小松お旅まつり 2015 その1

c0196076_6414887.jpg

子供歌舞伎がはじまって、
来年で250年を迎えるといわれる小松お旅まつり

八基揃えのある土曜日・・・その日おこわわれる、
ふたつの当番町の子供歌舞伎、計5回を
すべて見てまわってきました(笑)




c0196076_20444580.jpg

今年の出番町のひとつ、橋北の京町。

  「よーら八寸」

拍子木で音頭を取りながら、
最初の執行場所まで、曳山が曳行されてゆきます。

京町は小松城にいちばん近く、
かつて曳山が大手前に集まって芝居をしていた頃も、
決まって、最初に幕を開けたのだといいます。
昭和初期の2度の大火の後も、戦後も、
人心が消沈するなかで、
いちはやく曳山芝居を再開したのが京町。

名実ともに小松の「一番山」です。

c0196076_20491941.jpg

小松のまちは、市街を流れる九龍橋川を境に
北と南で、橋北、橋南と呼び慣わされます。
橋北で曳山を保有する町は、
京町、中町、材木町の3つ。

橋南の曳山は、西町、龍助町、寺町、八日市町
そして、今年の当番町、大文字町の5つ。

少し時間があったので、
橋北の3つの曳山を見てまわりました。

c0196076_3293520.jpg

橋北の松任町が、近江長浜から
曳山を譲り受けたりということもあったそうですが、
その後、各町が競うようにして建造した曳山は、
金箔や漆塗、螺鈿、彫刻など、
加賀の伝統工芸の粋を尽くして絢爛豪華、
小松ならではの様式美として屹立しています。


うっとり眺めていると・・・

 「うちの町の自慢は・・・」

町の方が、そばへ寄ってきて
解説をしてくださいます。
誇らしげなのにイヤ味のない、
その説明をお聞きするのも、この祭りの楽しみ・・・

c0196076_3472725.jpg

京町「壺坂霊験記」

2013年の長浜で市川団四郎氏が振付
それがとてもよかったということで、京町から
「壺坂寺」のリクエストがあったのだそうです。

c0196076_22125580.jpg

昨年の米原も団四郎版「壺坂寺」でした。

子ども役者の個性を活かして、
3つそれぞれにすばらしかったです。

今回、大家さん役が、その女房・・・
お仙・・・に変更されていたのは、
役者全員が女の子という
小松の特色を活かしてのことでしょうが、
この女将さんが妙に色っぽい(笑)

いでたちからして「おいしい」役の善六。
掛け取りのこのふたりの掛け合い、最高でした。

c0196076_2153379.jpg

ほとんどの時間を子供歌舞伎鑑賞に費やしたので、
他に見るべきものも、ほとんど見られませんでしたが、
道々、各町をまわる獅子舞は楽しませてもらいました。

c0196076_501358.jpg

これも、お旅まつりの楽しみのひとつです。

c0196076_1844499.jpg

大文字町「曽我十二時 揚巻助六の場」
(そがじゅうにとき あげまきすけろくのば)

てっきり、歌舞伎十八番「助六」のことか
と思っていたら・・・いわばその海賊版、
愛知県に伝わる地芝居なのだそうです。

新吉原の傾城、揚巻太夫が、
実は曽我兄弟の兄、十郎だったというビックリな話です。
それを小学生の女の子が演じるのですから、
話がちょっとややこしいですね(笑)


それにしても、この艶やかさ・・・

きみ、ホントに小学生・・・?(笑)

c0196076_683575.jpg

「いいとこどり」しているだけあって、
話がとても面白かったです。

c0196076_21254031.jpg

役のうえでは敵同士ですが、
とても仲がよさそうな助六と奴幾助。

稀代の二枚目役と、しれっとした顔で
観客を笑わる役・・・のふたりですが、
舞台を降りるとこんな素敵な笑顔でした・・・

c0196076_6124183.jpg

花道広場よろっさでの、大文字町の歌舞伎が終わり、
橋南の五基が、八基揃えへ向かいます。

c0196076_519835.jpg

橋北と橋南の境界にあたる、
細工町交差点に八基が曳き揃えられてゆきます。

橋北は兎橋神社、
橋南は本折日吉神社の、それぞれ氏子町。

20年ほどまえまでは、それぞれの曳山が
曳き揃えられることはもちろん、
お互いに川を越えることさえなかったそうです。

c0196076_5401672.jpg

c0196076_2354515.jpg

八基が曳き揃えられてからほどなく、役者たちが
曳山までつづくレッドカーペットを、練ってゆきました。

c0196076_2344866.jpg

西陽を受けながら、京町の芝居がはじまります。

c0196076_21272629.jpg

クライマックスに差し掛かる頃、
それまで一日中、空を覆っていた雲が、
ようやくなくなり、快晴・・・夕暮れてきました。

  三つ違いの兄さんと・・・

言うて暮らしていた夫、沢市が
谷底へ身を投げたのを知ったお里の寄る辺なさ。

  どうしょうぞいなあ・・・

お里の悲嘆と、
義太夫の竹本越孝さんの名調子が重なります。

c0196076_7584810.jpg

座頭・沢市と、遊び人・雁九郎の
ひとり二役、早変わりもこの芝居の見どころ。

  「どっちが好き?」

とインタビューで尋ねられ、
「沢市」・・・と答えていた小学5年の女の子。
理由は・・・沢市の話し方の方が、
ふだんの自分の話し方に近いから・・・と。

奈良の話なのに、なぜかひとりだけ
江戸っ子のような伝法なもの言いをする遊び人など、
ちょっと縁遠い存在だったのかもしれません。

でも、美少女の演じる雁九郎、とても魅力的でした。

c0196076_7513980.jpg

  「お客さん! 目が見えた!」

  「良かったな~!」(笑)


