カテゴリ:◇小松お旅まつり( 25 )

c0196076_03030253.jpg

よく言われることですけれど曳山子供歌舞伎の期間中
ごく短い時間で子供役者が成長する姿には目を瞠るものがあります。
そのスピードは『ジャックの豆の木』の豆の木を凌ぐかもしれません。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-06-13 21:41 | ◇小松お旅まつり | Trackback | Comments(0)

c0196076_07001765.jpg

恋した男が新田義峯と知ったお舟。 しかもその男にとって自分は仇の娘。
恋と親への義理の間で揺れる女心が「人形振り」で表されます・・・


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-06-12 17:38 | ◇小松お旅まつり | Trackback | Comments(0)

c0196076_07171701.jpg

各地の曳山子供歌舞伎の過去の外題(芸題)を見てみると
『神霊矢口の渡 頓兵衛住家の段』はたびたび上演され
地歌舞伎でとても人気のある演目であることがわかります。

なんといってもこの芝居は主役の「お舟ちゃん」の魅力で決まり
その意味で米原で見た達者な男の子のイメージが忘れられずにいたのですけれど
小松のこの女の子はそれとは真逆なイメージが造形されているにもかかわらず
これからはこの子を基準にこの芝居を見てしまうのかな
というくらい魅力的でした。ほかの踊子役者もすばらしかったです。



つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-06-11 23:27 | ◇小松お旅まつり | Trackback | Comments(0)

c0196076_07122834.jpg

昨年の秋に滋賀県長浜市でおこなわれた「日本の祭」というイベントで
萬歳楼の『どんどろ大師』再演のため指導に来られていた市川団四郎師匠が
「来年の小松の忠臣蔵はおもしろいよ~~」と言われていましたので
いったい何がかかるのか、あれこれ想像してたのですけれど
まさか「玩辞楼十二曲の内 義士外伝『土屋主税』」とは・・・

こりゃあなるほどおもしろくなくないはずありません。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-06-10 22:00 | ◇小松お旅まつり | Trackback | Comments(0)

c0196076_22422885.jpg

吉良邸への討ち入りを明日に控えた元赤穂藩士の大高源吾。
雪のなか俳諧の師匠、宝井其角宅を暇乞いに訪ねます。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-06-09 21:45 | ◇小松お旅まつり | Trackback | Comments(0)

小松お旅まつり 2017

c0196076_00574541.jpg

5月半ばの週末におこなわれる石川県小松市の「お旅まつり」へは
これまで土曜日にしか訪ねたことがありませんでした。

この日は八基曳き揃えなどもあって年々イベント性が高まり
子供歌舞伎の自町上演がほとんど見られなかったりしたことから
今年は金曜日と土曜日に見物してみることにしました。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-05-24 06:00 | ◇小松お旅まつり | Trackback | Comments(4)

5月2度目の・・・

c0196076_23191377.jpg

5月2度目の北陸遠征です。

c0196076_23191335.jpg

今度はちゃんとホテルに泊まってます(笑)

by dendoroubik | 2017-05-12 23:56 | ◇小松お旅まつり | Trackback | Comments(0)

c0196076_026529.jpg

西 町の外題は「辰巳用水命光輝 稲葉左近館之場」
  たつみようすいいのちのかがやき いなばさこんやかたのば

石田寛人氏による新作歌舞伎で、2007年のお旅まつりで十文字町が
「辰巳用水後日誉」という外題で上演していたものの再演なのだそうです。

主人公の板屋兵四郎は実在の人物で、小松出身の加賀藩の天才的土木技師。
奥能登白米の千枚田の灌漑や、金沢辰巳用水の開削でその名を知られていますが、
伝記的な事実は乏しく、
一説には工事の機密漏洩を 危惧した藩によって暗殺された、ともいわれています。

この物語では、あっと驚く奇想天外な結末が・・・

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2016-05-24 10:47 | ◇小松お旅まつり | Trackback | Comments(0)

c0196076_23573999.jpg

材木町の外題は「仮名手本忠臣蔵 七段目 一力茶屋」

子ども狂言の人気演目といえば、今でも忠臣蔵。
「碁盤太平記」なども頻繁に見ますが、
おそらくいちばん多いのはこの「仮名手本忠臣蔵」。

昨年の長浜では「九段目 山科閑居の場」
同じく米原では、今年の小松と同じ「七段目」
今年、石川県白山市で、子ども狂言ではありませんが、
「五段」「六段」の人形浄瑠璃を見ました。

最後のは例年の演目なのかもしれませんけれど・・・

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2016-05-21 23:44 | ◇小松お旅まつり | Trackback | Comments(4)

c0196076_005218.jpg

子ども歌舞伎が演じられる小松の曳山は、
安永5 年(1776) 近江長浜長浜より譲り受けた古い曳山を、
加賀の伝統工芸を駆使して改良発展したものといわれます。

それ以前にも、小松の「お旅まつり」では、
すでに曳山が造られて曳きまわされていたそうで、
その記録の初見が明和3年(1766)
そこから数えて今年が250年ということになります。

記念すべき「曳山250年」の今年、土曜日に、
お馴染みのせんべぇさんと小松へ出かけました。
現地で、達人toraさんとも合流です。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2016-05-17 22:00 | ◇小松お旅まつり | Trackback | Comments(2)