いくたま夏祭り 前篇

c0196076_20401245.jpg

「いくたまさん」の通称で親しまれる、
生國魂神社(いくくにたまじんじゃ)の夏祭りへ。

せんべぇさんのブログではいつも拝見しておりましたが、
実際に見るのは、今回がはじめてです。

夏祭りといえば、京都の祇園祭や、
同じ大阪の天神祭などは、これからのTVニュースの定番ですが、
いくたま夏祭りが、いったいどのよなものなのか、
あまりイメージの湧かない方もおられるかもしれません。

かく言う自分もそのひとりだったのですけれど、
さすがにグッとくる、とてもいいお祭りでした。



c0196076_20255791.jpg

今回は、神社からではなく、陸渡御の途中、
10時過ぎに、谷町5丁目から見物をスタート。

先頭は「枕太鼓」です。

c0196076_202610100.jpg

「陸の生玉」「川の天神」と並び称され、
旧社地の大阪城までの渡御列は、
明治から昭和のはじめには、
数千名をこえる越える賑わいだったそうですが、
大阪大空襲で、社殿とともに渡御神具が灰燼に。

c0196076_2029523.jpg

戦後は宮司さんが、玉座のみを
道具や行列なしに大阪城まで
運んでおわれた時期もあったといいます。

c0196076_2031586.jpg

c0196076_2035326.jpg

その後、徐々に神具が新調され、
89年以降はトラックによる渡御がおこなわれてきましたが、
昨年、神職や氏子さんたちの念願がかない、
70年ぶりに徒歩による渡御が再開されました。

c0196076_20442286.jpg

その喜び、いかばかりであったかは、
察するに余りあるものがありますが・・・

c0196076_2057226.jpg

大阪でもっとも古い神社といわれる、
生國魂神社の歴史を読んでみると、
何度も罹災しながら、その都度、復活を果たしてきた
・・・まるで大阪の歴史そのもののようです。

c0196076_2153315.jpg

1580年(天正8年) 石山合戦の戦火により焼失。
1585年(天正13年)大坂城築城にともない、現在地に遷座。
1615年(元和元年) 大坂夏の陣で焼失。
1912年(明治45年)ミナミの大火により焼失。
1945年(昭和20年)大阪大空襲により焼失。
1950年(昭和25年)ジェーン台風により倒壊。

日本史の教科書から、
大阪に関する記述を抜き出したような年表です。

c0196076_21297.jpg

大阪城でのお昼休憩。
まったりとした時間が流れます・・・

c0196076_2133177.jpg

御旅所(元宮駐輦)祭。

神事、巫女舞のあと、枕太鼓の奉納。

c0196076_2191512.jpg

獅子舞の奉納。

c0196076_21114097.jpg

還幸は、途中の公園までトラックです。
地下鉄で神社まで戻るつもりをしていたのですが、
せんべぇさんに紹介いただき、
なんと、獅子舞のトラックに同乗させていただけることに。

c0196076_21184739.jpg

晴れやかなお囃子を奏しながら、
大阪のまち中を渡ってゆきます・・・

c0196076_21221643.jpg

炎天下でのご奉仕。
ホントに頭がさがります。

c0196076_21263433.jpg

「明日、学校かあ・・・」

と、イヤなことを思い出してヘコんでいた男の子。

宿題をまだやってないと言ってました(笑)
夜の祭りまでがんばっていましたけれど、
大丈夫だったのかな・・・

c0196076_21413088.jpg

公園から神社までは、ふたたび徒歩による渡御。
しばしの休憩です・・・

c0196076_2144745.jpg

大人が教えて、
子どもたちが真剣にそれを覚えようとする姿、
これも祭りの好きな光景です。

c0196076_21543866.jpg

c0196076_21545588.jpg

灼熱のトラックでは、笑顔も消えかけていたのに、
子どもたちのこの復活ぶり(笑)

