沖島のサンチョウ 前篇

c0196076_08291201.jpg

びわ湖の4つの島のうち(竹生島・多景(たけ)島・沖の白石)
もっとも面積が大きい沖島(周囲6.8km 1.51㎢)は
日本で唯一、淡水湖の島に人の住む「有人島」です。

300人以上が居住し、小学校や金融機関代わりの郵便局もあります。
この島で1月15日(に近い日曜日)おこなわれる
「沖島のサンチョウ(左義長)」という伝統行事を見せていただきました。




c0196076_06394686.jpg

「海なし県の離島」

沖島の観光ポスターにはそう書かれています。
汽水湖を含めると、他にも有人島はあるそうですが
それらは陸地と架橋されていて、まったくの離島はこの沖島のみ。

そのため自家用車のように、一軒に一隻以上の舟が所有されているそうです。

その他に通船が1日12往復(日曜日は10往復)あり
堀切港から出航するこれに乗って沖島へ向かいます。

c0196076_06071521.jpg

10分ほどで到着。

c0196076_01290508.jpg

島の南東の山と山のあいだ、くびれのようになった麓のわずかな平地に
取りつくように140余戸の民家が軒を連ねています。

c0196076_06221439.jpg

でも、どうしてこんな不便な(?)ところに
わざわざ住み着く人がいるのかと不思議に思われる向きもおありでしょう。

c0196076_06250353.jpg

たとえば、同じびわ湖の北端「陸の孤島」と呼ばれた菅浦集落に住む人々は
都を追われた淳仁天皇にお仕えした人々の子孫を自認しています。
(伝承では、淳仁天皇が崩御したのは淡路島でなく菅浦とされています)

c0196076_06134794.jpg

奇しくも沖島には、淳仁天皇を擁立した藤原仲麻呂一族が一時、逃れ住んだともいわれます。
・・・がこれは余談で島民の先祖は、さらに時代が下って保元・平治の乱による源氏の落武者と信じられています。

c0196076_06093201.jpg

伝説の真偽はわかりませんが菅浦や沖島の人々も
そういった誇りを背景にそれぞれを父祖の地として守りつづけてきたのでしょう。

c0196076_06203578.jpg

山裾を切り拓いて島に定住した源氏の落武者の名は
南源吾秀元、小川光成、西居清観入道、北兵部、久田源之丞、中村磐徳、茶谷重右衛門。
現在の沖島の家々に掲げられた表札には、この7つの姓が多いのだそうです。

c0196076_06134675.jpg

島民のほとんどが漁業に関わる仕事に従事しているといいます。

c0196076_01290568.jpg

漁村らしい路地の風景がつづきます・・・

c0196076_06184850.jpg

漁村、島、といえば当然のように猫がいっぱい・・・カイゼル髭(笑)

c0196076_06170997.jpg

藤原仲麻呂や源氏の落人が流れてきたように、いくつもの「歴史」がこの島を通りすぎていきます。

c0196076_06184938.jpg

南北朝時代には、
敗走する南朝軍。 室町時代には、比叡山延暦寺によって町を焼き払われた新興勢力の堅田湖賊。

c0196076_06093156.jpg

越前吉崎御坊から堅田本福寺に向かう途中、遭難して上陸した蓮如上人もそのひとりです。

c0196076_01290460.jpg

この像の建つ西福寺は、源氏の落人のひとり、茶谷重右衛門の末裔が
蓮如上人に帰依し庵を建てたことにはじまるといわれます。
遭難した上人が、島を去る際、別れの形見として贈った
直筆の「虎斑の名号」と「正信偈」が寺宝として残されているそうです。

c0196076_06170993.jpg

この日、日本列島を襲った大寒波は、前夜から降る積もった雪のうえに
さらに時折、吹雪いては新しい雪を重ねていました・・・

c0196076_06171024.jpg

目も開けていられないような吹雪にも、子どもたちは大喜び。ソリ遊びに・・・

c0196076_01290493.jpg



c0196076_06250273.jpg

雪玉投げ・・・

c0196076_06255911.jpg

「かなり完成度高かったんですよ」

・・・というかまくらの天井が崩落してしまったのに
楽しくて仕方ないとでもいうように笑い合う友だち同士。

c0196076_06171091.jpg

祭りより雪の方がうれしいようにも思えます(笑)

c0196076_21490486.jpg

左義長の点火は午後2時すぎ。

c0196076_06071690.jpg

午前中から島民が正月飾りを持ち寄ります。

c0196076_06184929.jpg

竹に飾りつけられているのは「ダンブクロ」と呼ばれる紙細工。
裁縫がうまくなるようにとの願いを込め女の子のいる家庭で、つくられるものだそうです。
男の子いる家庭では「吉書天筆和合楽 地福円満楽」と書かれた五色の色紙の「キッショサン」が供えられます。

c0196076_06221580.jpg

漁船に取り付けた松飾も外されてゆきました。

c0196076_06184841.jpg

点火用のワラが集められ、準備万端です。


トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/26315769
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tamsanpe at 2017-01-17 10:56
一枚目の迫力が凄い!
すごいお写真に感動します^^

島の様子を見てると
瀬戸内の小さな島に似てるように思いました。
瀬戸内はいつも凪いでるからでしょうか。

雰囲気のある集落ですね。
島巡りは大好きですから一度行ってみたくなりましたよ。
Commented by dendoroubik at 2017-01-18 00:55
☆ぴんの助さん

滋賀県に20年以上も住みながらはじめて沖島へ渡りました
瀬戸内の島々へもセトゲーのとき 今回も祭り絡みでしたが
なにもないときにも行きたいと思わせる魅力がありました
夏には天然ウナギやビワマスも食べられるそうなのでぜひ

ビワマスはびわ湖の固有種ですが絶品ですよ~~(^-^
by dendoroubik | 2017-01-16 22:00 | ◆近江の祭 近江八幡 | Trackback | Comments(2)