お花見日記 2016

upしたあと、誤って削除してしまった記事を
記憶を頼りに書き直しました。
コメントをいただいた方、申し訳ありませんでした・・・

c0196076_622147.jpg

〇月△日

例年より早い開花のはじまった今年・・・

単身赴任先で地元の花見スポットを尋ねると、
口を揃えて返ってきた「夙川」という答えをたよりに、
訪ねてみた3月の終わり・・・

チラホラ咲きでした。
超チラホラ咲きでした。




c0196076_6225246.jpg

〇月△日

その週末、一斉に咲き揃い、しかも快晴。
・・・でも、仕事。あんまり口惜しくて、
会社帰りにビールを買ってひとり夜桜見物(笑)

c0196076_6233290.jpg

しかし、けっこうキレイでした。

c0196076_6242826.jpg

〇月△日

若狭へ祭りを見に行く途中に立ち寄った小浜市の妙祐寺。
120年ほどまえ、岩手県久遠寺の参拝した檀家が
苗木を持ち帰って植樹したと伝えられるシダレザクラ。

4、5日遅かったようです・・・

しきりに花びらが降っていました・・・

c0196076_625363.jpg

祭りのあと、敦賀へ。金崎宮「花換えまつり」
・・・去年も行きました(笑)

c0196076_6255722.jpg

福井市中心部を流れる足羽川のほとり・・・

c0196076_6262555.jpg

左岸の堤防のサクラは約600本。

c0196076_627587.jpg

桜並木は全長2キロにすぎませんが、
明治時代から植樹がはじまったというだけあって、
大きな木が多くて樹勢もよく、迫力満点。

c0196076_627253.jpg

オマケ(福井駅前の整備も着々・・・)

c0196076_6281769.jpg

〇月△日

ふたたび福井へ。
天気予報は「曇り時々雨」
でも、一日中霧雨でした(笑)

越前大野の町をぶらぶら。

金森長近公が大野へ入封後、
京を模して碁盤の目につくられた町の東端、
20ほどの寺を集めた「寺町」の通りのサクラが見事でした。

c0196076_629949.jpg

そのあと、大野城を見下ろせる丘へ、
のんびり(休み休み)20分ほどかけて登ってみました。
大野の盆地が霧に覆われて亀山だけが浮かび上がるとき
「天空の城」を眺めることができるスポットです。

c0196076_6323479.jpg

朝倉氏が5代103年間にわたって
越前の国を支配した城下町跡。一乗谷朝倉氏遺跡。

c0196076_6325111.jpg

「お城好き」・・・といわれる方に云わせると、
ヘンな城郭を「再建」するくらいなら
石垣だけ残してほしい、と思うものだそうです。

たしかに「つくりすぎ」は興醒めです。

c0196076_633242.jpg

城跡は山頂ですけれど、その麓にある城下町
義景館跡や湯殿跡庭園の何もなさが、
かえってお城好きの想像力を刺戟するものかもしれません。

c0196076_6334876.jpg

復元町並を「つくりすぎ」
・・・と思われる向きもあるかもしれませんが、
そんなマニアはさておき、想像力を補うには、
ちょうどいい施設だと思います。


c0196076_6343382.jpg

越前市、花筐公園。
継体天皇の、越前味真野時代からはじまる
世阿弥の謡曲「花筐」から名づけられています。

c0196076_6353418.jpg

こちらの見ものは、なんといっても
公園の北西側の南三里山山頂の薄墨桜。
樹齢500~600年といわれる名木ですが、
公園から山道を30分ほど登らねばならぬと聞き断念。

c0196076_6381171.jpg

これも、昨年につづいての再訪です。
越前私立味真野小学校のエドヒガン。
文字通り、校庭の真ん中の一本桜です。

c0196076_6385061.jpg

昨年は、サクラの下でこの小学校の卒業生らしい
年配の男性方が記念写真を撮っている姿がありました。
今年見たのは在校生のスマホでの記念写真撮影。

c0196076_6391539.jpg

関係者ならずとも記憶に残るサクラです。
トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/25493956
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by dendoroubik | 2016-04-07 09:00 | 福井 | Trackback | Comments(0)