c0196076_21302952.jpg

c0196076_2201166.jpg

c0196076_2251417.jpg

天気予報は曇りでしたが、
ハレの日にふさわしい青空・・・

c0196076_2224096.jpg

生國魂神社へ向けて渡御・・・

c0196076_2281222.jpg

宿題のことも忘れて、晴れやかな笑顔・・・

c0196076_2219237.jpg

みなさん、いい顔です。

c0196076_22172519.jpg

c0196076_22312950.jpg

神社に近づくにつれ、
沿道の観衆も増え、一気に祝祭的な雰囲に・・・

c0196076_22393459.jpg

c0196076_22432859.jpg

c0196076_2333697.jpg

c0196076_22353725.jpg

まもなくいくたまさんです・・・
トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/24394740
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ei5184 at 2015-07-14 06:33
大阪に居ましても中々陸渡御まで同行する事はありませんが、
面白いシーンの数々、ありがとうございます。
天神祭りよりも好いシーンがありそうです!
この後は、いくたまさんの中ですね、楽しみです!!
Commented by dendoroubik at 2015-07-14 09:53
☆eiさん

おっしゃる通り このあとの枕太鼓 獅子舞 
金銀の神輿のおねりもすばらしかったです
それ以上に この祭りがいいなと思ったのは
伝統を引き継ぎ 往時の賑わいを復活させようとする
氏子さんたちの気概のようなものでした
子どもたちの表情を見ていると
その祭りの良さというのは見当がつくものですね
気取りがなくて ウエルカムな雰囲気も最高でした



Commented by やまぜん at 2015-07-18 19:36 x
暑い中お疲れさまでした。
実は、私の勤めている会社の本社がこの生玉さんの近くなんです。
前日の土曜日まで会議で上本町駅近くのホテルに宿泊していました。
お祭りの事は知っていましたがスーツのみだったので早々に引き揚げてしまいました。
良いお祭りでしたね。
今書いている時点で当地の小さな夏祭り挙行中です。(笑
ところで、もしよろしければ、8月1日零時から、2日と三重県桑名市で石取り祭が開催されます。
本練が2日になりますが如何でしょうか。
私は2日の午後からお邪魔しようかと思っております。

Commented by dendoroubik at 2015-07-18 20:18
☆やまぜんさん

お久しぶりです!

両日とも炎天下でしたので
スーツ姿では 祭り見物でなくても暑かったでしょう
日焼けで顔の皮がめくれてしまいました(笑)

石取祭は未見ですが 今年はお伺いする予定です
ただ1日のみの見物ですので
お会いできないのが残念です・・・

その前に 能登の祭りへ行く予定ですので
体力がつづくかどうか(笑)

コメントいただきまして ありがとうございます!
Commented by すぺいん人 at 2015-07-20 20:47 x
お写真の雰囲気から、とっても素晴らしいお祭なのが伝わってきます☆
子供たちの表情、良いですね~♪

獅子舞のトラックに同乗されるなんて!なんて素敵な経験をされてるんですか!!(めっちゃうらやましいっ!!)

そして、dendoroubikさんの生國魂神社さんの記述を見て、
いくたまさんにお参りに行きたくなりました☆
Commented by すぺいん人 at 2015-07-20 20:54 x
そういえば、馬車も登場するんですね☆
なんか明治時代みたいでカッコ良いですね♪

そして、、、今年は桑名の石取に来られるのですか♪
今年は40台の祭車が参加するので、例年以上にやかましくなりそうです♪
私は今年は久しぶりに叩き出しから三夜連続で参戦です(毎日お仕事終えてからですが・笑)。
Commented by dendoroubik at 2015-07-22 15:45
☆すぺいん人さん

とてもいいお祭りでした

戦後に一度 渡行列が途絶えた ということもあるのでしょうか
それともたんに炎天下でおこなわれるためでしょうか
夜の神社でのお練り以外 さほど観衆がいないのが不思議でした

せんべぇさんに 獅子会の親方を紹介いただき
紹介していただくだけのつもりが
「それなら帰りにトラックに乗ったら?」
と予想外のうれしいお言葉
得難い体験をさせていただきました

8月1日試楽だけですけれど
石取祭 楽しみです!
昨日 奥能登の祭りから帰ってきたばかりで
かなり疲労が蓄積してますが
8月までには回復せねば(笑)

それにしても すぺいん人さん 3連投とはスゴい!
by dendoroubik | 2015-07-14 02:07 | ◆摂津の祭 | Trackback | Comments(7)