<   2013年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

c0196076_6413761.jpg

神戸元町、旧居留地38番街、旧ナショナル・シティ銀行神戸支店は
W・M・ヴォーリズによる設計で1928(昭和3)年竣工。

久しぶりに訪ねてみると
エントランスに掲げられた白黒のチェッカーフラッグが
見慣れない紅いフラッグに変わっています。

  「あれっ?」

と思ってよくみてみると、いつの間にかエルメスになっていました。

窓辺に飾られていたプランターなども撤去され、全体にシブい雰囲気に。
80年以上まえの建造物が、いまもそのまま使われ、
しかもますますその魅力に磨きをかけているのを見るのは嬉しいものですが
大丸神戸店の南第一別館時代にくらべ、ちょっと中に入り辛くなりました・・・
by dendoroubik | 2013-10-31 09:08 | 兵庫 | Trackback | Comments(0)

c0196076_21342490.jpg

飛び出し坊やを設置するには、道路管理者の
「道路占用許可」が必要なんだそうですが、

  「子供たちを交通事故から守る」

・・・という「大義名分」というか「善意」のまえに、
無許可でも黙認されることがほとんどなのだとか。

同じ理由で、著作権侵害を
指摘されるケースもほとんどありません。

c0196076_21385273.jpg

おそらく、やなせたかしさんに
著作権料が支払われたとも思えませんが(笑)
あなたの創造したヒーローは、
今日も滋賀県の子供たちの安全を見守っています。  


ご冥福をお祈りいたします。
by dendoroubik | 2013-10-24 22:00 | 番外編 | Trackback | Comments(2)

c0196076_10562821.jpg

大津祭の翌週末、お囃子に替わって
ジャズの音色が大津の市街地に溢れました。

今年で5回目を迎える「大津ジャズフェスティバル」

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2013-10-23 11:35 | ◆近江の祭 大津 | Trackback | Comments(9)

c0196076_209332.jpg

「唐橋を制する者は天下を制する」

琵琶湖が唯一 流れ込む川、瀬田川。

その河口に架かる唐橋は、
古来、幾多の戦いの舞台となってきました。

壬申の乱、恵美押勝の乱、
治承・寿永の内乱、承久の乱、建武の戦い・・・。

平成25年10月、この橋で東西分かれて綱引き合戦を行うという、
実にバカバカしいイベントがありました(笑)

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2013-10-19 23:50 | ◆近江の祭 大津 | Trackback | Comments(8)

c0196076_639354.jpg

大津祭は天孫神社の祭礼。

曳山祭礼は、江戸時代初頭にはじまりますが、
当時は「曳山」と「練り物」(つくりものによる仮装行列)
が参加して巡行がおこなわれていたようです。

「練り物」の方は明治初頭になくなり、曳山13基が現存。
新町の布袋は現存する唯一の「練り物」ですが、
宵宮と本祭の2日間飾られ、巡行はしません。

つづきはこちちらから
by dendoroubik | 2013-10-18 07:26 | ◇大津祭 | Trackback | Comments(2)

c0196076_23231541.jpg
          
昨日は、daigoさんと大津祭を見にゆきました。

昼食からの帰り、旧大津公会堂のまえで、
大津市観光マスコットキャラ、大津光ルくんと遭遇。

大津祭のマスコットキャラ、ちま吉くんへの遠慮からか、
こんな人通りの少ないところに・・・

c0196076_23235294.jpg
          
ちま吉くんは、大人気でした。

歌まで、できてるんですね。
宵宮の物販ブースでしきりに流れていたので、覚えてしまいました・・・
by dendoroubik | 2013-10-17 08:59 | 滋賀 大津 | Trackback | Comments(0)

c0196076_7115213.jpg

大津祭の宵宮。

13ケ所ある会所から、ピーヒャラ、ピヒャラ

・・・心浮き立つお囃子が聞こえてきます・・・。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2013-10-16 00:54 | ◇大津祭 | Trackback | Comments(4)

c0196076_23562751.jpg

胸や腰に締め太鼓を吊り下げて
打ちながら踊る風流系の民俗芸能「かんこ」踊りは、
三重県各地で盛んに伝承されているものが特に著名ですが、
石川県、福井県、山口県などでも多く行われているようです。

雨乞いの太鼓踊りなど、呼び名はちがっても、
おそらく起源を同じくするものも含めると、
さらに広範囲にわたって伝承されてるのではないかと思います。

「白峰かんこ踊り」は、白山を開山した
泰澄大師を迎えにいった地元の人々が、
彼の帰還を喜んで踊りまわったのがはじまりといわれます。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2013-10-06 22:01 | ◆日本の祭り | Trackback | Comments(0)

c0196076_0332223.jpg

「雄勝法印神楽(おがつほういんかぐら)は、宮城県石巻市に伝わる民俗芸能の神楽。
600年以上の歴史があるといわれます。(国指定重要無形民俗文化財)

地元で「法印さん」と呼ばれた修験者たちにより伝えられたもの。

明治以降は、陸中地方では伝承が衰えますが
南三陸沿岸にあたる雄勝では、近隣の「法印さん」たちによって伝承され、
戦後、保存会が結成、継承されています。

3.11では雄勝町も甚大な被害を受け、面や衣装もほとんど流失しながら、
伝統の火を消すまいと、現在も活躍をつづけておられます。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2013-10-06 22:00 | ◆日本の祭り | Trackback | Comments(0)