住吉大社 御田植神事 その3

c0196076_22583664.jpg

「本殿祭」を終えた奉仕者は供奴を先頭に御田にまわりを一周・・・




c0196076_22453861.jpg

c0196076_22480734.jpg

c0196076_22480566.jpg

c0196076_22480669.jpg

c0196076_22500873.jpg

c0196076_22521724.jpg

c0196076_22521635.jpg

c0196076_22555503.jpg

c0196076_22555650.jpg

c0196076_22555708.jpg

c0196076_22555700.jpg

c0196076_22583520.jpg

c0196076_22583648.jpg

c0196076_23024757.jpg

c0196076_23024886.jpg

c0196076_23024884.jpg


by dendoroubik | 2017-06-17 23:35 | ◆摂津の祭 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/26747370
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tora003 at 2017-06-18 16:29 x
数年前に6月14日が休日と被りましたがチャンスを逃してしまいました。
水無月を彩る伝統の神事、特に植女の存在が際立ちます。
本気モードのせんべぇさんは決まってますね。
6月は休息月と決め込んでおりますが・・7月からは慌ただしくなってまいります。

Commented by dendoroubik at 2017-06-19 02:35
☆toraさん

植女は堺の遊女 大阪新町廓と引き継がれ
現在は上方文化芸能運営委員会がご奉仕されているそうです
もともとお綺麗な方々ですが式服のときは神々しいほどの美しさ
後半は市女笠をかぶってお顔を拝見できないのが残念です(笑)
これだけ存在感がありながら早苗を渡すだけの役割なのが
ちょっともったいないような・・・
でもそれがありがた味があっていいのでしょうか