勝山左義長まつり 2016 その2

c0196076_20592857.jpg

個性を隠すことで達成される芸能の境地・・・
みたいなものもあるでしょうけれど、
打ち手の個性を打ち消さず、
むしろ、のびやかに花開かせるのが、
「浮き太鼓」の魅力ではないかと思います。

どの櫓、どの個人の浮き方を見ても、
それぞれの個性が際立って楽しいこの祭りですが、
保存会の方々を中心に、名人芸が披露される
上長淵の櫓は、さながら個性(えがお)の百花繚乱・・・



c0196076_2145739.jpg

この妖艶さはどうでしょう・・・!

c0196076_21241358.jpg

「打ち手集合」の時間を中心に、
多くの観衆がこの櫓の下へ集まってきます。

c0196076_21242954.jpg

  春よ春よ こがれし春よ

春、一斉に花が咲き出すような可憐さ・・・

c0196076_2057178.jpg

このお二人のコンビネーションは完璧。

c0196076_21262057.jpg

痛快なほど息ピッタリです。

c0196076_2133291.jpg

「いい顔」のオンパレードです。

c0196076_2134158.jpg

自ら楽しむことと、人を楽しませることが、
幸福な一致をみるのがこの祭り・・・

c0196076_2130333.jpg

楽しいだけじゃなくて、
見ていてしあわせな気持ちになるはそのためでしょうか・・・

c0196076_20581321.jpg

この女性の笑顔をせんべぇさんは
「ひまわりのよう」・・・と表現していました。

c0196076_2140439.jpg

・・・言い得て妙ですね。

c0196076_21244297.jpg

「いい顔」の代表といえば、やはりこの男性・・・

c0196076_21132365.jpg

変幻自在の百面相。

c0196076_4291544.jpg

「いい顔」が極限化して「お面」となり・・・

c0196076_2058337.jpg

ふいにその「お面」が崩れて「いい顔」へ・・・
と思えば相方が「お面」に・・・いい顔ミルマスカラス!

c0196076_212616.jpg

いまでこそ女性や子供たちに
席巻された感のある櫓の上も、
ある時代までは、おやじさんたちの「聖地」だったとも・・・

c0196076_20591231.jpg

酔った若衆が、芸者の赤い襦袢をひっかけ、
戯れに太鼓を叩いておどけてみせたのが
そもそものはじめともいわれる「浮き太鼓」。
この方の浮きは、その保守本流なのかな
・・・と思いながら、いつも見惚れてしまいます。

c0196076_21393850.jpg

いつも櫓の最前列でしの笛を吹いている
この美女の浮く姿を見たことがありませんが、
ぜひとも見てみたいものです・・・

c0196076_21211862.jpg

  蝶よ花よ 花よのねんね  
  まだ乳のむか 乳首はなせ・・・

c0196076_574417.jpg

c0196076_7175556.jpg

  さあさおいで 集まっておいで 
  あなたもきみも 櫓の下へ・・・

c0196076_2151763.jpg

  はたの勝山 おさの音響く  
  織りなす羽二重 乙女の肌よ・・・

c0196076_2122505.jpg

演目は「だいづる」のほかに、
「しっちょめ」「ごたいてん」「金毘羅船船」「戦友」

c0196076_21134499.jpg

ハァ~~~

c0196076_21331642.jpg

  さあさおいで 越前大仏    
  祈りを込めて 世界の平和・・・

c0196076_2110869.jpg

  浮かれ太鼓に 左義長ばやし  
  たすきも揺れて 櫓も揺れる・・・

c0196076_20563274.jpg

  恋の長山 あの松陰で   
  別れのつらさ 涙かつゆか・・・

c0196076_20565664.jpg

  みんなはやせ 陽気にはやせ  
  手拍子たたき 左義長ばやし・・・

c0196076_21345380.jpg

人をしあわせな気持ちにさせる笑顔です。

c0196076_21372032.jpg

(笑)

c0196076_20575577.jpg

届かないものに手を伸ばそうとするかのように、
切なく打ち鳴らされるこの女性の早打ちの太鼓には、
いつもグッときてしまいます。
そして、合間に見せる笑顔・・・

c0196076_21385674.jpg

c0196076_21221774.jpg

c0196076_21273193.jpg

でも、あまりの早打ちに、
カメラが追いついたためしがありません(笑)

c0196076_2122498.jpg

魅力的な打ち手はまだまだ登場しますが、
キリがないので、今回はこのへんで・・・
トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/25389681
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ei5184 at 2016-03-09 18:34
上長渕、やはり此方は掲載枚数が多くくなりますよね~(笑)
これだけ皆様の個性がありますと、見逃せないシーンばかりです。
この綺麗な若奥様も、モデルで撮影した方も、お二人のコンビとコメントの方々も、勿論おかめひょっとこも・・・
私も只今掲載枚数の絞込みに 思案中です!
どうやら何回かに分けて掲載となりましょう。
何だか、風の盆や阿波踊りに、近づいてきたような(笑)
Commented by 上長淵のほっかむりん at 2016-03-09 23:18 x
いやー、ブログを見て幸せな気持ちになれるなんて、普通はないのですが・・・私今幸せです!!本当にいつもありがとうございます!!しばらくはこの写真を見て、飲めますわ♪
Commented by dendoroubik at 2016-03-11 20:35
☆eiさん

もともと長々と写真を羅列してしまうタイプですけれど
上長淵でまとめようとするとさらに長くなってしまいます
でも これでも泣く泣く刈り込んだ方なんですよ(笑)
ホントに 個性的で魅力的な方が多い町 祭りですね

風の盆なんかとは なにからなにまで真逆な行事なのに
惹きつけられる魅力の強度には近いものがありますね
おそらく八尾へ入られるときには いつも
「帰ってきた」・・・という感慨を持たれると思うのですが
勝山は再訪すると その「帰ってきた」という感覚が
さらに強く感じられると思います
Commented by dendoroubik at 2016-03-11 20:35
☆上長淵のほっかむりんさん

ありがとうございます!

・・・って 一年中 さぎっちょを肴に呑んでるんでしょう?(笑)
幸せな気分なのは かわいい奥さんを貰って
お子さんもお生まれになるからにちがいない(笑)
でも 僕はほっかむりんさんの浮きみてると
ホントに幸せな気分にさせていただけます!
by dendoroubik | 2016-03-09 16:45 | ◇勝山左義長まつり | Trackback | Comments(4)