天神祭 陸渡御 前篇

c0196076_09124918.jpg

「日本三大祭り」の三番目に何を入れるかは異論のあるところでしょうけれど
京都の祇園祭と大阪の天神祭とを挙げるのは衆目の一致するところでしょう。

6月下旬から1ケ月に亘り諸行事がおこなわれますが
祭りのメインはなんどいっても25日の「陸渡御」と「船渡御」。





c0196076_08503661.jpg

「大阪三大夏祭」といわれる「生玉夏祭」「住吉祭」とくらべても見物客の数は桁違いです。
この3つを部外者が見物してどれがおもしろいと思うかは個人の好みの範疇に属することですが
これほど見物人の数に差があるというのは「おもしろさ」ということよりも
天神祭が多くの大阪人にとって特別な意味合いをもったものだということを表しているのだと思います。

c0196076_08503596.jpg


c0196076_08503520.jpg


c0196076_08503431.jpg


c0196076_08503723.jpg

祇園祭が鉾町でなくても京都人にとって別格なのと同じように
天神祭は大阪人に、氏地に限られない影響力をもっているのでしょう。

なんとなれば、天満宮は寛永21年に現在地に還御して以降
大坂町人の信仰と遊興の中心地となり、天神祭はその繁栄の象徴だからです。

c0196076_08503861.jpg

天神祭に芸能や御鳳輦などを奉仕、奉納するのは「講社」と呼ばれる団体。

c0196076_08532856.jpg

商業の町らしく米問屋や八百屋など同業者によって組織されるものが多いといいます。

c0196076_08532864.jpg


c0196076_08532839.jpg


c0196076_08532978.jpg


c0196076_09124783.jpg


c0196076_09124881.jpg

毎年オーディションで選ばれる「ギャルみこし」は「講社」ではありませんが(笑)
天神橋筋商店街のほぼ全体で組織される「御羽車講」の随行員の資格で宮入りできるわけですね。

c0196076_09124800.jpg

前日、TVニュースを見ていたらこの「講社」の特集がありました。

c0196076_09124976.jpg

米穀商で組織される「御錦蓋講(おきんがいこう)」の年配の男性が
同業者の廃業や高齢化で年々、運営が難しくなってきたことを嘆きながら
それでも伝統を絶やすわけにはいかないと奮戦される姿に胸が熱くなりました・・・

c0196076_09150255.jpg

そのTV番組によると最盛期には60あった講社も25にまで減少・・・

c0196076_09150361.jpg

打-ちまひょ もひとつせ 祝おうて三度

c0196076_09150311.jpg

大阪の祭りを見出したのは最近のことにすぎませんが、やはり楽しい。

c0196076_08532702.jpg

うまく言い表す言葉が見つかりませんけれど、どれも大阪ならではの心意気が感じられ
天神祭はさしずめその「心意気」のエッセンスがぎゅっと詰まった祭り・・・


トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/26844782
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by otti468 at 2017-07-30 04:19
天神祭の素晴らしさが良く理解できました。
現役の頃肥後橋に近い堂島に会社がありましたので、天神祭は毎年欠かさず見ていました。
今も凄い熱気なのですね。
また、ゲジデジさんの祭にかける情熱が
いたいほど伝わってきます(*^ー^)ノ♪
Commented by dendoroubik at 2017-07-30 20:59
☆ottiさん

ありがとうございます!

よそ者がシビレでホザいてるだけの話ですので
当事者の方々からしたら
「なに勝手なこと言ってるんだ」って感じでしょうけれど(^-^;
情熱が痛いほど伝わったとしたら嬉しいんですが
ただの痛い男・・・かもしれません(笑)
by dendoroubik | 2017-07-27 22:10 | ◆摂津の祭 | Trackback | Comments(2)