福野夜高祭

c0196076_00591926.jpg

全国的な知名度はそれほど高くありませんが富山県西部、砺波平野には
「夜高(よたか)」と呼ばれる行燈行事がいくつか伝承されています。

笛太鼓のお囃子とともに極彩色の巨大行燈を町中で曳きまわし
ところにより「引き合い」や「突合せ」を行う・・・というものです。
なぜあまり知られていないのかと首を傾げたくなるような
幻想的でとてもエキサイティングな行事です。

そんな「夜高」の起源とされるのがこの「福野夜高」です。




c0196076_00564490.jpg

福野に着くと、ちょうど子どもたちを中心とした小行燈が町を練っているところでした。

c0196076_01011203.jpg

新町、浦町、辰巳町、横町、上町、七津屋、御蔵町の大行燈7本、中行燈・小行燈
合わせて21本が「ヨイヤサ ヨイヤサ」の掛け声とともに夜空を焦がしながら練り歩きます。

c0196076_01312453.jpg

でも、どうして砺波地方にこのような行燈行事が発生したのでしょう。
「夜高」に関する解説を読むと必ず書かれているのはこんな由来です・・・

c0196076_00591840.jpg

慶安5年(1652)大火で全戸を焼失した福野の人々は
町の復興と安寧を願い伊勢神宮より天照大神の分霊を勧請(福野神明社)

c0196076_00592008.jpg

c0196076_00591952.jpg

旧暦4月1日、分霊を奉じて国境の倶利伽羅峠にさしかかったころ日が暮れ
人々が手に手に行燈を持ってお迎えしたのが「夜高祭」の起源とされています。

c0196076_01011198.jpg

分霊の到着は、大火で消沈した人々の心に差す希望の光だったはずで
これを迎える行燈の灯りは、えもいわれぬ美しさと映ったことでしょう。
やがて忘れ得ぬ歓喜の記憶を留めるように、行燈に次第に工夫を加え
より優美に、より雄大になっていったのが「夜高」なのだと思います。

c0196076_01010920.jpg

津軽から能登半島にかけての日本海側には
名高いねぶたをはじめ巨大行燈行事がいくつも密集しており
福野の行燈行事も、おそらく発展の過程で
それらに影響を受けたであろうことは想像に難くありません。

c0196076_01011099.jpg

北前船の航行が巨大行燈の伝播を齎したとされていますが
加賀藩の一大穀倉地帯として、小矢部川の往来が盛んだったことが
やや内陸のこの地方にも流行の受容を可能にしたとも考えられます。

c0196076_01034004.jpg

大行燈に取りつくのは成人男性。
夜高太鼓と篠笛のお囃子で盛りあげるのは少年少女。
舌を巻くほと上手い子がいっぱいです。

c0196076_01312446.jpg

c0196076_01034275.jpg


夜高太鼓とともに祭りを盛りあげるのは「夜高節」

c0196076_01034262.jpg

  富山名物 福野の夜高ヨ
  競ら万燈の ササ灯が燃える
  ササドッコイサノサ
  ヨイヤサ ヨイヤサ

c0196076_01054390.jpg

昭和7年、詩人の野口雨情福野へ来て新歌詞を5首作っています。

c0196076_01054436.jpg

  からす鳶は底なし空ヨ 笛や太鼓でササ飛びまわる

c0196076_01034338.jpg

おわら節の新歌詞をつくった文人たちや
「こきりこ節」を採譜しようとした西條八十など
富山県には実に多くの詩人たちが訪れているものですね。

c0196076_01054498.jpg

  紅も派手なる 行燈立てりゃヨ
  風も匂うよ ササ五月空

c0196076_01054488.jpg

  今年や世がようて 穂に穂がさがるヨ
  桝がいらいで ササ箕ではかる
  ササドッコイサのサ ヨイヤサヨイヤサ

c0196076_01073030.jpg

しかし、なんといっても福野夜高の名物といえば
最終日の深夜未明におこなわれる「引き合い」です。

c0196076_01073109.jpg

何時からとは決まっておらず「機が熟したとき」におこなわれるそうですが
最近は諸事情により日の改まらないうちにおこなわれるようです。

c0196076_01090393.jpg

今年は11時45分からはじまりました。

c0196076_01090387.jpg

移動する「上り行灯」と動かない「下り行燈」に分かれ
「上り行燈」が順に動き出してすれ違うときに
「下り行燈」は台棒をズラしてその行く手は阻みます。

c0196076_01184259.jpg

ここで「引き合い」がはじまります。
相手の行燈を足で蹴ったり引きち切ったりして破壊していくのです。

c0196076_01184510.jpg

どんなことをやるのか予備知識を持って臨んだものの
あまりの「ありえない」光景にしばし唖然としてしまいました。

c0196076_01184632.jpg

「ケンカ祭り」というよりも「ケンカ」そのものを見ているようです。

時には本当のケンカも起きるようです。
「〇〇町と△△町はいつも激しいんや」
という声が観客のなかから聞こえてきました。

c0196076_01195050.jpg

c0196076_01195202.jpg

他の夜高祭りは、山車同士をぶつけ合って行燈を破壊しますが
生々しさではこの空中肉弾戦が勝るように思えます。

c0196076_01212954.jpg

c0196076_01224741.jpg

生々しく・・・そしてとてつもなく美しい・・・

c0196076_01260619.jpg

「引き合い」が終わると曳き別れ。

c0196076_01273653.jpg

銀行四ツ角まで練ってから、それぞれの町へ帰ってゆきます。

c0196076_01273415.jpg

c0196076_01260778.jpg

c0196076_01273422.jpg

ボロボロになた大行燈の下、健闘を称えるように夜高太鼓が威勢よく鳴り響きます。

c0196076_01312627.jpg

午後2時40分、静まり返った銀行四ツ角に各町の世話役が集まり
「シャンシャンの儀」という手打ち式がおこなわれ「夜高祭」は終了します。

by dendoroubik | 2017-05-12 00:18 | ◆越中の祭 呉西 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/26619604
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by rinkatuu at 2017-05-12 07:02
素晴らしい!!
そしてありがとうございます(^^)
Commented by nararanran at 2017-05-12 09:54
福野の夜高祭はよく見にゆきましたヽ(=´▽`=)ノ
あの「引き合い」が面白くて。
でも細い路地でするので怖い時も。
それがまた面白いんですけどね。
なつかしく拝見させていただきました。
ありがとうございます。
Commented by dendoroubik at 2017-05-12 23:45
☆rinkatuuさん

ホント 素晴らしい祭りですね!

10年以上まえから見たかった祭りなんですが
ようやく見ることができました
はじめてで段取りがわからず
右往左往してる間に引き合いが終わった感じでしたが
それでもじゅうぶんに楽しめました
期待以上でした!
Commented by dendoroubik at 2017-05-12 23:55
☆らんさん

おもしろいですね~~
砺波 津沢の夜高は見たことがあるんですが
福野ははじめてでした
スケール感では砺波
行燈が町並みに溶け込む甘美さでは津沢
ありえない幻想性ではなんといってもこの福野
それぞれに魅力があってまた見たいところばかりです