愛染まつり 宝恵かごパレード 後編

c0196076_179786.jpg

宝恵かごに載ってパレードすること自体が、
相当に晴れがましく、
気恥ずかしかったりもすると思うのですが、
愛染男組たちによって頭上高くかごを差し上げられ、
一回転する「かごあげ」は究極です。

この前日、映画のPRで女優の川口春奈さんが、
この「かごあげ」を体験したそうです。 ⇒こちら

  「自分は何者なんだって恥ずかしかった」

・・・女優さんでも、そんな感想を抱くほどのことを、
堂々とやり抜く度胸は見上げたものです!




c0196076_1518887.jpg

あべちかから地上へ出て宝恵かごパレードがはじまります。

谷町筋を愛染堂勝鬘院・・・愛染さんまで、
沿道へ愛嬌をふりまきながらすすみます・・・。

c0196076_15491858.jpg

愛染娘は、公募から選ばれた10人と、
別に選考された外国人枠2人の計12人。

c0196076_14211685.jpg

c0196076_14292848.jpg

愛染明王の御誓願を頼って開催されるこの祭り。
宝永年間、芸妓さんたちが駕籠に載ってお参りしたのを
再現したのがこの宝恵かごだということです。

十数年前までは愛染娘ではなく、
北新地や今里の芸者さんたちがパレードしていたそうです。

c0196076_1448026.jpg

先頭の駕籠以外は、車輪がついて曳くタイプ。
数百メートルごとに交代して載りこみます。

交代の際、先頭の駕籠が「かごあげ」をおこないます。

c0196076_2371441.jpg

c0196076_22585121.jpg

商売繁盛! ほぉ~え~かぁ~ご!
愛染さんじゃ! ほぉ~え~かぁ~ご!
べっぴんさんじゃ! ほぉ~え~かぁ~ご!

c0196076_1532754.jpg

約30分で愛染さんへ到着・・・。

c0196076_1628282.jpg

c0196076_16345927.jpg

多宝塔のまえまですすみ、
12人がひとりずつ「かごあげ」されてゆきます。 

c0196076_17303291.jpg

商売繁盛! ほぉ~え~かぁ~ご!
愛染さんじゃ! ほぉ~え~かぁ~ご!
べっぴんさんじゃ! ほぉ~え~かぁ~ご!

c0196076_1641731.jpg

c0196076_1655665.jpg

c0196076_16483682.jpg

楽しい!

とても楽しいのですが・・・祭りを見たというよりも、
べっぴんさんを見に行った・・・という印象です(笑)

c0196076_17382636.jpg

多宝塔では、祭りの期間中、
豊臣秀吉が朝鮮出兵の際に奉安したとされる
大日大勝金剛尊が特別開帳されます。

c0196076_17411713.jpg

大阪三大夏祭りに数えられ、その幕開けを飾るもの・・・。

仏教寺院のおこなう祭り故、
愛染娘の登場するシーンを除けば、ちょっと地味・・・
だから、べっぴんさんしか印象に残らないのかもしれません。

ただ、聖徳太子にはじまるといわれるこの祭り、
良縁成就、縁結び、夫婦和合、商売繁盛といった
オールマイティなご利益がある愛染明王への信仰は篤く、
パレードが終わっても参詣者は後を絶ちません。

このあと午後5時からは四天王寺の住職らが出仕する
夏越しの祓え大法要が多宝塔で厳修されます。

そのまえに総員の記念撮影なんかもあったのですが、
午前中の炎天下の徘徊からすでに疲れてしまい、
パレードでエネルギーを使い果たしてここで退散・・・。
トラックバックURL : http://gejideji.exblog.jp/tb/22323882
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by senbei551 at 2014-07-04 01:28
んー。確かに僕もべっぴんさんを見た記憶しか残っていないですw それはそれで満たされる気持もあったのですけれども、祭りというには少し違うかも知れないですね(^^;) 大阪は今月夏祭りラッシュです。なかなか新しいお祭りに行けないのですけれども、グッとくるお祭りに出会いたいものです。
Commented by dendoroubik at 2014-07-04 06:19
☆せんべぇさん

いや もちろんべっぴんさんにはグッときます(笑)
愛染娘さんたちの「愛嬌パワー」がスゴいですね!
あれを浴びると たしかに夏を越せそうな気がしますwww
彼女たちは 愛染明王のご利益を体現しているようです

6月30日に夏越し大祓えをおこなうというのは
やはり神仏混交の名残りなのでしょうか・・・
Commented by tora003 at 2014-07-04 20:22 x
写欲をそそる浪花の綺麗どころの登場ですね。
しかも目線バッチリの肉薄写真に脱帽。
関西では夏祭りのオンパレードですが、見事なまでに土日に行事が噛み合いません。
祇園祭もこちらのブログ記事が頼りとなりそうです。

Commented by dendoroubik at 2014-07-04 20:56
☆toraさん

愛染娘さんの愛嬌ぶりには 感服します!
頼まなくても目線をくれるサービス精神(^-^;
すばらしいです♪ヽ(´▽`)/

祇園祭は肝心の後祭が行けず・・・
ご期待に答えられません(>_<)
行けたら答えられるのかは別にして(^-^;
Commented by midorinohimawar at 2014-07-15 10:06 x
愛染さんとても懐かしい30年前大阪の八尾に住んでいるとき毎年行っていました。今は変わっているでしょうね、
Commented by dendoroubik at 2014-07-15 11:27
☆midorinohimawariさん

阿倍野あたりも ずいぶん垢抜けてきましたしね
でも 一歩足を踏み入れると
キタやミナミより大阪らしい雰囲気は残ってますね
30年前といえば まだ宝恵かごに芸者さんが乗って社参してた頃ですね
その頃からしたら だいぶ様子も違ってるでしょうね・・・
by dendoroubik | 2014-07-04 14:07 | ◆摂津の祭 | Trackback | Comments(6)