米原曳山まつり 旭山 義経千本桜 吉野山の段

c0196076_08293975.jpg

壽山の 「一条大蔵譚」を見終えて駆け足で向かったのは
もうひとつの当番山、旭山の最初の子ども歌舞伎執行場所。
30分遅れの開演、一番山で三番叟もありますから
ぜんぶはムリでも3分の2くらいは見られるはず・・・

果たして、その通りにはいったのですけれど
走っているうちに舞台上の時間はどんどん先へ進み
権勢を恣にした平家は滅んで、幼かったはずの義経もいまや都落ち・・・

ここは京の都から遠く離れた桜満開の吉野山・・・



c0196076_08581797.jpg

吉野山に身を寄せている義経を慕って旅する静御前。
供するのは義経の家臣、佐藤忠信。

姓名添えて賜りし
御着せ長を取りいだし、君と敬い奉る。

義経より下賜された鎧を切り株に立てて主君を忍ぶふたり。

c0196076_08591588.jpg

義経が静に託した「初音の鼓」は、平安のはじめ
伝説の夫婦キツネの生皮を剥いでつくられたもの。  

このキツネが鳴くと、必ず雨が降る
・・・という言い伝えがあり、都を旱魃が襲ったとき
野狩りして捕らえられ、鼓にされてしまったのです。

キツネの霊力か、これをポンと打つと見事に雨が降った
・・・といわれ、長らく宝物として宮中にありました。

c0196076_08591525.jpg

c0196076_08581704.jpg

この宝物を義経は後白河法皇から拝領。

もちろん、酔狂で与えられたわけではありません。

 鼓の裏皮は義経 表皮は頼朝。 
 鼓を打て=頼朝を討て!

・・・との院宣。

c0196076_08591645.jpg

固辞すれば朝敵、受ければ兄への叛逆。
思えば、このときから義経の悲劇は定まっていました。
平家の娘を娶ったことを頼朝に責められ、卿の君は自害。
嫌疑をかけられた義経も都落ち・・・

c0196076_09004267.jpg

静をなぐさめるために
そこにあたかも義経がいるかのように舞う忠信・・・

c0196076_09004210.jpg

恋人同士のようで危うい・・・
「忠義恋路櫻」・・・という外題がつけられた由縁です。

c0196076_09245014.jpg

どこか妖しげな雰囲気を漂わせた忠信・・・
実は、彼は鼓にされた夫婦キツネの仔のキツネ。

義経から預かった鼓を静の打つ音が、父母の声にも思われて
懐かしく恋しく、忠信に化けて供しているのでした。

c0196076_09245032.jpg

静に乞われるまま忠信は
屋島の戦いで討ち死にした兄、継信の様子を舞ながら語ります。

c0196076_09263450.jpg

平家の武将、能登守教経が義経に矢を射かけ・・・

c0196076_10224843.jpg

c0196076_09292486.jpg

継信が義経をかばって矢に当たり・・・

c0196076_10224778.jpg

  あえなき最期はもののふの 忠臣義士の名を残す。

c0196076_10244960.jpg

 思いいずるも涙にて 袖は乾かぬ筒井づつ

c0196076_20302786.jpg

逸見藤太が家来(花四天)を連れて、ふたりを探しにやってきます。
「初音の鼓」を手に入れて、褒美にあずかろうという魂胆ですが
この藤太、悪党のくせに肝っ玉が小さく、義経の家来たちを恐れています。

c0196076_10255556.jpg

  義経公のお側には、亀井、片岡、伊勢、駿河。
  つつつるてんの武蔵坊。
  こいつおれよりちょっと強い。

  おれはよっぽど・・・

c0196076_10282611.jpg

忠信の姿を見つけて逃げ出す3人・・・

c0196076_10351621.jpg

  よいところへ 早見の藤太ー。
  わがおんともなせし、静御前に初音の鼓。
  奪いとらんなんぞとは、胴よりふとき面の皮。

c0196076_10420555.jpg

3人はあえなく忠信の霊力で打ち負かされてしまいます。

c0196076_10440451.jpg

  急ぐとすれど はかどらず 
  芦原峠こうの里土田むつ田も遣らぬ
  のじの春風吹きはらふ
  雲とみまごうみ吉野の 麓をさして急ぎ行く

c0196076_10440498.jpg


c0196076_10440471.jpg

静を先に行かせてひとりになった忠信は・・・

c0196076_10462790.jpg

いつしか・・・

c0196076_10462877.jpg

キツネの姿に戻り・・・

c0196076_10481055.jpg

c0196076_20245820.jpg

義経の・・・父母の悲運を思って泣くのでした・・・

c0196076_10503290.jpg

忠信を演じているのは小学6年生の男の子。
ときおり不思議な光彩を放つ瞳を持つこの少年は
ちょうど声変わりしているところらしく
人と狐のあわいを行き来するこの役にピッタリ。

とてもうまかったです。

トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/26052137
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ei5184 at 2016-10-13 04:16
義経千本桜 吉野山の段 は、歌舞伎でも拝見していましたが、
今年の宮川町2月のお化けでは、芸妓菊志乃さんと舞妓君ひろさんが演じてくれました。
尤もお化けですから、途中からあらぬ方向へと(笑)

長浜、出かける予定に入れました。立って観賞するとか?
目の高さと云う事は、後ろから脚立でしょうか?
Commented by dendoroubik at 2016-10-13 11:03
☆eiさん

大歌舞伎の源九郎狐はどなただったのでしょう?
米原でも以前 四の切なんかもやってたんですよ~
空中回転も・・・舞台方がだっこしてですけれど(笑)

長浜は土曜に駅前で萬歳樓 日曜に曳山博物館前で四山
・・・とありますが どんな風に上演されるのでしょうか?
曳山博物館まえの広場の横はアーケード商店街ですから
脚立の立てられるような場所は報道関係が独占してそうですね・・・

日曜は木之本会場の「茶わん祭り」も気になります・・・
by dendoroubik | 2016-10-12 21:50 | ◇米原曳山まつり | Trackback | Comments(2)