カテゴリ:◆武蔵の祭( 2 )

c0196076_03541975.jpg

あまり馴染みのない祭りを見るというのも楽しいものです。

「板橋の田遊び」(重要無形民俗文化財)は
平安から鎌倉時代にかけて流行した「田楽舞」がルーツといわれ
そういった意味では、馴染みがなくもないように思われますが
何百年を経るうちに、土地の習俗と融合して
独自の雰囲気を醸していますので、やっぱり「未知」の祭りでした。

ステージで見るのと、本番とでは自ずと風情は異なるでしょうが
この行事が、夜におこなわれているということで
その神秘的な様相は、容易に想像がつきます。
かつてこの行事が「秘事」であったことが夜におこなわれる理由で
種まきから収穫に至る稲作の作業を「再現」してゆきます・・・


つづきはこちらから
c0196076_2084889.jpg

七夕を挟んで3日間開催される入谷鬼子母神の朝顔市と共に、
江戸っ子の園芸好きを知ることができる催しです。

つづきはこちらから