「ほっ」と。キャンペーン

三國湊 帯のまち流し

c0196076_23482896.jpg

九頭竜川の河口周辺にひろがる三国の町は
かつて北前船の拠点として栄え
いまもその面影を残す、風情ある町並みのある町。
東尋坊、雄島、越前松島といった景勝地や
「三国祭」のような伝統ある祭り
越前がにや甘えびの水揚げ地としても有名ですね。

三国でもうひとつ忘れてはならないのは「三国節」

宝暦年間につくられたというこの民謡は
三国にいくつかあった花街で伝えられてきたもの。
明治になるとあまり歌われなくなったようですが
レコード化されるや京阪の花柳界でもて囃されるようになり
逆輸入のように地元でも歌われるようになったといいます。
いまや福井県を代表する民謡ですね。

そんな「三国節」で、せっかくの情緒溢れる町並みを
踊り流したい・・・ということで2009年からはじまったのが
この「帯のおどり流し」です。今年で7回目を迎えます。




c0196076_08072382.jpg

「帯のまち流し」というネーミングは

  三国三国と通う奴ぁ馬鹿よ
    帯の幅ほど ある町を

・・・という、三国節の数ある歌詞のなかでも
もっともよく知られたフレーズから採られています。
「帯の幅ほどある町」というのは
「帯のように幅が狭い(が横に長い)町並み」の謂。

とてもよくできたネーミングですね。


c0196076_08222490.jpg

コースは7つあり、三国祭のお囃子を奏する「初香会」
小学生や高校の吹奏楽部、銀行マンや商工会
民謡クラブやフラダンスクラブ、
「芦原温泉旅館協同組合女将の会」などが連を組んで踊り流します。

c0196076_06193418.jpg

踊り流しの時間は短く
2つか3つくらいしか見なれないのがちょっと残念です・・・

c0196076_06201778.jpg

さいしょに「上八丁石畳通り」を見てから
旧森田銀行まえを流す連を眺め・・・

c0196076_06204561.jpg

「思案橋」を渡るところも見られないかと駆けつけると
もう渡り終えたところでした・・・

c0196076_06210625.jpg

ちょうど日が落ち切った19時から
駅前の大通りで「総おどり」となります。

c0196076_06214437.jpg

一連ずつ、大通りを100メートルほど踊り流します。

c0196076_06212275.jpg

c0196076_08173956.jpg

男装で男踊りを踊る女性3人・・・

c0196076_06233647.jpg

c0196076_06285299.jpg

c0196076_06294041.jpg
  
  酒は酒屋で 濃茶は茶屋で 

    三国小女郎は 松ヶ下

c0196076_06300054.jpg
  
  義理に迫りし三国の小女郎 

    涙流した思案橋

c0196076_06321751.jpg

  三国お山王 お猿子祭
    山車を見せたや 旅の衆に

c0196076_06301573.jpg
  
  三国三国と 通う奴ぁ馬鹿よ

      帯の幅ほど ある町を

c0196076_06303338.jpg

・・・の七七七五調に

ある町を ホイある町」のように最後の5文字を2度繰り返し
「帯の幅ほど ある町を」と
下の句を繰り返すリズムに

いつしか心地よく酩酊・・・

c0196076_06304938.jpg

沿道から名まえを呼ばれてはにかみ笑いする子どもたちが可愛い・・・

c0196076_06313232.jpg

c0196076_06320691.jpg

c0196076_06283676.jpg

たしかに8年まえにはじまったにすぎない行事なのですけれど・・・

c0196076_06315365.jpg

そこはさすがに「三国節」そのものの伝統があり
地方さんたちの熟練の演奏と唄い手さんたちの惚れ惚れする美声
粋な着こなしの女将さんたちや男衆
町そのものが放つ香気とそこに住む人々の気概が
急造のイベントとは一線を画する趣きを与えています・・・

c0196076_06261885.jpg

ただ、あまりにも時間が短すぎて・・・

c0196076_06254794.jpg

余韻を愉しむ暇が・・・

c0196076_02380345.jpg

ちょうど酔いはじめた頃に2次会もなくお開き
・・・という感じがしないでもありませんでした。
(喩えが下世話でスミマセン)

c0196076_06280360.jpg

勇壮な男踊り・・・

c0196076_06265472.jpg

三国祭のお囃子を奏する「初香会」さん。

c0196076_06251116.jpg

今年から踊りの部もできたということで
揃いの浴衣で踊り流す姿は涼しげで壮観・・・

c0196076_06263536.jpg

通りの突き当たりの囃子方さんたち・・・

c0196076_06242303.jpg

踊り流しから総踊りまで3時間ほど・・・あっという間でした。

c0196076_06252772.jpg

できれば一晩中でも踊っていただきたいほど(笑)

by dendoroubik | 2016-08-29 00:00 | ◆越前の祭 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/25933669
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 清水 at 2016-08-29 13:17 x
遠くからおいで頂きありがとうございました
私は踊りが始まるころから腰痛が出て
しゃがみ込む動作が出来なくなってしまいました
道路に胡坐をかいての撮影だったので
上八(うわ)町と駅前だけの撮影になってしまいました

写真を拝見しましたが、さすが美女ハンター
きっちり押さえておられますね(笑)
おはらではご指導よろしくお願いします<m(__)m>
Commented by dendoroubik at 2016-08-29 13:46
☆清水さん

その後 お身体の具合はいかがですか・・・?

「ご指導」なんてとんでもない
おわらは編み笠かぶってて
美女ハンターの能力が発揮できませんから(笑)

もうすこし早めに到着して
町並みを散策したりなんかもしたかったのですけれど
京都‐滋賀間が思いのほか渋滞していて 
はじまる直前になってしまいました・・・

3年まえから行きたいと思いながら
ようやく見ることができて満足でした
総踊りが終わってから 夜中に流してくれたら
なおいいのにと思うのは 無責任な見物人だけでしょうか・・・





Commented by もとこ at 2016-08-29 21:32 x
はじめまして。

お友達(三国のOさん)から連絡を頂き、こちら様のブログにワタクシめの写真を載せて頂いたことを知りました。
(縦縞浴衣、紫帯の三味線弾きです)

綺麗に写して頂き有難うございます。
良い思い出になりますm(_ _)m

確かに、時間短かったです〜。
もっと演奏していたかったですね…

これを機に、他の記事も楽しみに読ませて頂きたいと思います(^-^)
有難うございます。
Commented by dendoroubik at 2016-08-29 22:31
☆もとこさん

はじめまして!

お美しくて粋な方がいらっしゃるな~
と沿道がら感嘆いたしておりました
三味線の音もよく聞こえました
後ろ姿も撮らせていただきこれもカッコよかったのですが
重複するので1枚だけ・・・ただ写真技術がおぼつかなく
実物の 嫋々としながら凛とした雰囲気が
まったく伝え切れてなくて申し訳なく汗顔の至りです

関係者のご苦労や時間の制約があることは重々承知のうえで
やはりあの愉楽には もうちょっと身を委ねていたい気がしました

お立ちよりいただきまして コメント
そしてすばらしい演奏をありがとうざいました!