難波神社 菖蒲神事

c0196076_20462397.jpg

梅雨入り宣言がなされた翌日から晴れの日がつづくのはよくあることで
この日の大阪も前日のしとしと雨からの梅雨入り宣言より一転
神事のはじまるお昼まえには徐々に晴れ間がひろがり出し
この時期に咲く「菖蒲」を神前に捧げるお祭りにふさわしい天候となりました。




c0196076_20361058.jpg

大阪市中央区博労町。

御堂筋「本町」と「心斎橋」のちょうど中間に鎮座する「難波神社」は
反正天皇の創建と伝えられ、慶長2年(15977年)現在地に遷座。
祭神はその父、仁徳天皇で御神紋は「花菖蒲」
仁徳天皇が病に臥せっていた時「枕元に菖蒲を置くと良い」との夢告があり
その通りにするとたちまち快癒したという故事にちなむともいわれます。

おそらくこれがこのお祭りの由来なのでしょう。

c0196076_20361247.jpg

祭典のあと、ふたりの巫女による「菖蒲刈り」という珍しい神楽が奉納されます、

c0196076_20361320.jpg

ひとりは花菖蒲、ひとりは鎌の載せられた雲脚台をもって舞います。

c0196076_20384809.jpg

c0196076_20361100.jpg

c0196076_20405869.jpg

やがて片方の巫女が幾度も天を仰ぎながら、菖蒲を刈り取る所作を繰り返します。

c0196076_20384956.jpg

c0196076_20432452.jpg

c0196076_20432455.jpg

c0196076_20432590.jpg

c0196076_20432599.jpg

刈り取られた菖蒲は神前へ捧げられ、神事は終了します。

c0196076_20432687.jpg

c0196076_20451860.jpg

そのあと長唄の奉納がありました。

c0196076_20432833.jpg


by dendoroubik | 2017-06-08 22:15 | ◆摂津の祭 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/26724288
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by photresbienne at 2017-06-09 00:25
こんばんは(*^^*)

菖蒲刈りという神楽があるのですねぇ・・・
初めて知りましたが、菖蒲の髪飾りをさした巫女さんがとても美しく、実際に拝見してみたくなりました。
Commented by dendoroubik at 2017-06-09 11:51
☆里村さん

僕もこの神楽ははじめて見ました
おそらくそれほど古くない時代に
この祭りのためにつくられたものだとは思いますが
花菖蒲の髪飾りも清冽でうっとりしてしまいました