よいお年を!

c0196076_22425030.jpg

佐々成政はどうやって冬の峻厳なこの障壁を越えていったのでしょう・・・?
高い青空を悠々と旅客機が飛び去ってゆきます。

どちらさまもどうぞよいお年を!


by dendoroubik | 2016-12-25 23:03 | Trackback | Comments(20)

アルミニウム

c0196076_20542881.jpg

富山新港の片口地区の「新湊弁財天」。
全長15m、像高9.2メートル。高純度アルミでできています。

このあたりはもともと「放生津潟」と呼ばれる干潟で
昭和42年、富山新港の完成とともに
干潟の中心部の人工島に祀られていた築海竜大明神を現在地に遷座。
1986年、さらにここへ建立されたのが「新湊弁財天」です。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2016-12-24 23:35 | 富山 呉西 | Trackback | Comments(0)

新湊 内川

c0196076_06213495.jpg

雨晴海岸で日の出を拝んだあと
次の予定まで時間がありましたので、早朝の新湊内川を散策してみました。

富山新港の放生津側を西に2キロほど流れて
ふたたび富山湾へ流れ込むこの運河の両岸には漁船が係留され
「日本のベニス」を謳う風情ある港町の風景がひろがっています。
今年の1月に公開された映画『人生の約束』の舞台にもなっていました。



つづきはこちらから
by dendoroubik | 2016-12-24 07:42 | 富山 呉西 | Trackback | Comments(0)

c0196076_23060498.jpg

冬至のこの日の日の出時刻は午前7時。

氷見漁港のセリ見学を30分ほどで切り上げて松田江浜へ行ったものの
雲がかかって立山連峰の輪郭がよく見えません。
雨晴海岸からだと、方角的にギリギリ見えるかと慌てて移動。

c0196076_08383331.jpg

冬至とも思えない高温と雲でスッキリとは拝めませんでしたが
曙光に浮かびあがる剱のシルエットは、やはり感動的でした。

by dendoroubik | 2016-12-23 07:00 | 富山 呉西 | Trackback | Comments(4)

氷見漁港のセリ

c0196076_01051713.jpg

先月25日、氷見魚市場では『ひみ寒ぶり宣言』が出されました。

ブリの大きさ、漁獲量などが一定の条件を満たすと出されるもので
産地偽装が問題となったとき、対策として地域ブランドとして商標登録され
その頃より「いよいよ寒ブリのシーズンがはじまった!」
というPRも兼ねて、おこなわれるようになったのだそうです。

12月21日、冬至の朝「氷見の寒ブリ」で名高い富山県氷見漁港のセリです。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2016-12-22 08:00 | 富山 呉西 | Trackback | Comments(0)

c0196076_07135453.jpg

連休がとれたので、年賀状をつくりに単身赴任先から家に帰りました。
1日目は、妻といっしょに山科へ子ども歌舞伎を見にゆき、年賀状はつくれず。
2日目、取り掛かろうとpcのスウィッチを入れ
「京おでかけ」を何気なく眺めていたら、この日京都中央郵便局で
年賀状受付イベントがあることを知り、行こうかどうか5秒ほど悩んだ挙句
午前中には帰宅して年賀状をつくれるスケジュールだったので、思い付きでGO!


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2016-12-17 23:05 | ◆京の祭 | Trackback | Comments(0)

仮名手本忠臣蔵

c0196076_23282803.jpg

「第八回山科こども歌舞伎」で『仮名手本忠臣蔵』「三段目 松の間刃傷の場」(寺西幼稚園)と
「十一段目 高家討ち入りの場」(山科こども歌舞伎塾)を見ました(東部文化会館)
残念ながら館内は撮影禁止。写真は「山科義士まつり」毘沙門堂からの出発シーンです。



つづきはこちらかまで
by dendoroubik | 2016-12-14 20:00 | ◆京の祭 | Trackback | Comments(6)

大阪義士祭

c0196076_01350069.jpg

北海道から熊本まで、全国に20近い「義士祭」がおこなわれているそうです。

関西では、もっとも有名な「赤穂義士祭」をはじめ
内蔵助の山科閑居のあった岩屋寺・大石神社の「山科義士まつり」
内蔵助が身代り不動尊に参拝していたと伝えられる法住寺の「義士会法要」
不破数右衛門ゆかりの篠山市宗玄寺の「古市義士祭」
浅野家の祈願所であった観音寺「加東市赤穂義士祭」
浅野家ゆかりの「三がく寺」(花岳寺、泉岳寺)のひとつ加西市「久学寺の義士祭」
内蔵助の妻りくの妻の故郷、豊岡市の「豊岡義士祭」
そしてこの「大阪義士祭」と、8つもの「義士祭」がおこなれています。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2016-12-12 03:21 | ◆摂津の祭 | Trackback | Comments(6)

家族の肖像

c0196076_22184542.jpg

内田樹氏と高橋源一郎氏編のナショナル・ストーリー・プロジェクト
『嘘みたいな本当の話』が好きで愛読しています。
文庫版の第二弾が今年の7月に出版されてさっそく読んでいるうちに
僕のまわりで起こった、あるいは小耳にはさんだ
「嘘みたいな本当の話」をいくつか思い出しました。
2人の選者のメガネに適うようなおもしろい話はありません。
でも、ちょっと盛ったところがあったとしても(笑)たいていは実話です。

なお、写真と文章はまったく関係ありません。



つづきはこちらから
by dendoroubik | 2016-12-10 23:05 | 番外編 | Trackback | Comments(2)