福野の曳軕

c0196076_04372423.jpg

砺波平野の「夜高まつり」の多くはおそらく
福野に影響を受けておこなわれるようになったものだと思いますが
それらは神事ではなく、五穀豊穣を願う民俗行事です。
おこなわれる時期も福野より1ケ月遅い6月に集中していて
田植えを終えて農作業を休み、牡丹餅や赤飯をつくって田祭りをする
「やすんごと」(「休み」の意味)と行燈行事が結びついたものといわれます。




c0196076_04193798.jpg

一方、起源とされる福野では「夜高まつり」は
福野神明社春季例祭の宵宮として位置づけられ(5/1~2)
5月3日が本祭で曳軕行事がおこなわれるというのが他とちがいます。

ただ、本祭の曳軕行事は宵宮の「夜高まつり」の人気にくらべて
知る人自体も少なく、見物客の数などはくらべものにすらなりません。

町を歩いてみても、感じるのは「福野は夜高の町」という印象だけです。

c0196076_04193898.jpg

福野には横町、上町・七津屋、浦町・辰巳町、新町の4基の曳山があります。

c0196076_04193885.jpg

横町の曳山の本座は猩々。
高欄、上壇、中壇は水浪、下壇、地山の華麗な彫刻が目を惹きます。

c0196076_04193734.jpg

c0196076_04193831.jpg

c0196076_04214586.jpg

3つの町の曳山は花笠に留鉾をおく、おそらく同じ越中の
高岡御車山に倣ったと思われるかたちをしていますが
上町・七津屋の曳山だけは入母屋造りの屋根のある船のかたちをしています。
本座が神功皇后(と陪従する武内宿禰)で
船首に鷁が飾られていますので祇園祭の船鉾に倣ったものと思います。

富山は他の北陸2県にくらべても群を抜いて曳山の数は多いのですが
船のかたちをしたものはここだけなのだそうです。

c0196076_04214613.jpg

浦町・辰巳町の曳山:本座は素戔鳴尊(のオロチ退治)です。

c0196076_04214701.jpg

雛台の下の欄間が二重になっていて
下が白木に菊、上が堆黒で波に龍が戯れる図が彫られていました。
見送りは、金箔押しの鏡面板に白象に子供が戯れる「唐子遊び」。

c0196076_04214820.jpg

午前9時過ぎ、4輛の曳山が曳き揃えられます。

曳き揃えが見られるのは、昨夜の夜高の舞台となった
この「銀行四ツ角」とこのあと福野神明社の鳥居前の2回だけです。

c0196076_04243640.jpg

新町の曳山の本座は謡曲「橋弁慶」を主題にした弁慶と牛若。
硯屏の金箔が施された井波彫刻が見事でした。

c0196076_04214695.jpg

福野曳山がはじまったのはおそらく19世紀はじめ頃といわれます。
ところが第二次世界大戦のはじまった昭和14年以降曳山巡行は中止。
戦後も夜高祭は再開されたものの、曳山が復興したのは昭和48年。
それも上町・七津屋、横町 の2輛だけの巡行だったようです。

ようやく4輛が曳き揃えられたのは中断から70年後の平成17年。

また、かつては4町それぞれ曳山とともに
お囃子の乗りこむ庵屋台が曳きまわされていたそうですが
人手不足のため1952年を最後にこれも途絶。
城端曳山の影響を受けたといわれる庵屋台は
数年まえに1台だけ復興され、曳山巡行に随行していました。

c0196076_04243533.jpg

曳き揃えのあと30分ほどセレモニーがあり
そのなかで「福野庵唄保存会」の皆さんによるお囃子が披露されました。

c0196076_04243593.jpg

10時半くらいに銀行四つ角を出発し、福野神明社前へ向かいます。

c0196076_04243526.jpg

c0196076_04243636.jpg

といっても銀行四ツ角から福野神明社前までは15分ほど。

c0196076_04243712.jpg

c0196076_04265687.jpg

c0196076_04265686.jpg

c0196076_04265760.jpg

4輛を正面から捉えることができるのは、鳥居まえのこの場所だけだと思います。
ただ神事のあいだはジャマになってしまいますので
終了後、再び曳き出されるまでのほんの数分しかシャッターチャンスがありません。

c0196076_04265850.jpg

ふたたびそれぞれの町へ・・・

c0196076_04265897.jpg

「福野夜高」のあまりのインパクトにくらべると地味な行事にも思えます。

・・・いや、地味でした(笑)

それでも、困難を乗り越えて曳山行事を復興させた町衆の心意気と
曳山が町行く姿にはやはり胸を打たれずにはいられませんでした・・・


by dendoroubik | 2017-05-19 23:43 | ◆越中の祭 呉西 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/26619538
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by goodroads at 2017-05-21 18:47
こんばんは
御無沙汰しており大変申し訳ありません。

福野は夜高行燈だけかと思っていました。初めて知りました。

からくりの無いことや装飾の華麗さを言えば、多少の地味さは否めないのかもしれませんが、なかなか良い曳山巡行であると思います。

特に福野は、明治大正期は中越線や加越鉄道加越線が立体交差する交通の要衝。商業が発展した街ゆえにこの祭りも維持できたのかもしれません。

富山第一BKと北陸BKがある「卍が辻」も山は通るのですねー
ここは画になりますねー

素晴らしい写真、ありがとうございます。
来年、予定が立ったら、撮りにいきたいです。
Commented by dendoroubik at 2017-05-22 20:37
☆Tomさん

こんばんは!

とても立派な曳山でした
夜髙で町のエネルギーを使い果たしたかのように
盛りあがりには少し欠けますが情緒があってよい祭りと思いました
なによりこれを守り伝えようという町衆の心意気が好きです

貴地にはホントいい曳山まつりが多くてうらやましいです
他の北陸2県にくらべても群を抜いています
それに獅子舞の数の多さと質の高さも際立っていますね
1000を越える団体があるそうですけれど
滋賀県なんて 2,3ほどしかないんですよ~~
隣接する福井 岐阜 三重にも多いのに
滋賀県のこの少なさもまた謎です(笑)