来年の小松の忠臣蔵はおもしろいよ~~」

・・・とおっしゃっていました(笑)
これは行くしかないですね!

c0196076_21375080.jpg

それにしても・・・キミはホントに小学生の男の子なのか・・・!?

c0196076_20124616.jpg

醍醐天皇の御代。
勢力を二分する右大臣菅原道真と左大臣藤原時平。

「道真の養女、苅屋姫が帝の弟、斎世親王と恋仲なのは
道真の謀反心のあらわれ」・・・と時平は帝に讒言。
これを真に受けた帝は道真を大宰府へ左遷してしまいます。

三つ子の兄弟、梅王丸は道真、桜王丸は斎世親王
松王丸は時平に、それぞれ仕える舎人。
敵味方となった三兄弟が、吉田神社に相見ます・・・


つづきはこちらから
c0196076_19553302.jpg

出かけるまえに今年の村国座の芝居の内容をネットで調べていると
『白虎隊秘聞』・・・という聞きなれない外題に出くわしました。

「飯盛山時雨」という副題からも、たいていの内容の察しはつきますが
(おそらく会津の地芝居なのでしょうか・・・?)
岐阜の子ども歌舞伎で、なぜ、いまこれが演じられるのか
まったく見当がつかずに面喰ってしまいました。

その当惑は、見終えたいまもつづいていはいるのですが
こういう珍しいものを見ることができるのも地芝居の楽しみなのですね。


つづきはこちらから
c0196076_20512060.jpg

美濃、飛騨地方は地歌舞伎が盛んで
全国でも群を抜く29もの保存団体が活躍し
8つもの専用の芝居小屋が現存するそうです。

重要有形民俗文化財に指定される小屋がふたつあり
そのひとつがこの「村国座」。

岐阜県各務原市おがせ町村国神社境内にあり
祭礼で氏子が奉納する地芝居を上演するため
明治10年に創建されたもので
廻り舞台や花道、奈落まで備えた本格的な農村舞台です。



つづきはこちらから
c0196076_08293975.jpg

壽山の 「一条大蔵譚」を見終えて駆け足で向かったのは
もうひとつの当番山、旭山の最初の子ども歌舞伎執行場所。
30分遅れの開演、一番山で三番叟もありますから
ぜんぶはムリでも3分の2くらいは見られるはず・・・

果たして、その通りにはいったのですけれど
走っているうちに舞台上の時間はどんどん先へ進み
権勢を恣にした平家は滅んで、幼かったはずの義経もいまや都落ち・・・

ここは京の都から遠く離れた桜満開の吉野山・・・

つづきはこちらから
c0196076_17133398.jpg

保元平治の乱がおさまり・・・

平氏にあらずんば人にあらず・・・といわれた時代に
源氏の再興に思いを馳せた人々の譚(ものがたり)・・・


つづきはこちらから
c0196076_23181786.jpg

天気予報は雨でしたので、屋根のある「村国座」(岐阜県各務原市)で
かねてから見たかった子ども歌舞伎を見物しようと名神を走っていると
青空が見えてきたので、米原で途中下車・・・曳山子供歌舞伎を2時間。

旭山の外題はお馴染み「義経千本桜 吉野山の段」

この忠信、バツグンにうまかったなあ・・・


c0196076_23181717.jpg

壽山の外題は「鬼一法眼三略 一条大蔵譚」

奇しくも二題とも源氏の物語・・・

c0196076_23181705.jpg

米原から北陸道、名神、東海北陸道を走って1時間強。
はじめての「村国座」(国指定有形民俗文化財)です。

カメラマンの殺伐とした場所取り合戦もなく
多くのところで禁止されている「おひねり」(お菓子)が乱れ飛ぶ
しみじみいい芝居小屋でした。

こちらの外題は珍しい会津の地歌舞伎「白虎隊秘聞 飯森山時雨」

c0196076_20042369.jpg

これもご存じ「菅原伝授手習鑑 車引の場」

小便チビりそうになるほどカッコよかったです。

いいのかな・・・

労せずして、こんないい席で、しかもタダで
こんないいもの見せてもらって、いいのかな・・・?


今回も先達toraさんの指南のおかげで楽しませていただきました。
ありがとうございました。


c0196076_433366.jpg

滋賀県からは、長浜曳山まつりの三番叟。
これもたしか連続の出場だったと思います。

多くの子ども歌舞伎では、
一番山や当番山から三番叟を出すみたいですけれど、
長浜では、数十年まえから、広く町内外から公募して、
最後はクジで決めるようになったそうです。

今年の一番山翁山で、三番叟を演じていたのは、
昨年の一番山猩々丸と同じ男の子。

なんと2年連続でクジを引き当てたのだそうです。

つづきはこちらから
c0196076_026529.jpg

西 町の外題は「辰巳用水命光輝 稲葉左近館之場」
  たつみようすいいのちのかがやき いなばさこんやかたのば

石田寛人氏による新作歌舞伎で、2007年のお旅まつりで十文字町が
「辰巳用水後日誉」という外題で上演していたものの再演なのだそうです。

主人公の板屋兵四郎は実在の人物で、小松出身の加賀藩の天才的土木技師。
奥能登白米の千枚田の灌漑や、金沢辰巳用水の開削でその名を知られていますが、
伝記的な事実は乏しく、
一説には工事の機密漏洩を 危惧した藩によって暗殺された、ともいわれています。

この物語では、あっと驚く奇想天外な結末が・・・

つづきはこちらから
c0196076_23573999.jpg

材木町の外題は「仮名手本忠臣蔵 七段目 一力茶屋」

子ども狂言の人気演目といえば、今でも忠臣蔵。
「碁盤太平記」なども頻繁に見ますが、
おそらくいちばん多いのはこの「仮名手本忠臣蔵」。

昨年の長浜では「九段目 山科閑居の場」
同じく米原では、今年の小松と同じ「七段目」
今年、石川県白山市で、子ども狂言ではありませんが、
「五段」「六段」の人形浄瑠璃を見ました。

最後のは例年の演目なのかもしれませんけれど・・・

つづきはこちらから