米原曳山まつり 壽山 鬼一法眼三略巻 一条大蔵譚

c0196076_17133398.jpg

保元平治の乱がおさまり・・・

平氏にあらずんば人にあらず・・・といわれた時代に
源氏の再興に思いを馳せた人々の譚(ものがたり)・・・




c0196076_19415590.jpg

義朝の愛妾常盤御前は、清盛の愛妾となり
さらに都で「阿呆」と評判の一条大蔵卿長成に再嫁。

c0196076_19415587.jpg

ツテをたよって大蔵卿に召し抱えられたお京(弁慶の姉)は
夫で、吉岡三兄弟の次男、源氏の忠臣・鬼次郎とともに
常盤御前を救いだそうとするのですが・・・

c0196076_19432905.jpg

悲しむ様子もなく楊弓遊びに興じる常盤御前に

  大事の義朝様の御情を打ち忘れて 
  二度三度嫁入りするお心では 人の報いは遠からぬ

と鬼次郎は激怒。思わず打擲してしまいます。

c0196076_19442650.jpg

源氏を思う鬼次郎の真情に感じ入った常磐御前は
幼い義経を守るためにはしかたがなかったのだ、と真実を語ります。

 錦の褥も我がためには、毒蛇の鱗に臥す心地

その言葉に鬼次郎も堪え切れずに涙。

c0196076_20525111.jpg

夜更けに楊弓遊びにこと寄せて弓を射ているのは
的の後ろに清盛の絵姿を隠して「調伏」するため・・・

c0196076_19442723.jpg

これを聞いた平氏の間者、八剣勘解由がふたりを捕えようとしたところへ・・・

c0196076_19451567.jpg

御簾の陰から長刀一閃。一条大蔵卿長成が登場。
勘解由を誅します。

実は長成、源氏につながる身。平氏に媚び諂うのを潔しとせず
20年ものあいだ「作り阿呆」を装っていたことを明かします。

c0196076_20560134.jpg

長成は伊豆に幽閉されている頼朝に渡すよう
鬼次郎に和歌を書いた短冊を託します。

  子の日さす 野辺に小松の なかりせば
    千代のためしに 何をかしかまじ

小松の左大臣(平重盛)が死ぬまで待ての暗示です。

c0196076_19460017.jpg

c0196076_19464415.jpg

事情を知った勘解由の妻、成瀬は
平氏に味方する者でないことを証かすために自害・・・

c0196076_19473822.jpg

鼻の下の長成と、笑わば笑え言えば言え。命 長成、気も長成

c0196076_21011412.jpg

c0196076_19500559.jpg

長成から源氏の重宝「友切丸」を託された鬼次郎は牛若丸のもとへ・・・

c0196076_19500681.jpg


長成がほんとうに「作り阿呆」を装っていたのかはわかりませんが・・・

史実では、常盤御前とのあいだに嫡男、能成と女子一人をもうけ
能成は異父兄にあたる義経の側近になっています。

幼い義経が奥州平泉の藤原秀衡の庇護を受けることができたのも
長成の口利きがあったからともいわれています。

by dendoroubik | 2016-10-11 01:16 | ◇米原曳山まつり | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/26050715
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。