c0196076_18451246.jpg

兵庫県尼崎市の大覚寺では昭和28に「狂言」が復興される際
京都壬生狂言から指導を受けたといわれています。

壬生寺の節分会で必ず上演されるという演目「節分厄払」は
大覚寺の節分会でもやはり上演されます。内容はほぼ同じです。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-02-08 23:00 | ◆摂津の祭 | Trackback | Comments(0)

c0196076_21550824.jpg

『橋弁慶』は、御存じ五条大橋上での弁慶と牛若丸出会いの物語。

千人斬りを弁慶の所行とする、お馴染みの物語とはちがい
もとになった能楽の通り、牛若丸が大暴れをしている設定です。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-02-08 22:00 | ◆摂津の祭 | Trackback | Comments(0)

c0196076_23272633.jpg

大覚寺の節分会でいちばん最初に上演されたのは「閻魔庁」

インパクトのあるヴィジュアルで善懲悪、因果応報の理を教える
「壬生狂言」に倣ったセリフのない「身振り狂言」です。

この番組は、朝一の豆まきに参加した近隣の幼稚園児も観覧していました。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-02-08 21:00 | ◆摂津の祭 | Trackback | Comments(2)