c0196076_07001765.jpg

恋した男が新田義峯と知ったお舟。 しかもその男にとって自分は仇の娘。
恋と親への義理の間で揺れる女心が「人形振り」で表されます・・・


つづきはこちらから
# by dendoroubik | 2017-06-12 17:38 | ◇小松お旅まつり | Trackback | Comments(0)

c0196076_07171701.jpg

各地の曳山子供歌舞伎の過去の外題(芸題)を見てみると
『神霊矢口の渡 頓兵衛住家の段』はたびたび上演され
地歌舞伎でとても人気のある演目であることがわかります。

なんといってもこの芝居は主役の「お舟ちゃん」の魅力で決まり
その意味で米原で見た達者な男の子のイメージが忘れられずにいたのですけれど
小松のこの女の子はそれとは真逆なイメージが造形されているにもかかわらず
これからはこの子を基準にこの芝居を見てしまうのかな
というくらい魅力的でした。ほかの踊子役者もすばらしかったです。



つづきはこちらから
# by dendoroubik | 2017-06-11 23:27 | ◇小松お旅まつり | Trackback | Comments(0)

c0196076_07122834.jpg

昨年の秋に滋賀県長浜市でおこなわれた「日本の祭」というイベントで
萬歳楼の『どんどろ大師』再演のため指導に来られていた市川団四郎師匠が
「来年の小松の忠臣蔵はおもしろいよ〜〜」と言われていましたので
いったい何がかかるのか、あれこれ想像してたのですけれど
まさか「玩辞楼十二曲の内 義士外伝『土屋主税』」とは・・・

こりゃあなるほどおもしろくなくないはずありません。


つづきはこちらから
# by dendoroubik | 2017-06-10 22:00 | ◇小松お旅まつり | Trackback | Comments(0)

c0196076_22422885.jpg

吉良邸への討ち入りを明日に控えた元赤穂藩士の大高源吾。
雪のなか俳諧の師匠、宝井其角宅を暇乞いに訪ねます。


つづきはこちらから
# by dendoroubik | 2017-06-09 21:45 | ◇小松お旅まつり | Trackback | Comments(0)

難波神社 菖蒲神事

c0196076_20462397.jpg

梅雨入り宣言がなされた翌日から晴れの日がつづくのはよくあることで
この日の大阪も前日のしとしと雨からの梅雨入り宣言より一転
神事のはじまるお昼まえには徐々に晴れ間がひろがり出し
この時期に咲く「菖蒲」を神前に捧げるお祭りにふさわしい天候となりました。


つづきはこちらから
# by dendoroubik | 2017-06-08 22:15 | ◆摂津の祭 | Trackback | Comments(2)

武将パレードと展示飛行

c0196076_23014435.jpg

今年で4回目を迎える滋賀県長浜市の観光イベント「近世城下町ふるさとまつり」
武将パレードがメインのイベントですが観客がすごく少なかったです。

というのも翌日にお隣の彦根市で彦根城の築城410年記念のイベントがあり
プログラムにはブルーインパルスの展示飛行も盛り込まれていて
前日の土曜日、つまり長浜のイベントがあった日には午後1時からテスト飛行があって
おそらくそちらに観客を奪われたのだと思います。

c0196076_22164463.jpg


かく言う僕も、正午過ぎまで長浜のイベントを見てそそくさと彦根に移動。

時間がおしていましたので市街地まで行く余裕がなく
湖畔沿いのホームセンターの屋上駐車場からら観覧したのですがそこでさえ
武将パレードの観客の数を越える見物人がブルーインパルスを見上げていました。

琵琶湖側から飛んでくるブルーインパルスは彦根城の手前で旋回しますので
期待したお城とのコラボはついぞ見ることができませんでした。
お城の東から見るのがよかったのでしょうが、あとの祭りです。
また本番の日曜日はベストコンディションだったみたいですが前日は風が強く
💛マークも描き終わらないうちに消えてしまったりしてちょっと残念でした。

二兎を追うものは・・・の譬えの典型のような写真を以下に貼り付けておきます。


つづきはこちらから
# by dendoroubik | 2017-06-04 23:22 | ◆近江の祭 湖北 | Trackback | Comments(2)

伏木曳山まつり 後篇

c0196076_22475210.jpg

「かっちゃ」と呼ばれる山車のぶつけ合いは、20時と22時に2ケ所でおこなわれます。

いままでは大通りの「法輪寺前」でしか見たことがありませんでしたが
もうひとつの会場「本町広場」に、鉄パイプで組まれた有料観覧席が設けられていて
まだチケットが残っているようでしたので、ここで見てみることにしました。
見覚えがなかったのも道理で、3年まえにはじめられたもののようです。


