地域伝統芸能フェスティバル 勝山左義長まつり

c0196076_2243254.jpg

昨年にひきつづき、JR大阪駅、ステーションシティ
「時空(とき)の広場」でおこなわれた
「地域伝統芸能フェスティバル」へ。

JR西日本管内・・・富山県から福岡県までの
各地の15の伝統芸能が土日に集結。
土曜日の8つの団体のうち、5つを観覧してきました。


まずは、昨年も会場を盛りあげた
福井県勝山市「勝山左義長ばやし保存会」の皆さん・・・





c0196076_22594983.jpg

祭りのはじまりを告げる「ふれ太鼓」が鳴り響き・・・

c0196076_2311411.jpg

蝶よ 花よ 花よのねんね・・・

陽気な左義長ばやしがはじまります。

c0196076_2352437.jpg

c0196076_752466.jpg

どんな祭りでもそうですが、
ステージで見るだけでは、本番の魅力の
半分も伝わらないものだと思います。

ステージではじめて見るものは、いくらか割増しして
イメージしないといけないかもしれません。

c0196076_6195925.jpg

勝山左義長まつりも、もちろん
本番の方が何百倍も楽しいにはちがいありませんけど、
おそらくはじめて見る方にも、その楽しさが伝わってくる、
というところに、パワーの凄さを感じます。

c0196076_5501321.jpg

c0196076_6275747.jpg

2月の最終土日に奥越・勝山でおこなわれる
この祭りの楽しさを知ってから贔屓目に見てしまう
ということではなく、昨年同様、あきらかに
観衆の反応の良さが際立っていました。

もちろん、保存会の方々のズバ抜けた技量に
負うところも大きいのでしょうが、
祭りの日の櫓のうえは、どの櫓にも、
こういう「いい顔」が溢れています。

c0196076_832754.jpg

どんな祭りでも「いい顔」に出会えるものですが、
この祭りでは、おどけた顔や笑顔がスタンダード。

c0196076_7573223.jpg

楽しさや喜びがこんなにストレートに、
見る者にも伝わってくるのはそのためでしょうか・・・

c0196076_6273670.jpg

僕がはじめてこの祭りを見たのは4年まえ。

c0196076_547920.jpg

保存会の方々による「ふれ太鼓」があり、
つづいて左義長ばやしがはじまって数秒後に、

 「あ! 来年も来る!」

と、直感しました。来たばかりなのに(笑)

c0196076_683831.jpg

その年は、2メートル先も見えないくらいの吹雪があったりして、

  こんな豪雪のなかで 
  なにを そんな笑顔で踊ってるんや

・・・とちょっと思いましたけど(笑)
そういう自分も、歯の根も合わぬほどの寒さに
ガタガタ震えながらも、楽しくて仕方なかった思い出があります。

c0196076_6143717.jpg

雪の多い地方では、
春の到来を喜ぶ気持ちもひときわ強く、
春祭りにその感情が爆発するといわれますが・・・

まだ、雪の多い季節に、春祭りを思わせる陽気さ。

それも、この祭りの不思議さのひとつ・・・

c0196076_7365942.jpg

昨年は、「地域伝統芸能フェスティバル」の翌日、
道頓堀の角座まえで「左義長ばやし」のゲリラライブがありました。

真夏を思わせる炎天下で、
汗を流しながら浮いている保存会の方々の姿を眺めていると、

  春祭りを思わせる祭り

・・・といっても、やはりこれは2月の祭りなんだなあと
(ステージ自体は、いつも通りすばらしかったのですが・・・)
妙に納得したものでした(笑)

c0196076_731741.jpg

研鑽を積まれ、ますます芸(?)に
磨きがかかっているところも毎年、楽しみです。

百面相を自称するこの男性、
何十年か後には、最終的にきっと
「能面」のようになっているのではないかと思います(笑)

そのときまで見続けられればいいのですが・・・

c0196076_744101.jpg

可愛い子供たちや可憐な女性たちだけでなく、
兄さんの笑顔に見惚れてしまうのもこの祭りの不思議(笑)

c0196076_6282091.jpg

あっという間に終わってしまうのもステージのさびしいところ・・・

c0196076_6283292.jpg

一本義を吞みながら、ひねもす楽しめる祭り本番が待ち遠しい・・・
by dendoroubik | 2015-06-01 12:31 | ◇勝山左義長まつり | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/24147960
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kazu-jpn at 2015-06-01 20:41
はじめまして!
皆さんいい顔してますね、写真からでも楽しさが伝わってきます^^ 残念ながら見られなかったです・・・。
Commented by nararanran at 2015-06-01 21:03
1日の終わりに
たくさんの笑顔をみせてもらいました。
写真ていいですね。
見てるだけで自分も笑顔になれるもん^^
Commented by tora003 at 2015-06-01 23:11 x
大阪駅恒例イベントの主役は、やはり左義長かな~
保存会ですから当り前ですが ‘左義長オールスターズ’と呼びたい。
確か10枚目の写真は下長淵のお嬢さんですね。本祭時にカメラを向け続けたのですが撮り切れなかったです。
若手からベテランさらには名人、櫓上の浮き姿がよみがえってまいります。
一本義と焚火で暖をとり、櫓の傍らで楽しむ浮き太鼓・・・最高や!!


Commented by dendoroubik at 2015-06-01 23:34
☆kazu-jpnさん

コメントありがとうございます!

この日 来られてたんですよね
さぎっちょだけは見とかないとダメですよ(笑)

ステージよりも(もちろんこんなヘボ写真よりも)
100万倍楽しいですから 来年の2月の最終土日
ぜひ 福井県勝山市でお会いしましょう!

(それにしても「タイ・フェスティバル」が気になりすぎますWWW)
Commented by dendoroubik at 2015-06-01 23:45
☆らんさん

こんな写真で喜んでいただけるのなら
実物見たら笑死してしまいますよ きっと(笑)

保存会の方々は もちろん名人揃いなのですが
どの櫓まわっても笑顔は甲乙つけがたいです

来年の2月の最終土曜は空けといてくださいね(笑)
Commented by dendoroubik at 2015-06-01 23:58
☆toraさん

去年もそうでしたけど ものすごくウケていて
わがことのようにうれしかったです(笑)

この女の子は お姉ちゃんもお父さんも櫓に上がっておられて
お姿を拝見するのが 毎年楽しみです

金曜日は富山県の小矢部 津沢夜高あんどん
土曜は五箇山の民謡祭へ行きます
五箇山は麦やはもちろん おわらも・・・

ご予定は?(笑)