見どころ満載の小松お旅まつりですが、
とりわけ僕がこの祭りを好きなのは、
歌舞伎を見る観衆のまなざしが、とてもあたたかいことです。

  「歌舞伎のまち」

・・・を標榜するだけあって、
子ども歌舞伎を楽しもうという意気込みが、
いっしょに見ていてビンビン伝わってきます。
こういう掛け合いなんかもあって、
笑いをとるシーンや、見せ場での歓声は、
どこよりも盛大のように思えます。

そのせいか、団四郎師匠が織り込むギャクも、
いつも以上に多かったです(笑)

c0196076_2152458.jpg

京町の芝居が終わると、日もとっぷり暮れて・・・

c0196076_2211782.jpg

大文字町の芝居がはじまります。

c0196076_6253693.jpg

壺坂寺が、夕暮れに似合うように、
助六も闇を背景にして、
妖艶なその魅力がさらに際立ちます。

揚巻が曽我十郎に戻り、
巻き舌で名乗りをあげるのを聞いて、
思わずゾクッときてしまいました。
ここは、やはり女の子が演じることが、
魅力を倍加させるシーン・・・

c0196076_21582776.jpg

来るたびに「今年は良かった」と思うのに、
翌年訪れると、その印象がまた更新される・・・

いい祭りは、皆、そうですね。

そして、立ち去り難い・・・

c0196076_12541472.jpg

250年目へ思いがめぐります・・・
by dendoroubik | 2015-05-18 08:05 | ◇小松お旅まつり | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/24093213
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tora003 at 2015-05-18 20:28 x
こちらの祭りも、お付き合いいただきありがとうございました。
24枚の臨場感あふれる写真と詳細なキャブション・・・絶妙でございます。
風薫る5月の祭り絵巻、やはり北陸はdendoroubikさんの廊下ですね。
次の記事も楽しみにしております。
Commented by 清水 at 2015-05-19 10:45 x
素晴らしい写真と構成の中で
まだ見ぬ祭りはさらに空想を膨らませ
見物したことのある祭りは
自分の記憶と重ね合わせて楽しませていただいております

お旅祭りには何度か行っておりますが
二つの出し物をすべて見たのは
今回が初めてのような気がします
写真撮影だけでなく
祭りを楽しむ余裕が出来てきたのかもしれません
Commented by shinrajuku at 2015-05-19 11:17
こんにちは。
これがみんな、しょ、しょ、しょ、小学生の女の子・・・?
ま、ま、ま、マジですか・・・?
Commented by dendoroubik at 2015-05-19 20:06
☆toraさん

こちらこそありがとうございました!
勝山 長浜 揖斐川 小松
toraさんとの旅にハズレなし・・・ですね(笑)

土佐と泉州 両親とも先祖は太平洋側なのに
なぜか日本海側に激しく惹かれるのはなぜでしょう・・・?

もっと早くupするつもりだったのですが
休みにこれまたまた日本海側の
「おかえり祭り」へ行ってしまいました(笑)
Commented by dendoroubik at 2015-05-19 20:15
☆清水さん

「撮った」というよりも「写ってる」
・・・って感じの写真ばかりでお恥ずかしいです(笑)
何か感じていただけたとしたら
それは写っている祭り自体のすばらしさです

今週の土曜には勝山のさぎっちょがJR大阪駅に・・・

越前の方が 越前の祭りを大阪に見物に来る
・・・というのもまたオツなもの(笑)

いかがです~~
Commented by dendoroubik at 2015-05-19 20:22
☆shinrajukuさん

子供歌舞伎で男の子の「女形」に惚れてしまうのと
女の子の演じる「女形」に惚れてしまうのと
どちらが倒錯的なのでしょう(笑)

女と思ったら実は男だった
・・・という役を演じる女の子に見惚れるのは
まちがいなく究極の倒錯ですね(笑)
Commented by すぺいん人 at 2015-06-07 23:13 x
こんばんは☆
今年は小松に行けなかったので、こちらで拝見させて頂きました♪♪♪

お写真を見てるだけだとすっかり忘れていましたが、、、
そういえば小松は女子でしたね!(^^;)
雁九郎、男の子だと思い込んでました(汗)。

そして、助六の話が面白い!
「助六」と「対面」を混ぜ合わせただけでなく、まさかの揚巻が十郎って!!(@@;)
・・・それにしても揚巻ちゃん、めちゃ色気と気品が有って良いですね~♪

自分の目で見られなかったのは残念でしたが、dendoroubikさんのおかげで楽しませて頂きました♪
ありがとうございました☆
Commented by dendoroubik at 2015-06-08 10:59
☆すぺいん人さん

こんにちは!

「ふだんは人前で話すのも恥ずかしい」
・・・というくらいシャイな女の子が
「泣く子も黙る雁九郎たあ オレのこったい」
という啖呵・・・シビれてしまいます(笑)

揚巻も一幕では格式と気品と色気を漂わせながら
二幕で曽我十郎祐成に戻るときの巻き舌・・・
これにもヤラれてしまいました(笑)