c0196076_05180016.jpg


今年で47回目を迎える「出石お城まつり」は「大名行列」や「歌舞伎役者のお練り」以外にも
小中学生の音楽パレードやよさこい、馬頭琴や太鼓の演奏などさまざまなイベントがあります。
すべてをみることは畢竟できませんでしたけれど、はじめて訪ねる出石の町をぶらぶらし
名高い出石皿蕎麦を賞味したりしながら、半日まったりと過ごさせていただきました・・・


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-11-09 06:30 | ◆但馬の祭 | Trackback | Comments(0)

c0196076_22333848.jpg


ずいぶん以前から「出石お城まつり」へ行ってみたいと思っていました。

でも、思い立ったときから時間が経ちすぎて
どうしてこの祭りに行こうとしていたのかさえ思い出せなくなっていました。
ようやく行けそうになった今年も、前日、下呂へ往復9時間の日帰りをしたこともあり
ゆっくり休もうか、それとも、3年に一度しかおこなわれない別な祭りへ行こうか
当日の朝まで決めかねていたくらいです。

なぜこの祭りに興味をもったのかを思い出したのは
胡乱なことに祭りを見ていた最中・・・それもかなり後半のことでした。

そうだ。 奴振り(槍振り)が見たかったんです!(笑)


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-11-07 01:36 | ◆但馬の祭 | Trackback | Comments(2)

c0196076_08312940.jpg


明治時代に建てられた芝居小屋としては、現存する近畿最古のものといわれる「永楽館」
10回目の公演を翌日に控えた3日「出石お城まつり」で役者のお練りがおこなわれました(兵庫県豊岡市出石)


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-11-06 08:46 | ◆但馬の祭 | Trackback | Comments(0)

湯村の火祭り

c0196076_06375857.jpg

ジーロンボ、ターロンボ、ムーギノナーカノクーロンボ
(次郎坊、太郎坊、麦の中の黒ん坊)

春来川の両岸を取り囲んだ子どもたちが点火されたトーチ棒をまわしながら囃します。

兵庫県美方郡新温泉町の「湯村の火祭り」です。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-08-27 06:59 | ◆但馬の祭 | Trackback | Comments(0)

百手の儀式 後篇

c0196076_17423308.jpg


午後3時半、裃姿に威儀を正した村人たちが、平氏の蝶紋の染め抜かれた赤い幟を先頭に頭屋から出発。
「ひかえー、ひかえー、脇によれー」・・・と唱和しながら集落を抜けて平内神社へ向かいます。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-01-30 15:19 | ◆但馬の祭

百手の儀式 前篇

c0196076_07034005.jpg

寿永四年、壇ノ浦に滅んだ平家一門。

『平家物語』では、兄の経盛とともに入水したとされる門脇宰相 平教盛は
伊賀氏、矢引氏、伊賀氏らとともに隠岐対馬へ逃れゆく途次、嵐に遭遇し
断崖絶壁の打ちつづく山陰海岸、但馬の御崎(みさき)に漂着。
十七人がここに土着した・・・という「伝説」が香住にはあるそうです。

平家の落人伝説は全国各地にありますが但馬にも多く
とくに香住地区には、5ケ所もの平家伝承集落が残り
現存する門脇家、矢引家は土着した落人の子孫といわれます。

彼らが平家再興を期して密かにはじめた・・・とされるのがこの儀式です。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-01-29 22:00 | ◆但馬の祭 | Trackback | Comments(4)