つづきはこちらから
# by dendoroubik | 2017-06-03 02:02 | ◆越中の祭 呉西 | Trackback | Comments(0)

伏木曳山まつり 前篇

c0196076_08245145.jpg

六渡寺で獅子舞を見た翌日、小矢部川の左岸、伏木の曳山まつりへ。

2007年にはじめて見て 2009年の「高岡開町まつり」の特別巡行が2度目。
2013年には昼の巡行もはじめて見て、今回はそれにつづいて4度目の見物です。

この祭りの見どころはなんといっても夜におこなわれる
「かっちゃ」と呼ばれる山車同士のぶつけ合いですが
揃いの装束で威勢よく湊町を駆け巡る昼の花山巡行も
様式美と心意気が交錯するたおやかな情に溢れています。


つづきはこちらから
# by dendoroubik | 2017-06-03 01:01 | ◆越中の祭 呉西 | Trackback | Comments(2)

六渡寺の獅子舞 その3

c0196076_19551383.jpg

午後の巡行がおわると宿で長い休憩となります。

その年慶事のあったお宅では花が打たれ獅子舞が披露されます。
一行は日が暮れ切った午後7時過ぎより、それらのお宅へ出向きます。

最後に庄西コミュニティセンターで獅子舞が繰りひろげられます。


つづきはこちらから
# by dendoroubik | 2017-06-01 07:00 | ◆越中の祭 呉西 | Trackback | Comments(2)

六渡寺の獅子舞 その2

c0196076_23292854.jpg

日本でいちばん多く、親しみのある伝統芸能は何かと問われて
「獅子舞」と答えることに異論のある人はあまりいないのではないでしょうか。

しかし、富山県に単身赴任して獅子舞に出会うまで、そのイメージは
「正月に来る伊勢神楽」「頭を噛んで貰うとご利益がある」
「たむけん」(笑)「唐獅子牡丹」「越後獅子(美空ひばり)」
・・・といった、まことに類型的で貧相なものでした。

多彩で豊穣なその世界に瞠目させられました。


つづきはこちらから
# by dendoroubik | 2017-05-31 14:10 | ◆越中の祭 呉西 | Trackback | Comments(2)

六渡寺の獅子舞 その1

c0196076_00415579.jpg

富山県には1200を越える獅子舞の団体があるといわれ
日本一獅子舞が盛んな土地といっても過言ではないと思います。

そんな獅子舞王国富山県でもっとも有名で
人気がある獅子舞のひとつがこの「六渡寺(ろくどうじ)の獅子舞」です。


つづきはこちらから
# by dendoroubik | 2017-05-30 07:00 | ◆越中の祭 呉西 | Trackback | Comments(2)

c0196076_21323250.jpg

実盛は日本史に登場する人物のなかで
もっともカッコいい男のひとりではないかと思います。
『平家物語』もわざわざ一章を割いたうえでその最期を

「錦の袂を会稽山に翻し今の斉藤別当実盛はその名を北国の巷に揚ぐとかや。
 朽ちもせぬ空しき名のみ留め置いて、骸は越路の末の塵となるこそ哀れなれ」

と哀惜を込めて描き出しています。

子供歌舞伎でしばしば『源平布引滝』のこの段は上演されますが
なぜこんなややこしくてグロテスクな物語を演るのか
不思議に思われる方も多いのではないかと思います。
垂井でも前後関係を理解させるためにマンガまで配られていました。

でも、それで話は理解できたとしても・・・

ここで描かれる以上に実盛がカッコいい男だ
という前提を抜きに見ると、やっぱりこれを上演する意味は理解できない
と思うのですがいかがなものでしょうか・・・?


つづきはこちらから
# by dendoroubik | 2017-05-29 08:22 | ◆美濃の祭 | Trackback | Comments(2)

c0196076_06301700.jpg

保元平治の乱がおさまり・・・

平氏にあらずんば人にあらず・・・といわれた時代に
源氏の再興に思いを馳せた人々のお馴染みの譚(ものがたり)。

義朝の愛妾常盤御前は、清盛の愛妾となり
さらに都で「阿呆」と評判の一条大蔵卿長成に再嫁。

この長成の貴公子然とした面持と阿呆面との切り替えが見事!


