c0196076_19534090.jpg

犬山祭りの車山(やま)13輌には、すべてからくり人形があり、上山と呼ばれる最上層で演じられます。
二層目(中山)はからくり人形の操り手、下層(下山)には囃子方が乗り込みます。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2014-10-30 23:30 | ◆尾張の祭 | Trackback | Comments(0)

c0196076_2322244.jpg

今年で380回を迎えた犬山祭。
祭りは桜の季節におこなわれますが、秋の観光イベントで車山(やま)揃えを見ることができます。
昨年は、行くつもりをしながら台風で中止に。今年は秋晴れの下、念願叶って見ることができました。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2014-10-30 03:00 | ◆尾張の祭 | Trackback | Comments(4)

c0196076_18413751.jpg

この唄をご存じでしょうか?

⇒「老人と子供のポルカ」

1970年2月、大阪万博を控え、
日本が高度経済成長に沸きかえっていた頃、リリースされた曲です。
唄っているのは、当時76歳の俳優、左卜全(ひだりぼくぜん)さんと、
劇団ひまわりから選ばれた5人の女の子。

(そのなかのひとりが、のちに「ひだまりのうた」で
ヒットを飛ばすことになる、Le Coupleの藤田恵美さん)

ナンセンスなコミックソングととられがちですが、
歌詞をよく読むと、当時の社会問題への
痛烈なメッセージソングになっています。

ゲバ=学生運動、ジコ=交通事故、スト=ストライキ。

あおりを食うのは、何の罪もない老人と子供ばかりなのだ・・・と。

学生運動もストライキもなりを潜めた昨今、
あいかわらず交通事故ばかりは、彼らを被害者とすることを止めません。

それにしても・・・最近の唄は、
こういう社会的弱者を擁護するものが全くないですね。
「愛」の唄ならまだしも、「自己愛」に溢れた唄ばかりです。

(岐阜県海津市平田)
by dendoroubik | 2014-10-28 18:05 | 番外編 | Trackback | Comments(2)

c0196076_2254569.jpg

完敗でした。

本州最北端の国には、どんな飛び出しくんが待っているのか?

そんな期待を胸に、この夏、勇躍乗り込んだ青森でしたが、
ついぞ一体の飛び出しくんに出会うこともありませんでした。

弘前・・・城下町の佇まいとモダニズムの交錯する、
この魅力的な町並みは、のべ5時間散策しました。
五所川原・・・太宰治と吉幾三を生んだこの町に、
飛び出しくんがいないなんてことはありえない。

でも・・・収穫はゼロ。

敗戦ムード濃厚のまま、
うな垂れつつ入った青森市街でもやはり見つけることができず、
観光客があまり立ち入らないような住宅街の片隅で、
この「飛び出し看板のニオイのするもの」をかろうじて発見。

もしかしたら、飛び出しくんの一体や二体、
どこかにあるのかもしれませんが、
すくなくとも「文化」としては、まったく根付いていないことを実感。


本州最北端の飛び出しくんはいずこに・・・?
by dendoroubik | 2014-10-27 23:20 | 番外編 | Trackback | Comments(0)

c0196076_22235362.jpg

名神高速道路下り草津PA。
「注意」する・・・より前に「癒され」ます(笑)
by dendoroubik | 2014-10-26 22:26 | 番外編 | Trackback | Comments(0)

c0196076_13311314.jpg

午後から古式催しが、三社の神輿のまえで、
前日と同じ順に奉納されてゆきます。

祭り2日目の天気のよい昼下がり、
昼食後ということもあり、
睡魔に勝てない子供たちがいっぱいいたって、
そりゃあ、誰も責めることなどできません・・・。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2014-10-25 00:43 | ◆近江の祭 湖南 | Trackback | Comments(4)

c0196076_10543431.jpg

2日目は、本殿にて神幸の儀のあと、
1000人余りの一行が御旅所まで御神幸を行います。

前日は九村の子供たちだけが奉納芸を行いましたが、
この日は余郷からケンケト祭りの子供たちも参加し、
いっそう華やかさが増します。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2014-10-23 02:04 | ◆近江の祭 湖南 | Trackback | Comments(0)

c0196076_05181129.jpg

滋賀県蒲生郡竜王町。
雪野山と鏡山のあいだの平野部に鎮座する苗村(なむら)神社。
近郷33ケ村にわたって氏子を有する総社です。
春と秋の例祭のほかに、古来、氏子三十三ヶ村列座の大祭が行なわれていましたが
慶長四年(1599年)に33年に一度に改められ
今年、そこから数えて13回目の式年祭が行われました。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2014-10-18 00:38 | ◆近江の祭 湖南 | Trackback | Comments(2)

c0196076_8144710.jpg

滋賀県米原市湯谷神社の祭礼米原曳山まつりでは、
体育の日の前々日の宵宮から、前日の本楽、後宴までの3日間、
曳山のうえで子供歌舞伎が演じられます。

今年は同じ日程で、滋賀県竜王町・苗村神社の、
33年に1度おこなわれる式年大祭があり、
2日間、これを見に行っていたために、
子供歌舞伎をじっくり鑑賞することができませんでした。

ただ、やっぱりどうしても見たくて、
式年大祭の初日を途中で切りあげ、
松翁山の午後6時の宵宮最終公演に滑り込みました。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2014-10-15 13:52 | ◇米原曳山まつり | Trackback | Comments(2)