日本の祭りinながはま 「速水伊豆神社八朔大祭幡母衣武者行列」

c0196076_23321400.jpg


インパクトのあるヴィジュアルです!

これは滋賀県長浜市湖北町、伊豆神社で9月1日におこなわれる
「八朔大祭」に登場する「幡母衣(ばんばら)武者」です。

ただ、惜しむらくは、祭りでの武者行列は大正以降途絶えてしまったのだそうです。
神社の式年や国の慶事などの際には特別におこなわれたりもしていたようですが
その後、ふたたび途絶えて半世紀以上が経ち昭和63年 に復活。
平成20年にも一度おこなわれ、それから8年ぶりに今回「日本の祭inながはま」で披露されました。




c0196076_20562051.jpg

ばんばら武者・・・もう、名前を聞くだけでゾクゾクします。
鎧に身を固め、伊豆大神の旗と 24本に割った竹に48個の紅提灯を付けた 母衣を背負った若武者。

c0196076_20582045.jpg

金棒曳きの少年のメイクもイカしています。

c0196076_20561314.jpg

ときおり扇をかざし、ゆっくりと回転。
母衣に吊された48個の提灯の灯が揺れるさまは幻想的・・・

c0196076_20580336.jpg

武者行列・・・といえば、強さの象徴かと思うのですけれど
どう見ても戦には向かない、ただ美しさだけ貫かれたこの装束・・・
いったい何を表しているというのでしょうか?

c0196076_20561964.jpg

伊豆神社に伝えられる由緒によると・・・

  仲哀天皇が熊襲親征の時、伊豆神社に戦勝を祈願したところ
  勝利を得たため、戦勝報告をされたことがはじまり。

とされているそうです。

c0196076_21110674.jpg

当日、会場で解説をされていた長浜歴史博物館の太田館長によると
長浜曳山まつりの「太刀渡り」に影響を受けているのではないかということでした。

浮世離れして、どこかユーモラスでさえあるのに
厳粛な雰囲気をただよわせているところなど、なるほどよく似通っています。

c0196076_20582196.jpg

会場でお会いした沙都さんによると2年後にはまたおこなわれるだろうということでした。
もし、そうだとしたら楽しみですね。

トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/26109056
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by otti468 at 2016-11-16 08:48
ながはまの画像ですね~
私もアップしようと思いながらまだなんですが・・・
確かにお近くにいてはったんですね^^;;~
Commented by dendoroubik at 2016-11-16 10:51
☆ottiさん

この武者行列はけっこう衝撃的でしたね~~ 
こんなことならもっと明るめのレンズを持ってくればと後悔しました(T^T)
ottiさんのお写真を楽しみにしています\(^o^)/
by dendoroubik | 2016-11-15 20:41 | ◆日本の祭り | Trackback | Comments(2)