<   2010年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

富山空港

c0196076_2159777.jpg

「こきりこ」の竹は七寸五分と決まっています。
それより長いと袖にひっかかって、邪魔になりますよね。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2010-04-27 22:21 | 富山 呉東 | Trackback | Comments(4)

c0196076_17294699.jpg

先週の金曜日にリニューアルオープンした
旧大津公会堂へ、妻と昼飯を食べに行きました。

つづき
by dendoroubik | 2010-04-26 18:27 | ◇大津百町 | Trackback | Comments(9)

c0196076_21142669.jpg

「ほんがら」といのは、京言葉で「からっぽ」の意味ですね。
書店で水野馨生里さんの『ほんがら松明復活』
という本が平積みされているのを見て
「京都の行事案内かな?」と思い手に取ってみると
滋賀は近江八幡・島町の話なのでした。

4月から5月にかけて、近江八幡近辺では、
有名な「八幡まつり」をはじめ、
さまざまな松明まつりが行われます。

この本で紹介されている島町の
若宮神社の春の祭礼で行われる
松明まつりのことは知りませんでした。
たぶん地元の方以外、
あまり知られていなかったお祭だと思います。

「ほんがら」と呼ばれる松明は、
つくるのに手間がかかるため、
50年前からつくられなくなり
「どんがら」とここでは呼ばれる松明で
お祭じたいははつづけられていたそうです。

その「ほんがら」が2007年復活した様子を描いた
ドキュメンタリー映画『ほんがら』があるそうなのですが、
この頃、滋賀を離れていたので見逃しました。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2010-04-20 06:51 | ◆近江の祭 近江八幡 | Trackback(1) | Comments(3)

c0196076_18543042.jpg

14日の午前8時半、西本宮の例祭に先立って、
東本宮の例祭が行われます。

山王祭は、約1300年前、大和国の大己貴神を勧請し、
遷座したとき、里人が大榊を捧げたことにはじまるといわれますが、
東本宮はそれ以前から鎮座する根本の社です。

西本宮とはうって変って、
参列者が10名にも満たないような、静かな例祭です。
御簾があげられ、扉が開かれると・・・

  「おぉー、おぉー、おぉー」

と どこか悲しげな声(神をお迎えする
「警蹕三声」・・・けいひつさんせい
・・・というらしいです)が杜に響き渡ります。
by dendoroubik | 2010-04-19 19:43 | ◇山王祭 | Trackback | Comments(0)

山王祭 西本宮例祭

c0196076_17542578.jpg

14日の朝、西本宮、
ついで東本宮で例祭がおこなわれます。

日吉大社の宮司、神職と比叡山延暦寺の天台座主、
高僧による珍しい神仏一致の行事です。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2010-04-19 18:38 | ◇山王祭 | Trackback | Comments(2)

c0196076_13311568.jpg

大榊の還御が終わると、
いよいよ本日いちばん華やかな神輿のお練りが始まります。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2010-04-19 14:24 | ◇山王祭 | Trackback | Comments(0)

大津 山王祭 大榊還御

c0196076_221941.jpg

「湖国三大祭」というのは 長浜曳山まつり と、
10月の大津祭<、それにこの山王祭をいうそうです。

水口や八幡の方々には、異論もあるでしょうが・・・

山王祭は 「山」 「里」 「湖」を
1ケ月半にわたって駆け巡る 勇壮なお祭<です・・・

が・・・このお祭・・・

12日の「牛の神事」や13日の「花渡り神事」 「宵宮落とし」
1 4日の 「 大榊還御」 「「神與神幸」などの神事が著名ですが、
いったいどういう祭なのか、さっぱりわかりませんでした。

今年、3月末・・・祭のクライマックス直前、
山口幸次さんが書かれた 『山王祭-山を駆け湖を渡る神輿たち-』
という、これ以上ないというすばらしい解説書が出版されました。

さっそく購入し一読「なるほど!」のオンパレードでしたが・・・
読み終わったあとも 「これでわかった!」
どころか、ますますわからなくなりました(笑)

それほど複雑な祭りです。

ものすごく乱暴に要約すると・・・

 「二柱の神が結婚し、
 子供が生まれるシーンをドラマティックに表した祭」

と言うことになるかもしれません。
(この要約は、乱暴すぎます・・・)

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2010-04-18 23:59 | ◇山王祭 | Trackback | Comments(0)

長浜曳山まつり 御旅所

c0196076_22553311.jpg

各町から・・・
(来年の当番山は「曳山博物館」から・・・)
次々に曳山が御旅所に集まってきます。

午後4時過ぎ・・・本日3ケ所での子供歌舞伎公演を終えた
今年の当番山が、最後の奉納をしに、御旅所へやってきます。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2010-04-17 23:15 | ◇長浜曳山まつり | Trackback | Comments(0)

長浜曳山まつり 曳山

c0196076_20232335.jpg

北町組の「青海山」の見送り幕。

この曳山には、中国明代の官服仕立てのものと
「飛燕に波図」と「飛龍に青海波」の3枚があるそうです。

(今回は「飛龍に青海波」が掛けられています)

大人の法被が「青海波」で子供の法被が「波図」でしょうか。

曳山をきしらせながら曳行の調整
をしている人々の後ろ姿が、波のうねりのようで見事でした。

今年は、長浜市合併記念で、
全十三基中、修理中の月宮山を除く
十二基が御旅所で勢揃いしました。

非番の曳山は各町の曳山庫から、
来年の出番山は曳山博物館から、
今年の当番山は八幡宮から各例席で
歌舞伎を上演したあと、御旅所へ集まってきます。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2010-04-16 21:18 | ◇長浜曳山まつり | Trackback | Comments(6)