大船鉾 曳き初め

c0196076_07270500.jpg

150年ぶりに復興した大船鉾の曳き初め。

モノゴトが始まるときの、
あのソワソワ落ち着かない心のざわめき・・・

観光客馴れしているはずの京の町衆の
どこか浮足立った立ち居振る舞いに
・・・思わずグッときてしまいました。



c0196076_07270261.jpg

神輿をお迎えする前(さき)の祭と、お送りする後(あと)の祭。
昭和41年に、7月17日の1日に統合されて以来、
今年、半世紀ぶりに後の祭が復活。

この日は、後祭に巡行される3つの鉾と、
浄妙山、黒主山、役行者山、鈴鹿山、八幡山、
5つの山建てがおこなわれていました。

c0196076_07292091.jpg

なんといっても、今年見ておきたかったのが、
禁門の変による焼失以来、
150年ぶりに復活した大船鉾の曳き初めです。

c0196076_07292355.jpg

それ以前にも、応仁の乱、天明の大火で2度焼失。 3度目の復興ということになりますね。

c0196076_07291911.jpg

同じ新町通りの綾小路をはさんで南の船鉾は前祭、北の大船鉾は後祭に巡行。

ともに神功皇后を祭神とし、前祭の巡行は神功皇后の出陣
後祭の巡行は凱旋に擬えられていたようです。

c0196076_07270333.jpg

正午すぎに到着。
祭り見物の先達、敬愛するtoraさんと落ち合い、錦市場でビール片手に祭り談義(笑)

この日の京都は朝から梅雨明けを思わせる青空。
ところが、呑んでいた店から出るとまさかの大雨。

南の空が明るかったので、すぐに止むだろうと、喫茶店で休んでいるうちに再び晴天に・・・。

c0196076_07270310.jpg

予想をしていたものの、2時前にふたたび戻ると黒山のひとだかり・・・。

c0196076_07270339.jpg

定刻を少し遅れて、曳行がはじまりました。 ゾクゾクします!

c0196076_07270421.jpg

四条通を越えて、錦小路まで曳行される予定でしたが
あまりの観衆の多さで四条通りの手前で進めなくなり、急遽、引き返すことに・・・。

c0196076_07270408.jpg

と、ここでふたたび、雨粒が・・・
青空が見えていたので、電線に残った雨の雫が落ちてきたのか
・・・とも思いましたが、やがて本降りになってきました。

c0196076_07270623.jpg

波濤を掻き分けて船出するようです。

c0196076_07270494.jpg

  エンヤラヤー

c0196076_07270507.jpg

ふたりの音頭とりの青年の気合いのこもったかけ声が胸を打ちます。

c0196076_07292174.jpg

高辻で折り返して、会所まで戻り終了。
この頃には、すっかり雨もあがっていました・・・。

c0196076_07292005.jpg

数日まえ、大船鉾保存会の理事長さんが
TVでお話しされていて、とても興味深かったです。

職人さんたちは「末代までの名誉だから」
と、材料費以外の手間賃を一切受け取らなかった・・・と。


  E la Nave Va

c0196076_07292308.jpg


c0196076_07292153.jpg

四条通りをはさんで上の方では、北観音山と南観音山の曳き初めがはじまりました。

c0196076_08022205.jpg

今年は、祇園祭の一連の行事のなかで、この日しか見物することができませんでしたが、
「あー、祇園祭」・・・という雰囲気は満喫できました。

c0196076_07292284.jpg

向こうに大船鉾が見えます・・・

c0196076_07292125.jpg

女性の姿も・・・。

c0196076_07292279.jpg

  エンヤラヤー

c0196076_08020432.jpg

梅雨が明けていきます・・・。

トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/22383583
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Mr.LOVEぶろーすM.. at 2014-07-27 23:00
タイトル : 今さら去年の祇園祭【山鉾巡行】をレポってみるの巻
    ・・・・・・はい、では続きっ!!! ←今回も唐突やなw   ぁ、前回レポの 【宵山】編 は こちら⇒ http://blogs.yahoo.co.jp/kabukiti_spanish/55790250.html     今回も祇園祭全体についての説明は割愛(^^;) 詳しくは↓こちら↓をご覧ください☆ http://www.kyokanko.or.jp/gion/ ...... more
Commented by tora003 at 2014-07-22 20:46 x
気まぐれな天気の鉾曳き初めでしたが、お付き合いいただきましてありがとうございました。
冒頭の音頭取りの写真がお見事、よく撮れましたね。
只今写真のチェック中ですが頭、頭、頭・・・ムムム・・・
アップできるような写真ないで~
写真はさておき、冷たいビールを飲みながらの祭り談義は楽しかったですよ。
「昭和残侠伝」や「緋牡丹博徒」の話題もね・・・(笑)
Commented by dendoroubik at 2014-07-22 22:35
☆toraさん

思い返せば・・・
見物時間より 呑んでた時間の方が長かったのでは(^-^;
貴重なお時間をジャマしてなかったかと心配です(>_<)
・・・というかジャマしてましたよね(^○^)

でも 楽しかったです!

写真を撮ることよりも
心も身体お祭りに染めあげられる瞬間の方が貴重だ!
・・・みたいなお話しをしましたね
大雨が降ってきてカメラをバッグにしまいながら
まさにそんな瞬間かなとドキドキしてました(^o^)

しばらくして雨がやんで
またこんなヘタクソな写真を並べてしまうことになりましたけど(笑)
Commented by すぺいん人 at 2014-07-27 22:59 x
一昨年、ちょうどうちの連休に宵山と山鉾巡行が当たったので見に行ってきました。
その時は、大船鉾のご神体が唐櫃に納められて巡行して、「再来年には屋形が復活する」と話しを聞いて、
「あんな大きな鉾を作るのって手間もお金もすごいかかるのに・・・町の人たちはよく復活させることを決意したなぁ・・・すごいなぁ・・・」なんて感動したのですが、

ここでお写真を見せて貰えてさらに感動です!
音頭取りさん、気合いが入っていて美しいですね!!!

そして、職人さんたちが材料費以外を一切受け取らなかったと云うのが、、、ものすごくカッコ良いけどなかなか出来ることじゃないですよね。。。

携わる全ての人にとって誇りなんだろうな~って思いながら記事を拝見しました♪

ありがとうございます☆

ぁ、一昨年の祇園祭の記事、トラバして良いですか?(^^*)
Commented by dendoroubik at 2014-07-28 12:01
☆すぺいん人さん

職人さんの話もそうですけれど
なかなかできないことができてしまうのが祭りですね!
やっぱりそういう心意気みたいなものが
ザ・祭り・オブ・祭り 祇園祭に限らず
祭りのいちばんの魅力じゃないかと僕は思います

大船鉾そのものよりも
音頭とりの青年の上気した顔や
鉾にのってる方々の 嬉しくて仕方ない・・・といった表情が
見ていて感じるところが多かったです

トラバ ありがとうございます^-^)/
by dendoroubik | 2014-07-22 15:21 | ◇祇園祭 | Trackback(1) | Comments(4)