カテゴリ:◇勝山左義長まつり( 61 )

c0196076_23141068.jpg

福井県勝山市「勝山左義長まつり」へ。

3度目の今年は、二泊三日、初日の午前中から、
祭りの翌日の午前中、櫓や装飾物が片づけられ、
町が日常へと戻るまで祭りを堪能させていただきました。

この左義長まつり・・・

1度目と2度目は「楽しい祭り」だと思ってたのですが、
3度目の今回、それはまちがった感想だと気づきました。

「勝山左義長まつり」は「楽しい祭り」ではなく、
「楽しすぎる祭り」だったのです。

どうちがうのか・・・って話ですけど(笑)

c0196076_23213250.jpg

昨年の新聞報道では、見物人の数は10万人、
今年は、13万人とありました。
天気がよかったこともあったのかもしれませんが、
一度訪れた人が、繰り返し訪れたくなる証拠ですね。
実際、去年来たらよかったのでまた来た、
・・・という方に何人も出会いました。

c0196076_1042520.jpg

日本中の祭りを見たわけではないので、
いちばん「楽しい祭り」がどれなのかわかりません。
(そんな詮索をすることじたいが野暮ですが・・・)

ただ、日本で「いちばん楽しすぎる祭り」であることは、
おそらく、まちがいないように思えます。

12の櫓で2日間、こんな笑顔の花が咲き乱れます。
そりゃあ、楽しすぎないわけないですね。

c0196076_225979.jpg

子供たちが櫓の上で
太鼓を叩いて(浮いて)>いるのを眺めていると、

 「笑顔で浮いている」

・・・というよりも、

 「笑顔(そのもの)が浮いている」

・・・ようにすら思えてきます。

c0196076_23493426.jpg

昨年にひきつづき、
"SENBEI-PHOTO"のせんべぇさん
"旅と祭りのフォトログ"のtoraさん
とご一緒させていただきました。

土曜日には、金沢から、
"a whim photo life"のノチさん
"yukaのプチ旅ブログ" のyukaさん
の美女ふたりも初参戦。

ふだんの祭り見物は、たいてい一人ですので、
仲間といっしょというのは、とても刺戟的でした。
お付き合いいただき、ありがとうございました!


そして、優しき心意気に溢れた勝山の皆様
今年もすばらしい祭りをありがとうございます!

金銭をかけて、それに見合った経済効果を期待することを
「おもてなし」だと勘違いしている人々に、
勝山の祭りを見せてあげたい気がします・・・。
by dendoroubik | 2014-02-25 23:53 | ◇勝山左義長まつり | Trackback | Comments(8)

c0196076_1637757.jpg

奥越に春を呼ぶ奇祭、
勝山左義まつりは2月の最終土日の開催。
2014年は2月22、23日。あと100日を切りました。

(96・・・という数字に特に意味はありません)

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2013-11-20 18:52 | ◇勝山左義長まつり | Trackback | Comments(0)

c0196076_0282643.jpg

10月5、6日、金沢でおこなわれた「日本の祭りin石川 2013」。
初日、メイン会場「本多の森ホール」に、勝山左義長ばやしが鳴り響きました。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2013-10-06 21:51 | ◇勝山左義長まつり | Trackback | Comments(6)

c0196076_0401065.jpg

毎年、2月の最終土日におこなわれる、
奥越・勝山の奇祭「左義長まつり」。
昨年につづいて2度目の訪問となりました。

この祭りを見てみたい・・・と思ったきっかけは、
トラさんのこのブログ記事⇒ 「旅と祭りのフォトログ」

これがよかった。

ちがう写真ではじめて知ったとしたら、
果たして行こうと思ったかどうか。
興味を持ったかどうかさえ、わかりません。

どうしてこの祭りにこれほど惹かれるのかを
ひとことで説明することはできませんが、
とても人情に溢れた祭りで、
トラさんの記事にはそこが巧みに織り込まれていました。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2013-03-07 19:00 | ◇勝山左義長まつり | Trackback | Comments(7)

c0196076_23492456.jpg

ひよっとしてこの子たちは
「オギャア」と泣いて生まれてきたのではなく、
こんな笑顔のままで生まれてきたのではないか?

・・・と、そんなことを考えてしまうくらい、
自然で素敵な笑顔のこの地区の子供たち・・・。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2013-03-05 20:53 | ◇勝山左義長まつり | Trackback | Comments(6)

c0196076_734121.jpg

「ふれ太鼓」のあと、
中後地区の櫓のうえから餅まきをする中尾彬さんと池波志乃さん。

ご夫妻は「勝ち山おろしろば観光特使」
をお務めになっておられるのだそうです。

そういえば、お二人が並んで
蕎麦を食べているポスターを町なかで見かけました。
櫓のまえに似顔絵を描いた
行燈を掲げている地区もありましたね~
by dendoroubik | 2013-03-04 12:00 | ◇勝山左義長まつり | Trackback | Comments(2)

c0196076_21413883.jpg
 
 
みんなみんな
    わらいの花につつまれながら
       浮かれて踊ろ 浮かれて踊ろ


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2013-03-04 00:00 | ◇勝山左義長まつり | Trackback | Comments(2)

c0196076_1982540.jpg

町じゅうう縦横に張りめぐらされたカラフルな左義長の短冊・・・

時折、思い出したように吹きおろす吹雪に
ハタハタとたなびくのを見ると

 「左義長に来た!」

・・・と、テンションがあがってしまいます。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2013-03-03 00:00 | ◇勝山左義長まつり | Trackback | Comments(0)

c0196076_011257.jpg

櫓のうえで陽気に浮いている様子を眺めていると、
まるで夜っぴきでおこなわれる祭りのような錯覚をおぼえます。

でも、さすがに2月におこなわれるだけあって、
すべての櫓は午後10時までにはお囃子を終了します。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2013-03-02 19:00 | ◇勝山左義長まつり | Trackback | Comments(6)