つづきはこちらから
# by dendoroubik | 2017-05-26 08:00 | ◆美濃の祭 | Trackback | Comments(0)

c0196076_14342291.jpg

たんなる思い込みかもしれませんが
垂井の芸児(と子供役者のことをこちらでは呼びます)を見ていると
全般的にとても抑えの効いた品のよい演技をしているような印象を持ちます。
『どんどろ大師』は3年まえに小松 昨年 長浜で見て
それぞれの「お弓さん」がこれ以上ないとうほどすばらしいものでしたが
大仰なところのないストイックな垂井の「お弓さん」もとても魅力的でした。


つづきはこちらから
# by dendoroubik | 2017-05-25 20:59 | ◆美濃の祭 | Trackback | Comments(0)

小松お旅まつり 2017

c0196076_00574541.jpg

5月半ばの週末におこなわれる石川県小松市の「お旅まつり」へは
これまで土曜日にしか訪ねたことがありませんでした。

この日は八基曳き揃えなどもあって年々イベント性が高まり
子供歌舞伎の自町上演がほとんど見られなかったりしたことから
今年は金曜日と土曜日に見物してみることにしました。


つづきはこちらから
# by dendoroubik | 2017-05-24 06:00 | ◇小松お旅まつり | Trackback | Comments(4)

垂井曳軕まつり 後宴

c0196076_21133433.jpg

本?女人禁制
練込中横断禁止
二階よりの観覧厳禁
文化財の保護
投菓子類の禁止

堅苦しいと思われる向きもあるかもしれませんが
ルール違反を犯すつもりはなくてもルール自体がかわからない
・・・ということも往々にしてあるものですから
垂井のこの成文律は見る側からしてもとてもありがたい。

昨年はじめてこの祭りの「本楽」を見せていただき
その古式の美しさと子供歌舞伎のおもしろさにシビれ
今年は最終日にの「後宴」を覗いてみました。

「本楽」とはまたちがう、大らかな雰囲気が最高でした。


つづきはこちらから
# by dendoroubik | 2017-05-23 20:36 | ◆美濃の祭 | Trackback | Comments(8)

越中八尾曳山祭

c0196076_10225628.jpg

あまりにも「風の盆」が有名すぎるから
・・・ということもあるのかもしれません。
越中八尾のもうひとつの大きな行事「八尾曳山祭り」の知名度は
富山県外では不当に低いようにも思えます。

屋台山に造り替えられてからの歴史が浅いこともあってか
曳山の文化的評価が実質以上に高いとも思えません。

しかし、寸胴のフォルムに過剰なまでの装飾が施された
絢爛豪華な八尾の曳山はやはり独特の美しさを湛えています。

生糸、蚕種、和紙等の生産と取引で繁栄を極めた八尾町人の心意気と
井波彫刻、高岡彫金、城端漆工をはじめとする越中工芸の爛熟とが
慶応から大正時代にかけて奇跡的に結実したのが八尾の曳山なのだと思います。


つづきはこちらから
# by dendoroubik | 2017-05-22 20:26 | ◆越中の祭 呉東 | Trackback | Comments(12)

福野の曳軕

c0196076_04372423.jpg

砺波平野の「夜高まつり」の多くはおそらく
福野に影響を受けておこなわれるようになったものだと思いますが
それらは神事ではなく、五穀豊穣を願う民俗行事です。
おこなわれる時期も福野より1ケ月遅い6月に集中していて
田植えを終えて農作業を休み、牡丹餅や赤飯をつくって田祭りをする
「やすんごと」(「休み」の意味)と行燈行事が結びついたものといわれます。


つづきはこちらから
# by dendoroubik | 2017-05-19 23:43 | ◆越中の祭 呉西 | Trackback | Comments(2)

5月2度目の・・・

c0196076_23191377.jpg

5月2度目の北陸遠征です。

c0196076_23191335.jpg

今度はちゃんとホテルに泊まってます(笑)

# by dendoroubik | 2017-05-12 23:56 | ◇小松お旅まつり | Trackback | Comments(0)

福野夜高祭

c0196076_00591926.jpg

全国的な知名度はそれほど高くありませんが富山県西部、砺波平野には
「夜高(よたか)」と呼ばれる行燈行事がいくつか伝承されています。

笛太鼓のお囃子とともに極彩色の巨大行燈を町中で曳きまわし
ところにより「引き合い」や「突合せ」を行う・・・というものです。
なぜあまり知られていないのかと首を傾げたくなるような
幻想的でとてもエキサイティングな行事です。

そんな「夜高」の起源とされるのがこの「福野夜高」です。


つづきはこちらから
# by dendoroubik | 2017-05-12 00:18 | ◆越中の祭 呉西 | Trackback | Comments(4)