豊浜 鯛まつり その3

c0196076_933553.jpg

4基の鯛みこしと太鼓打ちの行列は
午後1時頃、御仮屋のある豊浜漁港に集結。

祭りのクライマックスです・・・




c0196076_9133615.jpg

御仮屋では祭典がおこなわれ
巫女さんたちの神楽の奉納が繰り返されていました。

c0196076_951330.jpg

小学生の担ぐミニ鯛みこしといしょに
漁港へ向かう中村地区の鯛みこし・・・

c0196076_9134825.jpg

順次並べられてゆきます・・・

c0196076_9115334.jpg

c0196076_915572.jpg

ソーレー

c0196076_9183120.jpg

4基の鯛みこしがズラリ・・・

c0196076_9164192.jpg

c0196076_9193886.jpg

壮観です。

c0196076_918619.jpg

しばしの休憩のあと・・・

c0196076_991917.jpg

太鼓打ちの奉納がはじまります。

c0196076_9191677.jpg

神輿の据えられた御仮屋まえで優雅に舞いながら打たれます。

c0196076_985441.jpg

交替も鮮やかで優雅でした。

c0196076_920148.jpg

c0196076_981287.jpg

太鼓打ちがおわると鯛みこしの「打ち込み」がはじまります。

c0196076_9211236.jpg

大勢の男衆が大鯛を担ぎあげ
海中遊泳のときと同じように左回りに旋回。

c0196076_974931.jpg

そして・・・なんと御仮屋へ勢いよく突っ込んでゆきました!

c0196076_9223889.jpg

「鯛止め」と呼ばれる鳥居のかたちをした木材が組まれ
大鯛が御仮屋のなかへは突入できないようになっているのですが
何度もこれにぶつけて顔面をクラッシュさせていました。

メリメリバリバリ・・・という竹材の破壊される音が聞こえてきます。

c0196076_972680.jpg

鯛を壊すことにどんな意味があるのかわかりませんけれど
引き揚げてくる男衆は意気軒昂・・・
その表情は達成感に満ちています。

c0196076_9231978.jpg

c0196076_9233438.jpg

c0196076_9235518.jpg

c0196076_964176.jpg

思いっきりクラッシュしています。
トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/25841247
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by dendoroubik | 2016-07-27 20:03 | ◆尾張の祭 | Trackback | Comments(0)