「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:◆近江の祭 大津( 40 )

c0196076_1246556.jpg

本日、近江神宮でおこなわれた
「第62期名人位・第60期クイーン位 決定戦」

駐車場に「福井新聞」の社用車をはじめ、
福井ナンバーの車を何台か見かけました。

福井県は競技かるたが盛んなことが知られていますが、
名人位の挑戦者、川崎8段も南越前市の方。

初防衛を果たした坪田クィーンのご主人も、
福井県のご出身で、そのお姉さまはなんと、
人気コミック「ちはやふる」の担当編集者・・・なのだそうです!

つづきはこちらから
c0196076_22317.jpg

ちょっと時間が経ってしまいましたが・・・

大津祭の翌週、大津ジャズフェスティバルへ・・・

つづきはこちらから
c0196076_181575.jpg

3月26日、大津市で比良八講の法会が営まれました。

午前9時まえ、長等の本福寺で法要のあと、
浜大津へ向けて一行が出発。市中を練ります。


つづきはこちらから
c0196076_18111094.jpg

比叡山延暦寺の門前町、大津市坂本。
紅葉が見頃を迎えた11月の3連休、
「ときめく比叡山坂本」という観光イベントがあり、
初日に少し覗いてみました・・・。

つづきはこちらから
c0196076_22593537.jpg

7月27、28日は地元大津市、唐崎神社のみたらし祭りです。

平安時代、びわ湖から淀川に至る
七ヶ所が祓えの場所に定められ、
その第一処がこの唐崎神社でした。

奈良時代に創建されたというこの神社で、
いつからこの祭りがおこなわれるようになったか、
詳らかにしませんが、
おそらく、その祓祭の名残りから、
夏越の祓がおこなわれるようになった、
・・・のではないか、と思います。

つづきはこちらから
c0196076_14192196.jpg

6月10日は「時の記念日」。

1920年に東京天文台と生活改善同盟会によって制定。
6年後には制定100年を迎えます。

日本国民に、

時間をきちんと守り、欧米並みに生活の改善・合理化を図ろう

・・・という啓蒙的な意図をもって制定されたそうですが、
今となっては、もうちょっと余裕をもった方がいいのでは、
と、違和感を覚えないでもありません(笑)

つづきはこちらから
c0196076_1340100.jpg


大津宿から東海道と分かれ、びわ湖の西側を通り
北陸へ至る西近江路。(北国海道)

現在は国道161号線となって、大津市と福井県敦賀市を繫いでいますが
湖西には、国道のルートから外れ
旧街道の面影を残す古い町並みが、いくつか残されています。

大津宿から琵琶湖疏水に架かる北国橋を渡り、北へつづく街道筋にある尾花川も
そんな風情をいくぶんとどめています。

1月14日の夜、尾花川でおこなわれる
蛇(じゃ)の顔見世(かおみせ)という行事を覗いてみました。


つづきはこちらから
c0196076_13281660.jpg
滋賀県大津市下阪本の酒井神社で、
毎年11月22日の夕刻、まいどこという神事がおこなわれます。

学校を終えた児童たちが、手に御幣を持ち、
順番に吽形阿形の面を被りながら、
酒井神社から、旧社地へ参拝し、再び戻ってくる。

・・・たったそれだけの神事です。

行き帰りに子供たちが唄う歌が、とても不思議です。

 まいどこ まいどこ 藁 三把 出ーさんモンは
       ツーラに毛ぇが いっぱい 生よ 生よよー


つづきはこちらから
c0196076_10562821.jpg

大津祭の翌週末、お囃子に替わって
ジャズの音色が大津の市街地に溢れました。

今年で5回目を迎える「大津ジャズフェスティバル」

つづきはこちらから
c0196076_209332.jpg

「唐橋を制する者は天下を制する」

琵琶湖が唯一 流れ込む川、瀬田川。

その河口に架かる唐橋は、
古来、幾多の戦いの舞台となってきました。

壬申の乱、恵美押勝の乱、
治承・寿永の内乱、承久の乱、建武の戦い・・・。

平成25年10月、この橋で東西分かれて綱引き合戦を行うという、
実にバカバカしいイベントがありました(笑)

つづきはこちらから