長浜曳山まつり 2015 その2 菅原伝授手習鑑 車引

c0196076_02420957.jpg


壱番山、猩々丸(船町組) 
船町組にちなんだ御座船型の曳山。安永3年(1774)藤岡和泉一富の作。
外題は「菅原伝授手習鑑 車引」
歌舞伎の様式美に溢れた、開幕を飾るにふさわしい華やかな舞台です。




c0196076_02464149.jpg

吉田神社まえで、偶然会った梅王丸と桜丸の兄弟。

c0196076_02421069.jpg

梅王丸が仕えるのは、大宰府へ流罪となった菅原道真。
桜丸が仕えるのは、謀反の中心人物にされた斎世親王。
ふたりが主を案じながら悲嘆に暮れていると・・・

c0196076_02500920.jpg


c0196076_02421089.jpg

金棒曳きが現れ、ふたりの主を陥れた藤原時平を乗せた牛車が社参することを告げます。

c0196076_02421168.jpg

いまこそ仇を・・・と牛車を襲うふたりのまえに・・・

c0196076_02501080.jpg

時平の舎人、杉王丸が現れ押し問答。

c0196076_02421128.jpg


c0196076_02421218.jpg

狼藉をはたらくふたりを諌めるために登場するのは松王丸。

c0196076_02463912.jpg

梅王丸、桜王丸、松王丸は、実は三つ子の兄弟。

c0196076_02501062.jpg

時平への忠義を印象付けようとしてか、兄弟に対しても、あくまでも尊大な松王丸。

c0196076_02463910.jpg


c0196076_02463968.jpg

仕える主のちがいで、敵見方にわかれたとはいえ、さすがに兄弟、というべきか・・・荒事も息がピッタリ。

c0196076_02501018.jpg

牛車が瓦解して現れる時平。
あまりの気迫に、すくんで動けなくなった梅王丸、桜丸に社前を汚すわけにはいかぬので、去れと命じます。

c0196076_1452242.jpg

決着は、翌月の父の七十の祝賀のあと・・・と約し、わかれる三兄弟・・・

c0196076_02464028.jpg


c0196076_15102227.jpg

シャギリの音とともに、曳山はつぎの執行場所へ・・・。 

 (つづく)

トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/23944554
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by すぺいん人 at 2015-04-27 19:05 x
今年は参戦出来ませんでした(涙)。
・・・ので、こちらで拝見しながら当日の雰囲気を楽しませて頂きますm(_ _)m

車引、みんな極まっててカッコ良いですね♪
時平も迫力有ります!
・・・見たかったなぁ(TT_TT)
Commented by dendoroubik at 2015-04-27 21:11
☆すぺいん人さん

よくぞ一番くじを引いてくれた!
って感じの演目ですね^-^
いきなり車引での幕開けで 盛りあがりました!

本日にごいっしょさせていただいた僕の祭り師匠が
長浜三連投で 猩々丸を追いかけておられます
この写真が もう見事ですのでぜひ 堪能ください⇒

http://blog.goo.ne.jp/tora003/e/545c33c21d8043f9dafb8ee1bdffaa34
Commented by 小田 at 2015-05-01 18:52 x
桜丸、自分です。
Commented by dendoroubik at 2015-05-01 19:13
☆小田さん

車引 めちゃくちゃカッコよかったですね!
本日の一番山の菅原伝授手習鑑を
八幡宮で最初に見せていただき
一挙にテンションがあがりました
すばらしかったです
ありがとうございました

翌日は残念ながら仕事でしたが
できれば後宴も見たかったです・・・

by dendoroubik | 2015-04-19 16:48 | ◇長浜曳山まつり | Trackback | Comments(4)