比良八講

c0196076_181575.jpg

3月26日、大津市で比良八講の法会が営まれました。

午前9時まえ、長等の本福寺で法要のあと、
浜大津へ向けて一行が出発。市中を練ります。




c0196076_110287.jpg

山伏を先頭に、衆僧、稚児娘、尺八衆などがつづきます。

c0196076_111496.jpg

天台宗のよりどころとなる「法華経」八巻二十八品。
これを講説する法要を「法華八講」というそうです。

比良山に祀られていた古代の神々が、
天台の興隆とともに、仏教と習合し
「比良明神」「比良権現」として
信仰されるようになると、そこでも、
盛んにこの法華八講がおこなわれるように。

比良でおこなわれる法会は、比叡と区別して
「比良八講」と呼び慣わされるようになったといわれます。

c0196076_1162519.jpg

「比良八講」のおこなわれていたのは、
ちょうど冬から春に季節がわかれる時期。
おりしも比良山からびわ湖へ駆け降りてくるように吹く
「比良おろし」(比良八荒)と呼ばれる北西の突風が頻繁に起こる頃・・・。

c0196076_1155629.jpg

 比良八講荒れじまい

「比良八講」の法会が終わると、
この季節風もおさまり、湖国に春が訪れるといわれます。

c0196076_153182.jpg

浜大津港で、桟橋法要・・・

c0196076_1191612.jpg

そのあと、観光客船ビアンカに乗り込みます。

c0196076_1202225.jpg

車で近江舞子まで先回りし、
船が到着するのを待っているあいだ、
大阪の大学の空手部の方々が、
寒稽古をおこなっており、しばらく見させていただきました。

c0196076_12217100.jpg

春休みのこの時期、毎年、ここへ来られるのだそうです。

c0196076_1223533.jpg

この日は春らしい晴天でしたが、風が強くてまだ肌寒い・・・

c0196076_123118.jpg

1941年4月6日、やはり春休みを利用して
大津市に合宿していた第四高等学校(現・金沢大学)の漕艇部員8名と、
第三高等学校(現・京都大学)の学生ら3名、合計11名が、
高島市沖のびわ湖で遭難した事故はよく知られています。

この事故の原因も、比良八荒といわれています。

c0196076_122534.jpg

犠牲者11人を悼んで作られた「琵琶湖哀歌」が、
東海林太郎と小笠原美都子のデュエットで発売されたのは、
まだ遭難者の捜索がつづいている最中というのが驚きです。

c0196076_1275057.jpg

 比良の白雪溶けるとも
 風まだ寒き 志賀の浦
 オールそろえて さらばぞと
 しぶきに消えし 若人よ・・・


しかし、この曲の大ヒットで、
どちらかといえば関西ローカルニュース扱いだったこの事件が、
全国的に知られるようになったのだともいわれます。

c0196076_128598.jpg

いつまで経っても、沖合いにビアンカが現れないと思ったら、
それもそのはず・・・今年はバスで移動されたそうです(笑)

c0196076_129876.jpg

「比良八講」は、昭和30年、
箱崎文応大僧正によって、再興されたもの。

c0196076_131994.jpg

日程表によると・・・3月9日に日吉大社西本宮で安全祈願祭がおこなわれ、
22日、比良の打見山でお水取り(修三会)、
26日にこの法要が営まれる、となっています。

c0196076_1313148.jpg

およそ400年も途絶えていたものだといいますから、
再興・・・と同時に、新たに興されたもの
・・・という側面があるのでは、と思います。

c0196076_1324296.jpg

修三会で、古来の法華経の講説などが
おこなわれるのかもしれませんが、
メインは、やはり26日のこの法要・・・。

c0196076_1332767.jpg

びわ湖の浄化や湖上安全を祈る、
箱崎文応大僧正の思いが強く反映しているといわれます。

c0196076_1341718.jpg

山伏の作法のあと、
比良明神、比良権現に対して
報恩感謝の採燈護摩供が執り行われます。

c0196076_135073.jpg

煙はあまりうえに上がらずに・・・

c0196076_1343732.jpg

横殴りの風に運ばれて、北へ向かってゆきました。

c0196076_136080.jpg

護摩木が火にくべれてれゆきます・・・。

c0196076_1193656.jpg

 君は湖の子 かねてより
 覚悟は胸の 波まくら
 小松ケ原の 紅椿
 御霊を守れ 湖の上

by dendoroubik | 2015-03-27 09:09 | ◆近江の祭 大津 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/23749453
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 清水 at 2015-03-28 09:15 x
お隣の県でも知らない祭りがたくさんありますね
十年以上前に日吉大社のお祭り見学をしたことがあります
上半身裸で御神輿を迎えに行くお練りが印象に残っています
近年は近江八幡より南には行っておりません(^_^;)
滋賀県南部や京都まで行ってみたいですね

明日ははねず踊りでしたね
Commented by dendoroubik at 2015-03-29 02:36
☆清水さん

今年はできるだけ貴地の祭りを見せていただくつもりです
まだ3つだけですが・・・

日吉大社の山王祭ですね
この時期は長浜曳山まつりと八幡まつりともバッティング
しますので とても悩ましいのです(笑)
1ケ月半にわたって繰り広げられる祭りですが
近所にいながら まだすべての神事を見切れていません・・

あっ!
土曜日 せんべぇさんと はねず踊りの奉納舞に行ってきましたよ
勝山左義長でごいっしょさせていただいたもうひと方とも
偶然 現地でお会いしました
Commented by 清水 at 2015-03-29 08:54 x
4月に入ると福井でも春祭りが目白押しです
特に4月の第一日曜日は
若狭地方の王の舞が幾つも重なって奉納されるので
どこに行こうか迷います(笑)

今年は3日の向笠の王の舞
5日の闇見(くらみ)神社の王の舞を
見学する予定です

4月の第二日曜日は大野市で
蕨生里神楽が奉納されます

福井のお祭りに興味がおありでしたら
上記の三つのお祭りはぜひ見ていただきたいですね
Commented by dendoroubik at 2015-03-29 09:31
☆清水さん

ありがとうございます!

昨年見た宇波西神社の王の舞がとても印象に残っています
お書きいただきた3つの祭りは 今年行けそうにありませんが
近いうちにお伺いしたいと思います

天満社例祭神事は 資料では4月2日になっていますが
別な資料ではちがう日になっています
できれば2日に行きたいのですが どちらが正しいんでしょうか・・・
Commented by 清水 at 2015-03-29 10:41 x
4月2日は若狭町相田の天神社の王の舞です
王の舞と獅子舞が奉納されます
神輿は大人の神輿と子供神輿が繰り出します

このお祭りもいいですよ
小学生の子供が王の舞を舞います
去年行きましたが
カメラマンはほとんど居なくて
撮影しやすいお祭りです

私も都合が付けば行くつもりです
Commented by dendoroubik at 2015-03-29 16:30
☆清水さん

おお! そうですか!
いまのところ天気予報では雨もなさそうなので
お伺いするつもりです・・・楽しみです!

情報 ありがとうございました!