天満社 王の舞 後篇

c0196076_20191043.jpg

「王の舞」は当屋、本殿まえ、御旅所の3ケ所で舞われます。

苔むして古色蒼然としたたたずまいの境内での「王の舞」は
とても美しく神々しくさえあり、この祭りの白眉といえるかもしれません・・・




c0196076_06394863.jpg

祭典のあと、本殿まえの広場で「王の舞」が舞われます。

c0196076_20105307.jpg

抱きかかえられて中央へ・・・

c0196076_20105478.jpg


c0196076_05480408.jpg

鉾を手にして舞ったあと・・・

c0196076_20105690.jpg

鉾を受け取った少年を中心に、舞がすすみます。

c0196076_20143448.jpg


c0196076_05480447.jpg

なぜ、若狭の「王の舞」の過半数は少年によって舞われるのでしょう・・・

c0196076_20190939.jpg

理由はわかりませんが、たとえば・・・

c0196076_20191093.jpg

これからシーズンを迎える「子供歌舞伎」を報じる新聞記事などを読むと
「大人顔負けの演技」といったフレーズが判で押したように並んでいます。
歌舞伎はプロ集団のあるジャンルとして確立した芸能ですから
「子供歌舞伎」が素人によるその模倣とされるのは当然のことでしょうけれど
この紋切型のプレーズにはいつも違和感を覚えてしまいます・・・

c0196076_05480594.jpg


c0196076_05480563.jpg

「子供歌舞伎」を眺めていると、技量の高さといったこととは別な位相で
何事かを達成してしまっている・・・と感じる瞬間がしばしばあります。

c0196076_20214255.jpg

俗っぽい言い方ですが「神がかっている」ような瞬間・・・

c0196076_20402084.jpg

少年が演じる「王の舞」にも同じような感銘を受けることがあります。
この日、本殿まえでの「王の舞」を眺めているときがそうでした。

c0196076_20402264.jpg

これがやはり少年が舞うことの意味なのか・・・と、ふと感じます。

c0196076_20402341.jpg

少年から鉾を受け取ってひと舞して終了です。

c0196076_20431043.jpg


c0196076_20431315.jpg

「王の舞」の退場と同時に「獅子舞」が登場。
激しく咆哮して何度か身震いしたかと思うと、やにわに走り去ってしまいます。

c0196076_05480586.jpg

つづいて「田楽」

c0196076_20484489.jpg


c0196076_20484440.jpg

まわりから太鼓の少年たちに「もっと反れ」「気合や」と檄が飛びます(笑)

c0196076_05480650.jpg


c0196076_20535594.jpg

素朴で愛らしい田楽・・・

c0196076_05480674.jpg


c0196076_05480647.jpg

「王の舞」「獅子舞」「田楽」がおわると、本殿まえから神輿が担ぎおろされてきます。

c0196076_21083508.jpg


c0196076_05480788.jpg


c0196076_05480720.jpg

境内を右まわりに3周・・・

c0196076_21113018.jpg


c0196076_21144505.jpg

鳥居をくぐって参道まで・・・

c0196076_05511484.jpg


c0196076_05511442.jpg


c0196076_21210217.jpg

ふたたびライスシャワー。

c0196076_05511482.jpg


c0196076_21210359.jpg


c0196076_21210361.jpg

神輿とともに行列をつくり国道沿いのお旅所まですすんで昼休憩。
14時30頃まで休憩して最後の「王の舞」獅子舞」田楽」などがおこなわれるようでしたが
ここで藤井をあとにして、午後1時からおこなわれる小原の石桉神社へ向かいます・・・

トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/26562183
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ei5184 at 2017-04-07 17:39
日の丸鉢巻に赤いほっぺ!
何処の祭りでも子どもたちが主役のようですね~(笑)
始めて見た祭りです。ありがとうございました。
Commented by dendoroubik at 2017-04-07 19:55
☆eiさん

聞くところによると「王の舞」に類する行事は
全国に46もあるのだそうで
そのうち16が敦賀から高浜にかけての
若狭地方に集中しています

日の丸鉢巻きの可愛い女の子は
途中 お母さまに口紅で頬を塗り直してもらってました(笑)
Commented by 清水 at 2017-04-08 05:34 x
明暗の差が大きい境内での撮影ご苦労様でした
苔むした地上で演じられる王の舞も見ごたえがありますね
この地区も子供や若者の数が減り
人集めに大変なようですが
ずっと続いてほしいお祭りですね
Commented by dendoroubik at 2017-04-08 06:32
☆清水さん

この神社は最高の舞台ですね!
木漏れ日の強烈な明暗差は
自分には手の打ちようもありませんでしたが
あの感動は写真なしでも思い出すだけで十分です(笑)

ホントにこちらは観てるだけで気楽なものですけど
ご苦労には頭がさがりますし
ずっとつづいて欲しいと願わずにいられませんね
by dendoroubik | 2017-04-07 14:34 | ◆若狭の祭 | Trackback | Comments(4)